医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床・病理

食道癌取扱い規約 第12版【電子版】

日本食道学会 (編)

出版社
金原出版
電子版ISBN
978-4-307-80461-5
電子版発売日
2022/09/28
ページ数
160ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,400 (本体¥4,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-307-20461-3
印刷版発行年月
2022/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
34 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

5年ぶりの改訂となる今版では、新たに臨床病期別の詳細な治療アルゴリズムを策定し、アルゴリズムの分岐点に関与する重要なCQを追加・更新。また、患者の立場に立った益と害のバランスを重視し、CQ策定段階から患者と24もの協力学会へ意見を求め、多角的な視点から議論を重ねた。その他にもStageIVb食道癌に対する化学療法レジメンの表が追加、最新の食道癌取扱い規約第12版の内容が反映され、ますます使いやすくなった食道癌治療に必携の一冊。

目次

●第1部 規約
1 目的と対象,記載法
 1.1 目的
 1.2 対象
 1.3 記載法
2 原発巣の記載
 2.1 病巣の数と大きさ,周在性
 2.2 占居部位
 2.3 病型分類
 2.4 壁深達度(T)
 2.5 浸潤形式(INF)
 2.6 脈管侵襲(Ly/V)
 2.7 外科的切除標本の記載
 2.8 内視鏡治療所見の記載
 2.9 多発癌,重複がん
 2.10 壁内転移(IM)
3 リンパ節転移の記載
 3.1 食道癌のリンパ節部位の名称,番号,およびその範囲と境界
 3.2 領域リンパ節
 3.3 リンパ節転移の程度(N)
4 遠隔臓器および遠隔リンパ節転移(M)
5 進行度
 5.1 頸部・胸部食道癌・食道胃接合部癌(扁平上皮癌)の進行度分類
 5.2 食道胃接合部癌(腺癌)の進行度分類
 5.3 リンパ節郭清程度および癌の遺残度
6 内視鏡的および外科的切除標本の取り扱い
 6.1 内視鏡的切除標本の取り扱い
 6.2 外科的切除標本(原発巣)の取り扱い
 6.3 切除標本の切り出し
7 病理組織所見
 7.1 病理組織所見の記載
8 食道胃接合部およびバレット食道の取り扱い
 8.1 食道胃接合部(EGJ)の同定
 8.2 バレット食道
 8.3 バレット食道腺癌
 8.4 食道胃接合部癌
9 治療法
 9.1 内視鏡的治療
 9.2 手術治療
 9.3 ステント留置術
 9.4 バルーン拡張術
 9.5 放射線および化学療法に共通する一般的事項
 9.6 放射線療法(RT)
 9.7 化学療法(CT),免疫療法(IO)
 9.8 集学的治療
 9.9 温熱療法(HT)
10 治療成績
 10.1 追跡調査
11 TNM 分類

●第2部  食道癌に対する放射線療法および化学療法の効果判定規準
はじめに
1 対象
 1.1 対象病変の分類
2 標的病変の効果判定規準
 2.1 完全奏効(CR)
 2.2 部分奏効(PR)
 2.3 進行(PD)
 2.4 安定(SD)
3 非標的病変の効果判定規準
 3.1 完全奏効(CR)
 3.2 不完全奏効/安定(Non-CR/Non-PD)
 3.3 進行(PD)
4 CT/PET-CT による原発巣の治療効果判定規準
 4.1 CT による治療効果判定
 4.2 PET による治療効果判定
5 内視鏡による原発巣の治療効果判定規準
 5.1 原発巣完全奏効:原発巣CR
 5.2 原発巣不完全奏効/安定:原発巣non-CR/non-PD
 5.3 原発巣進行:原発巣PD
 5.4 経過観察中の原発巣局所再発:原発巣LR
6 総合効果
7 最良総合効果判定と効果の確定
8 薬物・放射線治療の組織学的効果判定規準

●参考資料
1 病型分類
2 画像による隣接臓器浸潤cT4 診断
 2.1 CT 画像提示:cT3r
 2.2 CT 画像提示:cT3br
 2.3 CT 画像提示:cT4
3 食道癌の領域リンパ節の名称,番号およびその範囲と境界
4 CT およびPET-CT によるリンパ節転移診断能
5 組織図譜
6 バレット粘膜,バレット食道
 6.1 肉眼所見
 6.2 バレット粘膜の種類
 6.3 バレット食道腺癌
7 原発巣測定法による効果判定規準の有用性と妥当性の検討
 7.1 腫瘍形態に応じた原発巣測定法の種類と予後との相関の検討
 7.2 PET-CT でのSUVmax 減少率と予後との相関の検討
8 内視鏡による原発巣の治療効果判定規準
9 薬物・放射線治療の組織学的効果判定規準
10 進行度別予後曲線
索引