医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

「もの忘れ外来」免許皆伝

ねころんで読める認知症診療【電子版】

奥村 歩 (著)

おくむらmemoryクリニック

出版社
メディカ出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/04/22
ページ数
184ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,672 (本体¥3,400+税8%)

印刷版ISBN
978-4-8404-6577-9
印刷版発行年月
2018/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
60 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

【かかりつけ医のための実践的診療指南書】

あなたの診断や処方、紋切り型になっていませんか? 認知症診療のリアルな現場では、患者の個別性に応じた、微妙な「さじ加減」が必要。1万人の患者、10万人の脳を見続けてきた著者が、会話を重要視した「もの忘れ外来」の実践的なコツと実用的な薬物療法を大公開。

目次

・推薦のことば
・はじめに
・本書における医学専門用語の略称

【第1章 「もの忘れ外来」の現場から】
◆初診時のチェックポイントと問診の工夫
◆コラム(1) 認知症 人類の第五の宿命

【第2章 アルツハイマー型認知症の気づきと診断法】
◆特殊な認知機能テストや画像診断は不要です
◆コラム(2) 心は変わらない?

【第3章 「第2の認知症」前頭側頭型認知症を見逃していませんか!?】
◆アルツハイマーと少し違う!
◆コラム(3) 何もできなくなる?

【第4章 「レビー小体病」の気づき】
◆不定愁訴?
◆コラム(4) “絶望の病”ではない!

【第5章 「うつ病性仮性認知症」とMCI(軽度認知障害)】
◆本当に認知症?
◆コラム(5) 認知予備力とは?

【第6章 特発性正常圧水頭症の再考】
◆「よく転ぶ」もの忘れ
◆コラム(6) 医者は認知症になりにくいのか?

【第7章 一過性てんかん性健忘(TEA)と認知症】
◆本当に認知症?
◆コラム(7) 学歴か? 職歴か? 現役か?

【第8章 認知症以外の病態を見落としていませんか?】
◆医者の目をかいくぐる「treatable dementia」
◆コラム(8) 中年時代の体型と認知症

【第9章 認知症のMRI画像入門:専門医を超える視点】
◆専門医も認知症の画像診断は苦手
◆コラム(9) 適度な運動は、健康長寿の王道

【第10章 アルツハイマー型認知症のトピックス】
◆沖縄と脳卒中
◆コラム(10) 脳トレってどうよ!?

【第11章 認知症の薬物療法】
◆抗認知症(AD)薬の特殊性
◆コラム(11) 『深夜特急』のエピソード

【第12章 Q&A こんなときどう話す?】
◆コラム(12) スマホ認知症!?

・索引
・おわりに
・著者紹介