医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

そこが知りたい! 感染症一刀両断!【電子版】

古川 恵一 (監修)

聖路加国際病院内科感染症科

出版社
三輪書店
電子版ISBN
978-4-89590-558-9
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
237ページ
 判型
A5変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,024 (本体¥2,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-89590-175-8
印刷版発行年月
2006/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※パソコン対応(WEBブラウザによるアクセス参照)は2017年7月上旬予定
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
10 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

どの専門領域であっても誰も感染症治療から離れることはできない。しかし、感染症治療について、何がわからないのかがわからない、何をどう勉強してよいのかわからない、と悩んでいる人も多いだろう。
本書はマニュアル的構成でありながら専門でない人にも理解しやすいように、感染症診療では避けることのできない微生物系臨床検査、細菌や抗菌薬の特徴といった知識もコンパクトに、わかりやすくまとめられ、しっかりした基礎医学的知識と、感染症を疑ったときの考え方とアプローチのための思考力を身につけられるつくりになっている。

目次

其の1 感染症を疑った時の基本的考え方と診断までのアプローチ
 感染症について、何がわからないかがわからない方はまずここから
其の2 グラム染色の意義・方法・解釈
 グラム染色って何? という方はここを読んでください!
其の3 培養検査 検体の採取から保存、解釈まで
 検体の採取法がわからない方、培養結果の細菌が本当に感染しているかがわからない方は必読!
其の4 臨床で遭遇する機会の多い、知っておくべき細菌の基礎知識
 細菌の名前を見ても、何がなにやらさっぱりわからない方はここを読んでください!
其の5 各種抗菌薬の分類
 どの薬剤がどの系統か? 一般名と商品名が一致しない方はこちらを
其の6 代表的な抗菌薬の特徴
 抗菌薬の名前を見ても、何がなにやらさっぱりわからない方はここを読んでください!
其の7 各種感染症に対する Empiric therapy
 まず投与する前に効果と副作用を理解しましょう! どれくらい投与すればよいかわからない方はこちら
其の8 妊娠・授乳期の抗菌薬療法
 比較的安全な薬剤って何?
其の9 抗菌薬のアレルギーについて
 ペニシリン系でだめならセフェム系もだめ?
其の10 抗菌薬の併用療法
 併用した場合の欠点は?
其の11 感染症におけるステロイド療法
 感染症ならステロイドはだめじゃないの?
其の12 MIC と MBC
 聞いたことはあるけどなんだっけ?
其の13 腎機能障害時の抗菌薬療法の原則
 いつも適当に投与量を決定していませんか?
コラム