医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

おすすめ

臨床栄養 140巻4号

出版社:医歯薬出版

印刷版発行年月:2022/04

診療ガイドライン2021に学ぶ 食物アレルギーの最新知識
 「食物アレルギー診療ガイドライン2021」の特徴は、①成人の食物アレルギーを専門とする各科の先生方に加わっていただき、小児~成人までの幅広い領域をカバーしたこと、②Minds準拠として患者団体、関連団体の外部委員に加わっていただき、作成過程を明確にして、経口免疫療法と食物経口負荷試験に関して4つのクリニカルクエスチョン(CQ)を設定して、システマティックレビュー(SR)に基づいて推奨を作成したこと、があげられます。
 「食物アレルギー診療ガイドライン」は、2005年に日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会の総説をまとめたことにはじまり、2012年(発刊は2011年)、2016年と、5年ごとに成熟度を徐々に高めてきました。一方、2005年に厚生労働科学研究の研究班から出された「食物アレルギーの診療の手引き2005」は、小児科だけではなく、内科・皮膚科・耳鼻咽喉科の先生方を委員として作成され、2012年以降のガイドラインに多くを取り込んで融合を深めてきました。今回もその方針を堅持し、「食物アレルギーの診療の手引き2020」に加えて「食物アレルギーの栄養食事指導の手引き2017」、「食物経口負荷試験の手引き2020」とも調和を図っています。
 今回、「食物アレルギー診療ガイドライン2021」において主要な章を執筆された先生方に、管理栄養士や栄養士の皆さんにわかりやすく解説をお願いしました。本特集が皆様の日常業務に役立つことを祈念しております。(編集部)

ひと晩待てない外科系当直疾患

調 憲(監修) 大嶋 清宏 (編集)

出版社:メジカルビュー社

印刷版発行年月:2021/10

外傷や内因性の致死的疾患,また迅速な処置をしなければ重大な後遺障害をきたすようなものを「ひと晩待てない救急疾患」として取り上げ,それらについての適切な初療・専門医へのコンサルト・ディスポジション(帰宅,経過観察,入院,転送の判断)を施すためのポイントを,救急医・専門科医の両者の視点から解説。また,各疾患において教訓的な症例(予後不良となったBad story)も紹介しており,転ばぬ先の杖として活用可能。
当直に臨むにあたっての準備に,また当直時のクイックリファレンスとして活用できる必読書。

肩学

臨床の「なぜ」とその追究

井樋 栄二 (著)

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2021/02

肩関節の領域において第一人者である著者が、これまでの臨床経験をもとに、その診療のエッセンスや研究の成果をまとめた。腱板断裂や肩関節不安定症、凍結肩などのありふれた疾患について、日常診療から生じた「なぜ」という疑問にとことん向き合い、こだわってきた経験値が凝縮された究極の一冊。

糖尿病治療の手びき2020 改訂第58版

日本糖尿病学会 (編著)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2020/05

「糖尿病に関する知識の伝道」を目的に、改訂を重ねながら多くの患者さん・ご家族に愛読されてきた好評書。今版では、糖尿病の病態や診断・治療方法、合併症の詳細について、『糖尿病診療ガイドライン2019』の改訂や新薬に関する情報を中心に情報を刷新。また関連書『糖尿病療養指導の手びき』のエッセンスも盛り込み、医療従事者が患者さんに説明する際にも役立つ一冊として編集した。

総合リハビリテーション Vol.46 No.12

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/12

特集 大腿骨近位部骨折のリハビリテーション診療 超高齢社会に突入している日本では,要介護,特に要支援の原因として骨折・転倒が多く,大腿骨近位部骨折はそのなかで大きな位置を占めています.手術治療および周術期の全身管理は大きく進歩し,社会復帰への鍵は急性期から回復期のリハビリテーション診療になっていると考えられます.また,骨粗鬆症リエゾンサービスの概念が日本に入ってきて,対側大腿骨を含む他部位の骨脆弱性骨折を防ぐための管理体制も進んできています.本特集では大腿骨近位部骨折のリハビリテーション診療について,多面的に解説していただきました.

総合リハビリテーション Vol.46 No.6

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/06

特集 失語症の今 脳卒中などによる失語症を抱えつつ生きている人の数は全国で約50万人と推計されています.失語症に対しては単に回復期の訓練にとどまらず,長期的な,そして社会参加を見据えた対応が必要です.今日,脳画像検査の進歩による失語症の解明,各種治療法の開発,そしてコンピュータ技術や人工知能の進歩など,期待できることも多くなっています.さらに社会参加支援についても重要です.本稿では,失語症に関する最新の状況を各専門家にご解説いただきました.

≪新NS NOW 14≫

脳・脊髄外傷の治療

菊田 健一郎 (担当編集委員)

出版社:メジカルビュー社

印刷版発行年月:2018/05

No.14では脳・脊髄部位に発生する外傷とその治療をテーマに取り上げた。交通外傷が減ったとはいえ,頭頚部の外傷は今なお脳神経外科医が高頻度で遭遇する事例である。骨折・出血(血腫)・血管障害・神経障害・整容など注意・注力すべき点は多岐にわたり,「本領」のひとつといって過言ではない。
本書では外傷によって頭頚部に発生する主だった障害に対する治療法はもちろん,画像診断,急性期(緊急手術)の対応,ガイドラインの対応,術後合併症の対策などにも踏み込んでいる。

トップジャーナル395編の「型」で書く医学英語論文

言語学的Move分析が明かした執筆の武器になるパターンと頻出表現

河本 健 (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2018/03

医学英語論文をもっとうまく!もっと楽に!論文を12のパート(Move)に分け,書き方と頻出表現を解説.執筆を劇的に楽にする論文の「型」とトップジャーナルレベルの優れた英語表現が身につきます!

脳神経外科 Vol.46 No.2

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/02

≪神経内科外来シリーズ 2≫

パーキンソン病外来

山元敏正 高橋一司 (担当編集)

出版社:メジカルビュー社

印刷版発行年月:2016/03

神経内科医が接する機会の多い疾患の外来診察に必要なノウハウを,シェーマ・フローチャートなどを多用しコンパクトにまとめて解説するシリーズ。特に患者の多い神経疾患(頭痛・認知症・パーキンソン病・てんかん・脳卒中)を取り上げ,全5巻で構成。
本巻では,「パーキンソン病」を取り上げ,外来で必要な基本的知識と,外来の基本的な流れを解説。ガイドラインに基づく,パーキンソン病のさまざまな症状に対する治療をCase Studyをとおして学べる,パーキンソン病外来の基本が身につく1冊。

前のページ 1 次のページ