医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

最新ガイドラインに準拠!

改訂2版 「パーキンソン病」「レビー小体型認知症」がわかるQAブック【電子版】

小阪 憲司 織茂 智之 (著)

医療法人社団みのり会 湘南いなほクリニック 名誉顧問 関東中央病院神経内科部長

出版社
メディカ出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/04/22
ページ数
134ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,620 (本体¥1,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-8404-6575-5
印刷版発行年月
2018/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
30 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

【診断、ケアに必須の最新知識を収載】

2017年に発表されたレビー小体型認知症の新たな診断基準・治療ガイドライン、そして2018年、7年ぶりに改訂されたパーキンソン病の診療ガイドラインの最新情報を反映。両疾患への理解をさらに深めることができ、日々の診療やケアに役立つ1冊となっている。

目次

・レビー小体病と鑑別すべき疾患一覧
・レビー小体病の主な症状一覧

【I レビー小体病とは何ですか?】
◆Q1 レビー小体とは何ですか?
◆Q2 レビー小体はどこにみられますか?
◆Q3 レビー小体病とはどのような病気ですか?
◆Q4 パーキンソン病とレビー小体型認知症とはどのような関係にありますか?

【II パーキンソン病とはどのような病気ですか?】
◆Q5 パーキンソン病とはどのような病気ですか?
◆Q6 パーキンソン病の検査にはどのようなものがありますか?
◆Q7 パーキンソン病の診断はどのように行われますか?
◆Q8 パーキンソン病ではどこが障害されますか?
◆Q9 パーキンソン病と鑑別すべき病気にはどのようなものがありますか?
◆Q10 パーキンソン病の治療はどのように行われますか?

【III レビー小体型認知症とはどのような病気ですか?】
◆Q11 レビー小体型認知症は日本で発見されたというのは本当ですか?
◆Q12 レビー小体型認知症とはどのような病気ですか?
◆Q13 レビー小体型認知症の検査にはどのようなものがありますか?
◆Q14 レビー小体型認知症の診断はどのように行われますか?
◆Q15 レビー小体型認知症ではどこが障害されますか?
◆Q16 レビー小体型認知症と鑑別すべき病気にはどのようなものがありますか?
◆Q17 レビー小体型認知症の治療はどのように行われますか?

【IV レビー小体病の診断を行うための画像検査にはどのようなものがありますか?】
◆Q18 脳CT、脳MRIとはどのような検査ですか?
◆Q19 SPECTとはどのような検査ですか?
◆Q20 MIBG心筋シンチグラフィとはどのような検査ですか?
◆Q21 パーキンソン病においてMIBG心筋シンチグラフィはどのように使われますか?
◆Q22 レビー小体型認知症においてMIBG心筋シンチグラフィはどのように使われますか?
◆Q23 なぜMIBGの集積が低下するのですか?

〔COLUMN〕
◆自律神経のはたらき
◆自律神経が障害される病気と症状
◆パーキンソン病を早期診断するメリット
◆注目される新しい報告
◆レビー小体病患者の心臓

・参考文献
・MIBG心筋シンチグラフィを実施している全国施設一覧
・レビー小体型認知症研究会
・さくいん