医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

訪問看護師による在宅療養生活支援を可視化する

希望実現モデル【電子版】

川村 佐和子 (編著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-65337-4
電子版発売日
2024/02/12
ページ数
224ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,300 (本体¥3,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-05337-2
印刷版発行年月
2024/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

問題解決から希望実現へ。訪問看護実践を可視化する「希望実現モデル」誕生!
 
 訪問看護師は、在宅療養者や家族の「どのように生活したいか/生きていきたいか」という希望実現に向けて、在宅療養生活を組み立て、支援する。本書は概念モデル「希望実現モデル」を提示し、そのような本人主体の在宅療養生活支援を可視化する。療養しながら生活する人々の希望実現は、個人の自己実現だけでなく、他の多くの人々の希望に道を拓き、社会変革につながっていく。訪問看護実践の意義と可能性をも可視化する一冊。

目次

はじめに──この本を出す経緯(着想)と思い,在宅療養生活支援の可視化の必要性について

第1部 在宅療養生活支援の可視化の背景
 第1章 在宅療養生活支援の法的位置づけ
   1 看護業務を規定する法制度
   2 訪問看護師の業務と特徴
   3 看護師の法的責任
 第2章 在宅療養者・家族に対する多面的理解
   1 在宅療養者への視座
   2 在宅療養者の家族への視座
   3 相互に影響し合う在宅療養者と家族
   4 在宅療養者と家族のQOLを高める
 第3章 在宅療養生活支援の基盤
   1 在宅療養者と看護師の信頼関係
   2 訪問看護師の倫理的姿勢
   3 在宅療養支援における意思決定支援

第2部 希望実現モデル
 第1章 希望実現モデルを用いた在宅療養生活支援の可視化
   1 希望実現モデルとは何か
   2 希望実現モデルの構造
   3 希望実現モデルの前提条件
   4 希望実現モデルの構造の詳細
   5 在宅療養者の希望を実現する社会的意義
 第2章 在宅療養者の希望を知る
   1 在宅療養者の「思い」と「希望」
   2 在宅療養者の希望を知るための基盤
   3 どのように在宅療養者の背景や現在の思いを知るか
   4 希望を把握する際の注意点
   5 家族や周囲の人の協力を得る
 第3章 在宅療養生活支援における情報収集とアセスメント
   1 在宅療養生活支援における情報収集とアセスメントの特徴
   2 在宅療養生活支援のための情報収集
   3 収集した情報のアセスメント
 第4章 希望実現モデルにおける計画の変更または終了
   1 在宅療養者の健康状態の変化
   2 在宅療養者による変更の提案
   3 在宅療養生活環境の変化
   4 危険の回避
 第5章 希望実現モデルを用いた評価
   1 在宅療養者からの評価
   2 訪問看護師としての評価
   3 訪問看護事業所としての評価

第3部 希望実現モデルの活用例
 事例1 脳梗塞後に気管切開を受けた70代男性の「花見に行く」という希望を実現する
 事例2 ALSを持つ40代女性の「帰宅した娘を毎日出迎えたい」という希望を実現する

おわりに
索引