医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

マイナー外科救急レジデントマニュアル【電子版】

堀 進悟 (監)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-62545-6
電子版発売日
2016/09/19
ページ数
322ページ
 判型
B6
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,104 (本体¥3,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-02545-4
印刷版発行年月
2016/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
210 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

専門医「以外」のための、マイナー外科領域の当直本の決定版! 扱うのは形成外科、口腔外科、整形外科、眼科、耳鼻科、泌尿器科、皮膚科の7領域。各領域の専門医が初期研修医、看護師、他科の非専門医に向けて、当直の際に役立つマイナー外科の「ちょっとしたコツ」をまとめた。「まず何をするべきか(してはいけないか)」「何に注目して診察を進めるべきか」など、初期対応に自信が持てる1冊。もう外科系当直なんて恐くない!

目次

第1章 形成外科
 1 創傷の処置
 2 縫合法の基本
 3 顔面の縫合
 4 口唇・口腔内の縫合
 5 耳介の縫合
 6 眼窩底骨折
 7 顔面骨骨折〔鼻骨骨折,頬骨(弓)骨折,上顎骨骨折〕

第2章 口腔外科
 1 顎口腔領域の解剖・歯式
 2 外傷におけるパノラマX線写真とCTの使い分け
 3 顎口腔領域の救急治療:総論
 4 う蝕への対応
 5 歯周組織の炎症(歯肉炎,歯周炎,智歯周囲炎)
 6 口腔内軟組織の損傷
 7 義歯・矯正装置による損傷
 8 歯の外傷,歯槽骨骨折
 9 下顎骨骨折
 10 顎関節脱臼
 11 抜歯後出血
 12 口内炎(アフタおよびウイルス性疾患)
 13 歯性上顎洞炎
 14 唾液腺炎,唾石症
 15 蜂窩織炎,骨髄炎,深頸部膿瘍
 16 壊死性軟部組織感染症(ガス壊疽,壊死性筋膜炎)

第3章 整形外科
 1 診察の仕方
 2 麻酔の仕方
 3 爪の処置
 4 異物の対処法
 5 突然,手関節や手指が伸展できなくなった(橈骨神経麻痺)
 6 急性関節痛
 7 コンパートメント症候群
 8 腱損傷
 9 脱臼の対処法
 10 捻挫,靱帯損傷
 11 見逃しやすい骨折集
 12 小児編

第4章 眼科
 1 眼の解剖
 2 診察の仕方
 3 眼が赤い(結膜下出血,結膜のうっ血,結膜炎)
 4 眼が見えない(飛蚊症,急に視野が狭くなった,急に見えなくなった)
 5 緑内障(救急外来でできる診断方法は? ただちにコンサルトが望ましい?)
 6 眼の違和感や痛み(異物,角膜損傷)
 7 眼の感染症〔ものもらい(麦粒腫),流行性角結膜炎など〕
 8 外傷

第5章 耳鼻科
 1 耳鼻咽喉科領域の解剖
 2 診察の仕方
 3 急性中耳炎
 4 鼻出血
 5 耳鼻咽喉科領域の異物総論
 6 外耳道異物
 7 鼻内異物
 8 咽頭異物
 9 食道異物
 10 外傷性鼓膜穿孔
 11 気道異物(喉頭異物)
 12 急性扁桃炎
 13 扁桃周囲膿瘍
 14 急性喉頭蓋炎
 15 耳介血腫

第6章 泌尿器科
 1 泌尿器の解剖
 2 診察の仕方
 3 尿検査の結果の見方
 4 泌尿器科領域の画像診断
 5 尿閉
 6 血尿
 7 尿管結石
 8 尿路感染症
 9 急性陰嚢症(精索捻転,精巣上体炎)
 10 陰嚢外傷
 11 嵌頓包茎
 12 亀頭包皮炎
 13 包皮のファスナー食い込み
 14 陰茎折症
 15 Fournier壊疽

第7章 皮膚科
 1 皮膚の解剖
 2 診察の仕方
 3 蕁麻疹など皮疹全般
 4 帯状疱疹
 5 アテローム,せつ,よう,胼胝,鶏眼,いぼ
 6 爪周囲炎,ひょう疽
 7 虫刺され
 8 咬創
 9 蜂窩織炎,丹毒
 10 凍傷
 11 熱傷,日焼け

索引

memo
創トラブルの原因
眼窩底骨折の分類
パノラマX線写真の撮影ポジション
う蝕の進行と抗菌薬
激しい歯痛を訴える患者の仮封材や仮歯を外すべきか?
縫合するか否か?
FDSテスト,FDPテスト
直接対光反射の左右差の確認
非眼科医でも簡易的に行える,近見視力表を用いた視力検査法
コンタクトレンズと頻度の高いトラブル
耳痛
メラニン細胞とメラニン形成
Langerhans細胞と免疫反応
真皮と皮膚の弾性
主な発疹の種類
ステロイド薬の強度について