医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

おすすめ

総合リハビリテーション Vol.46 No.8

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/07

特集 身体障害者の移動手段 広辞苑では「移動」とは移り動くこと,移し動かすこと,としています.前者は主体的な活動で,その能力を英語ではmobilityと表現します.一方後者は英語のtransportationに相当します.身体障害者の社会参加にとってはいずれも重要な意味をもつのみならず,成人病予防の観点からも「移動」は必要です.最近,脳卒中後や認知症患者の自動車運転再開に関する研究が多く行われていますが,本特集では対象を身体障害者,なかでも肢体不自由者に限り,社会参加を見据えた移動手段について多面的に解説していただきました.

病院 Vol.77 No.7

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/06

特集 これからの地域医療連携の形 地域医療連携推進法人とアライアンス 医療機関の機能分化と連携は、社会の高齢化を反映して介護や日常生活支援、住まいまで広がっている。また、地域包括ケア体制を確立するためにも、人材交流を含めた地域医療連携の推進が不可欠になっている。本特集では、地域医療連携推進法人とアライアンスを中心に、地域医療連携の健全な発展の方向性を探る。

内科系輸血ガイドブック

大坂 顯通 (著)

出版社:中外医学社

印刷版発行年月:2016/04

内科系医師をメインターゲットにした輸血学テキスト.輸血療法の基礎知識と実際について必要最低限のポイントに絞り,平易に解説した.看護師や医療スタッフにもおススメ.

ラボ必携 フローサイトメトリーQ&A

正しいデータを出すための100箇条

戸村 道夫 (編)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2017/11

免疫・がん・再生医療の分野でますますニーズが高まるフローサイトメトリー.「機器の設定」,「抗体や蛍光色素の組合せ」など100種類のQ&Aを揃えました.これからはじめる方もさらに理解を深めたい方にも役立ちます.

臨床画像 Vol.31 No.11

出版社:メジカルビュー社

印刷版発行年月:2015/10

【特集】胆嚢・胆管と膵臓の画像診断update 病理・画像・治療のtriangle

臨床外科 Vol.72 No.4

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2017/03

特集 消化管吻合アラカルト あなたの選択は?〔特別付録Web動画付き〕 消化管の吻合法には以前から,手縫い吻合ではAlbert-Lembert吻合やGambee吻合をはじめとして数多くの吻合法があり,利点・欠点およびその応用などが議論されてきました.器械吻合が広く普及した今日においても,その方法の修得が重要であることに変わりはありません.一方で,医療機器のめざましい進歩により,機器を用いた吻合法にも様々な工夫がなされてきています.そのような中で,消化管吻合についての知識をup-to-dateし,手術部位や状況により適切に選択することは,今日さらに重要性を増しています.本号では,消化管の各手術手技における吻合の実際とその長所・短所,ピットフォールについて,可能ならば動画も交じえてご解説いただき,消化管吻合に関しより深い理解を得ることをめざし企画しました.

臨牀消化器内科Vol.30 No.01

出版社:日本メディカルセンター

印刷版発行年月:2014/12

【特大号】消化器診療 ― 30年と今後の展望
この創刊30年記念号を読まれることで、今後の消化器診療を展望する上で少しでもお役に立てれば幸である.

骨折の治療指針とリハビリテーション

具体的プロトコールから基本をマスター!

酒井 昭典 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2017/06

医師とメディカルスタッフ間のギャップを埋めることを目的に、骨折のリハビリテーションに従事するメディカルスタッフを対象に編集された実践書。全身の各部位の骨折について治療のゴールを明記したうえで、医師が行う治療法、リハビリテーションを行うにあたってメディカルスタッフが留意すべき具体的な点を受傷後16週までの期間に分けて詳細に記載している。

根拠からよくわかる 注射薬・輸液の配合変化 Ver.2

基礎から学べる、配合変化を起こさないためのコツとポイント

赤瀬 朋秀 (編)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2017/02

注射薬や輸液を扱う薬剤師必携の定番書が改訂!配合変化の予測・回避に必要な知識が根拠から学べて,各章末の演習問題で応用力が身につけられます.基礎の理解から実務まで役立つ,調剤事故の防止に欠かせない1冊!

あらゆる場面で使える 鎮静・鎮痛Q&A96

安宅 一晃 (編)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2016/08

内視鏡やカテーテル検査をはじめ,あらゆる場面で必要になる鎮静・鎮痛を基本から学べる入門書!臨床の現場でよくある困り事を,Q&A形式でズバリ解説します!

前のページ 1 次のページ