医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

おすすめ

助産雑誌 Vol.75 No.6

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2021/05

特集 ガイドラインの改訂内容を解説! ポジティブな出産体験のための推奨項目56 「正常出産において,母子の安全のためにどんな医療行為が本当に必要で,どんな医療行為は不要なのか?」そんな問いに答えるべく,世界保健機関(WHO)が世界中の研究やエビデンスを基に,1996年に正常出産のガイドライン(日本語版翻訳書『WHOの59カ条 お産のケア実践ガイド』,以下,旧ガイドライン)を作りました。この旧ガイドラインが22年ぶりに改訂されました。大きな変更は,母子の安全に加えて「当事者にとっての“よいお産”」というQOLの視点で作られたこと。もちろん,新しい研究やエビデンスも追加されています。本特集は,その日本語版翻訳書『WHO推奨 ポジティブな出産体験のための分娩期ケア』より,旧ガイドラインから特に変化があったものを中心にピックアップし,改訂のポイントを現場の視点で解説しました。妊娠・出産を,その人の人生におけるポジティブな体験にするために,助産師には何ができるでしょうか。エビデンスに基づいて考えていきましょう。

臨床眼科 Vol.74 No.11

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/10

特集 すべて見せます! 患者説明・同意書マニュアル -

臨床雑誌内科 Vol.118 No.1

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2016/07

慢性腎臓病(CKD)診療を極める 1958年創刊。日常診療に直結したテーマを、毎号"特集"として掲載。特集の内容は、実地医家にすぐに役立つように構成。座談会では、特集で話題になっているものを取り上げ、かつわかりやすく解説。

月刊/保険診療 2018年2月号

出版社:医学通信社

印刷版発行年月:2018/02

特集 2018年診療報酬改定―新点数全覧~「主要改定項目・新旧対照表」完全収載~
特集Ⅱ 2018年介護報酬改定はこうなる!~新単位数・基準の変更ポイント~
平成30年度介護報酬改定の概要/2018年1月26日社会保障審議会・介護給付費分科会

日本の元気な病院&クリニック/熊本地域医療センター
保育施設開設や院内デイケアで職員の働く環境を好循環させる

視点 文在寅大統領政府の保健医療政策と急性期病院の対応戦略/李榮成

個別改定項目について/中医協答申/2018年2月7日 中央社会保険医療協議会・総会
工藤高,長面川さより

J-IDEO Vol.2 No.6

出版社:中外医学社

印刷版発行年月:2018/11

【Special Topic】世界に出よう,フィールドに出よう−−海外で感染症診療を行うということ 本号のスペシャルトピックは「世界へ出よう,フィールドに出ようーー海外で感染症診療を行うということ」.
国際感染症対策の第一人者である足立拓也先生(公益財団法人東京都保健医療公社豊島病院感染症内科)をお招き
して,エボラ出血熱アウトブレイク時の感染症対策・緊急支援といった自身の経験をふまえながら,海外で感染症
医として働くことの意義や魅力について岩田健太郎先生との対談形式でじっくり語っていただきました.

公衆衛生 Vol.83 No.2

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2019/01

特集 インバウンドと在留外国人 その増加と諸課題 -

看護教育 Vol.59 No.7

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/06

特集 主体性を育む「問いづくり」 -

INTESTINE Vol.19 No.4

出版社:日本メディカルセンター

印刷版発行年月:2015/07

特集 下部消化管:炎症からの発癌
炎症性腸疾患に対する抗炎症治療の進歩は目覚ましいものがある一方、長期経過例での重要な問題点として、発癌がある。そのメカニズムから診断、予防や治療まで、現時点での知見を集積し、増加する炎症性腸疾患における大きな課題に取り組んだ。

別冊整形外科 No.47 骨・軟骨移植

最近の知見

岩本 幸英 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2005/04

組織工学の手法を用いた骨・軟骨再生医療、人工骨(骨補填材料)の開発、同種骨移植など、整形外科医にとって重要な治療手段であり、今日でもなお新しい研究テーマである骨・軟骨移植についての論文を多数収録。

別冊整形外科 No.44 私のすすめる診療器械・器具

二ノ宮 節夫 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2003/10

診察、診断、理学療法、後療法、あるいは手術などで使用する整形外科領域の器械・器具の分野では、著しい進展がみられる。市販品の中で有名ではないが使いやすく、性能の点で推奨したいものも含め、診療器械・器具を紹介する。

前のページ 1 次のページ