医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

分子標的治療・テクノロジー新時代のあたらしい肺癌現場診断学【電子版】

弦間 昭彦 (編)

日本医科大学

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-24867-4
電子版発売日
2018/06/18
ページ数
254ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥10,584 (本体¥9,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-25583-2
印刷版発行年月
2018/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
52 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

これまでの存在診断・病期診断に留まらず、スクリーニングから確定診断、治療方針決定、治療効果測定までを解説した、現在の肺癌診療を学ぶ上で必要な新しい観点の肺癌診断学の書籍。構成は「I章 肺癌診断概論」、「II章 肺癌を見つける・見極めるための診断法」、「III章 肺癌治療に活きる診断法・ストラテジー」からなり、II・III章の最後には、診断力の問われるケースを掲載。また、知識が実臨床でどのように活かされるかわかるよう、「refer」でケースと本文をつなげる工夫も施した。明日からの肺癌の診断と治療に自信が持てるようになる一冊。

目次

【内容目次】
I 肺癌診断概論
 1.肺癌の分類-複数の分類法を重層的に使う
 2.肺癌診断の全体像・フローチャート
II 肺癌を見つける・見極めるための診断法
 A.スクリーニング:小さな陰影を見逃さない
  1.肺癌を疑う(発見動機)
  2.胸部単純X線写真で見逃さない-判読のコツ
  3.CTの活用
  4.肺がん検診の位置付けと実際
 B.確定診断:肺癌の存在を確認し,性格を把握する
  1.病理診断-肺癌と確定する病変と方法のポイント
  2.喀痰細胞診による診断の割合と役割
  3.生検による肺癌の確定-適応と「私の隠し技」
   a.気管支鏡検査・生検
   b.経皮針生検
   c.外科的肺生検
   d.胸腔鏡検査・胸膜生検
   e.新技術開発
  4.各種検査のための試料作製-効率的な検査実施のために
   a.遺伝子検査
   b.網羅的遺伝子検査の進歩と保存しておくべき試料
   c.リキッドバイオプシー
   d.感染症検査
   e.鑑別・有害事象診断のためのびまん性肺疾患検査
 C.病期診断:肺癌の進行度を把握する
  1.病期診断-治療方針決定のための第一歩
  2.肺癌の大きさ・拡がり・転移を見極める各種検査
   a.CT
   b.脳MRI
   c.骨シンチグラフィー
   d.FDG-PETの位置付け阿部光一郎
 D.ケースで鍛える!肺癌現場診断力
  Case1 この陰影をどう見逃さない?
  Case2 症状はあるのに画像は一見正常…?
  Case3 間質性肺炎の治療中に注意していても
  Case4 増大するすりガラス陰影
  Case5 増大かつFDG-PET/CTで集積を認める結節性病変
  Case6 インフルエンザ+肺炎かと思ったら…?
  Case7 すべての病変を肺癌としてよいか?
  Case8 経過観察中のリンパ節腫大
  Case9 CT所見は気管支壁肥厚のみだが…?
  Case10 診断の難しいHIV陽性の多発結節影は…?
III 肺癌治療に活きる診断法・ストラテジー
 A.肺癌の基本的治療戦略
  1.非小細胞肺癌に対する基本的治療戦略
 B.治療方針を決める診断
  1.初期治療方針決定のための診断
  2.コンパニオン診断薬とその問題点
  3.ALK融合遺伝子同定における検査モダリティの不一致
  4.治療後,どの検査をいつ行うか?
  5.再発・転移診断のポイント-次の一手はどうするか?
  6.新遺伝子診断法-治療に活かす考え方
  7.血液検査(腫瘍マーカー)の役立つ場面
  8.治療に影響する既存疾患診断
  9.注意すべき治療関連有害事象の診断
   a.肺障害
   b.免疫チェックポイント阻害薬による特異的重篤有害事象
 C.ケースで鍛える!分子標的治療に活かす肺癌現場診断力
  Case11 EGFR検索で希少変異が!
  Case12 高齢の進行NSCLC患者,念頭に置くべきことは
  Case13 TKI耐性,さてどうする?
  Case14 変異検査で血漿と組織の検査結果が一致しない!?
  Case15 PD-L1陽性,さてどうする?
  Case16 急速に進行する腫瘍
  Case17 薬剤性肺障害か再発か?
  Case18 「腫瘍増大=悪化」か?
索引