医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

生涯人間発達論 第3版【電子版】

人間への深い理解と愛情を育むために

服部 祥子 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-64133-3
電子版発売日
2020/02/24
ページ数
224ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,310 (本体¥2,100+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-04133-1
印刷版発行年月
2020/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

エリクソンの理論をもとに、人間の発達過程をわかりやすく解説した書。生まれてから老いて亡くなるまで人は発達危機に遭遇し、それをうまく乗り越えられないと試練が待ち受けるという。その文面からは、長きにわたって児童相談所や大学などで多くの子供や学生、その家族と関わってきた著者の、人に対するやさしいまなざしを感じられる。看護師や看護学生だけでなく、介護士や保育士、子育て中の人にも是非読んでもらいたい。

目次

序 生涯人間発達論 序説
 1 生涯人間発達論とは
 2 発達の定義
 3 人間発達に関する諸理論
  現代以前の発達思想の展開
  現代の発達理論
 4 生涯人間発達論の基本的視点
  人生における10階層
  精神社会的課題と発達危機
  徳(人格的活力)
 5 新たな社会情勢と生涯人間発達論~21世紀初頭10年目の節目に
  2001~2010年の総括的考察
  暴力(テロ),病気,経済不況,環境問題の連鎖
     汎国際化の波と生涯人間発達論
  生活および人間関係の変容
     情報通信技術(ICT)進化の波と生涯人間発達論
  年齢・性別の枠組みの自由化・多様化
     高齢社会と男女共同参画社会進展の波と生涯人間発達論

I 乳児期(0~1歳)
 1 乳児期の発達危機
  出産という試練
  乳児の無力さ
  人生早期の母子結合
  欲求充足と基本的信頼感
  3か月微笑と8か月不安
  「基本的信頼感対不信感」という乳児期の発達危機の解決
 2 乳児期の人格的活力
  とり入れること
  待つこと
  希望という活力
 3 乳児期の発達に関する興味深い学説・知見
  早期体験の重要性 動物学の知見から
  母性的養育の?奪とホスピタリズム
  アタッチメント(愛着)
  乳児における対象関係論
  気質論
 4 乳児期の発達的な問題とケア[事例を通して]
  ●明子ちゃん,生後9か月,ボーッとしている
  ●正君,生後7か月,夜泣き
 5 乳児期の発達における今日的課題[母性的養育の危うさ]
  乳児虐待
  育児放棄
II 幼児前期(1~3歳)
 1 幼児前期の発達危機
  自立の第一歩
  受動的愛から能動的愛へ
  自律性を培う時
  しつけと自律性
  「自律性対恥・疑惑」という幼児前期の発達危機の解決
 2 幼児前期の人格的活力
  保持することと手放すこと
  他者意識と自己意識
  意志という活力
 3 幼児前期の発達に関する興味深い学説・知見
  分離・個体化理論
  自己感の発達論
 4 幼児前期の発達的な問題とケア[事例を通して]
  ●賢二君,6歳,遺尿
  ●恵美ちゃん,3歳,便秘
 5 幼児前期の発達における今日的課題[家庭での養育の危うさ]
  児童虐待
  里親制度

III 幼児後期(3~6歳)
 1 幼児後期の発達危機
  個の芽ばえと反抗
  独立心と依存心の葛藤
  遊びと発達
  幼児後期の遊びの効用
  両親との関係とその葛藤
  「自発性対罪悪感」という幼児後期の発達危機の解決
 2 幼児後期の人格的活力
  思い通りにすることとまねをすること
  希望と意志と目的
 3 幼児後期の発達に関する興味深い学説・知見
  センス・オブ・ワンダー
  子育てと父親
 4 幼児後期の発達的な問題とケア[事例を通して]
  ●剛君,6歳,暴力が多い
  ●美紀ちゃん,5歳,どもる
 5 幼児後期の発達における今日的課題[発達上の気がかり]
  子どもの暴力
  発達障害

IV 学童期(6~12歳)
 1 学童期の発達危機
  学校生活開始と自己への気づき
  遊びと対人感情
  学びと勤勉性
  自己意識と劣等感
  「勤勉性対劣等感」という学童期の発達危機の解決
 2 学童期の人格的活力
  ものをつくることと完成すること
  目的意識と有能感
 3 学童期の発達に関する興味深い学説・知見
  前思春期論
  発達課題論
 4 学童期の発達的な問題とケア[事例を通して]
  ●良一君,9歳,不登校
  ●太郎君,10歳,チック
 5 学童期の発達における今日的課題[子どもの日常性の変化]
  経験欠乏
  子どもの貧困(学童期)

V 思春期(12~18歳)
 1 思春期の発達危機
  pubertyとadolescenceの分離
  二次性徴の発現と身体像の動揺
  めざめ感と自己中心性
  心理的な親子分離と孤独
  思春期の心理的特徴
  「自己中心性対孤独感」という思春期の発達危機の解決
 2 思春期の人格的活力
  自分のことを第一に思うこと
  夢という活力
 3 思春期の発達に関する興味深い学説・知見
  思春期モーニング
 4 思春期の発達的な問題とケア[事例を通して]
  ●孝君,17歳,学校をやめたい
  ●愛子さん,15歳,自殺企図
 5 思春期における今日的課題[人間関係の機能不全]
  いじめ
  ゲーム障害

VI 青年期(18~25歳)
 1 青年期の発達危機
  思春期を通って青年期へ
  性の欲動とフラストレーション
  親子間の葛藤と感情の両価性
  仲間体験とユースカルチャー
  「同一性対役割の混乱」という青年期の発達危機の解決
 2 青年期の人格的活力
  自分自身であること,活動を共有すること
  自我同一性と忠誠心
 3 青年期の発達に関する興味深い学説・知見
  青年期境界例
  アイデンティティ拡散症候群
  ユングの学説にみる青年期の自立
 4 青年期の発達的な問題とケア[事例を通して]
  ●裕子さん,19歳,減食とやせ
  ●知子さん,20歳,不安が強い
 5 青年期の発達における今日的課題[同一性確立の困難さ]
  LGBT(性的マイノリティ)
  在留外国人の増加

VII 成人前期(20~30代)
 1 成人前期の発達危機
  成熟への入り口
  青年期の延長とモラトリアム
  親密性と山アラシのジレンマ
  「親密性対孤立性」という成人前期の発達危機の解決
 2 成人前期の人格的活力
  愛の発達
  他者の中に自分を発見することと自分を失うこと
  親密性と愛
 3 成人前期の発達に関する興味深い学説・知見
  アパシー・シンドローム
  ピーター・パン・シンドロームとシンデレラ・コンプレックス
 4 成人前期の発達的な問題とケア[事例を通して]
  ●公二さん,25歳,無気力
  ●礼子さん,24歳,自殺企図
 5 成人前期の発達における今日的課題[終わらない青年期]
  社会的ひきこもり
  遠ざかる結婚

VIII 成人中期(30~50代)
 1 成人中期の発達危機
  中壮年期を成人中期と成熟期に区分
  成人中期の生殖性
  家庭における生殖性
  社会生活における生殖性
  家庭や社会における停滞感
  「生殖性対停滞性」という成人中期の発達危機の解決
 2 成人中期の人格的活力
  存在をつくることと世話すること
  相互の働きかけとしての世話
  生殖性と世話
 3 成人中期の発達に関する興味深い学説・知見
  レヴィンソンの発達論
  グールドの発達論
 4 成人中期の発達的な問題とケア[事例を通して]
  ●明子さん,35歳,アルコール依存
  ●武司さん,35歳,胃の痛み
 5 成人中期の発達における今日的課題[少子化とそれの及ぼす影響]
  少子化の家庭にもたらす影響
  女性の社会進出
  中高年のひきこもり

IX 成熟期(50~70代)
 1 成熟期の発達危機
  身体的変化とさまざまな動揺
  エンプティ・ネスト・シンドロームと定年
  新しい自己の発見と挑戦
  惑いとためらい
  「同一性再確立対消極性」という成熟期の発達危機の解決
 2 成熟期の人格的活力
  存在を見直す
  「自信」という人格的活力
 3 成熟期の発達に関する興味深い学説・知見
  ビューラーの発達論
  ヴェイラントの発達論
 4 成熟期の発達的な問題とケア[事例を通して]
  ●哲夫さん,55歳,自殺未遂
  ●美子さん,53歳,夫への嫉妬
 5 成熟期の発達における今日的課題[たそがれどきの迷いと不安]
  親子共依存
  熟年の離婚
  熟年の自殺

X 成人後期(70代以後)
 1 成人後期の発達危機
  しめくくりの時,人生の究極
  生理的・心理的老化
  成熟の極としての統合性
  絶望と疑似統合
  「統合性(自我の統合)対絶望感」という成人後期の発達危機の解決
 2 成人後期の人格的活力
  あるがままを生きることと死に直面すること
  高齢者の知恵
  自我の統合と知恵
 3 成人後期の発達に関する興味深い学説・知見
  キューブラー・ロスの「死の受容過程」
 4 成人後期の発達的な問題とケア[事例を通して]
  ●美佐さん,72歳,不安発作
  ●道雄さん,82歳,暴力
 5 成人後期の発達における今日的課題[シニア世代の孤独と絶望]
  独居高齢者と孤独死
  高齢者の犯罪

終章 人生100年時代の生涯人間発達論 ~21世紀20年目の節目に
 1 「人生100年時代」を迎えて
 2 人生前半期の発達の強調点~乳幼児期の重要性
  人生周期I(乳児期)の「基本的信頼感」と「希望」
  人生周期II(幼児前期)の「自律性」と「意志」
  人生周期III(幼児後期)の「自発性」と「目的」
  人格の根本は長い人生を最後まで支える
 3 人生後半期の発達の強調点~成熟期の重要性
  成熟期は「同一性再確立」の時
  成熟期には新たな学びの道がある
  成熟期における新しい人間関係の構築
  成熟期の実りが成人後期を円熟に導く

おわりに
参考文献
索引