医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

考えるER-SAMURAIプラクティス 改訂第2版【電子版】

志賀 隆 (編集主幹)

出版社
シービーアール
電子版ISBN
 
電子版発売日
2020/03/02
ページ数
512ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,500 (本体¥5,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-908083-45-7
印刷版発行年月
2020/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

初版を出した2014年から日本の救急専門医は順調に増え,5,000人を超えるようになりました.ただし,明るい材料ばかりかというと実はそうではありません.今の20代の価値観は40代以上の価値観とは大幅に違ってきていて,「社会のために役立ちたい」「自分の可能性を試したい」という人の割合が低下する一方,「友人や家族との時間を重視したい」「金銭的な成功を」という人がどんどん増えています.
 このように刻々と変化する若手医師の環境や時代のなかにあって,「救急はどうやって魅力をアピールするか」を考える必要があります.その答えは,日本救急医学会の働き方改革のチームが示しているように,「人を救うには,まず自分が健康でなくてはならない」ということに尽きるのではないかと思います.
 本書には,救急医が健康であるためのコツとして「自身のマネジメント」「部門としての安全を実現する秘訣」「効率よく成長するためのエビデンスや研鑚の方法」など,多くの秘訣が詰まっています.救急レジデントや専門医が“健康に”救急診療を続け,魅力ある救急部門を作ることの一部にでも本書が寄与することを願って止みません.(改訂版序文より抜粋)

目次

Ⅰ. 救急医個人として知っておきたいこと
 1. ERでの心得・プロフェッショナリズム
 2. 6 competencies 〜ERにおける研修カリキュラム
 3. 医師のQOL・疲労時の対処法

Ⅱ. より良い部門運営のために
 1. 問題患者への対応
 2. 法律関係
 3. M&Mカンファレンス

Ⅲ. より良い救急システムのために
 1. トリアージ
 2. コンサルテーション
 3. Disposition
 4. 電子カルテの利用
 5. 帰宅指示書について

Ⅳ. 救急臨床力を磨こう
 1. ERでの診断推論
 2. Clinical Prediction Rule
 1)総論 プレディクション・ルールを使おう!
 2)各論その① 膝外傷・足外傷
     その② 小児の頭部外傷
     その③ 頭部外傷
     その④ 一過性脳虚血発作
     その⑤ 失神
     その⑥ 髄膜炎
     その⑦ 咽頭炎
     その⑧ 頸椎損傷
     その⑨ 胸痛、急性冠症候群
     その⑩ 心房細動
     その⑪ 市中肺炎
     その⑫ 肺動脈血栓塞栓症
     その⑬ 上部消化管出血
     その⑭ 急性虫垂炎
     その⑮ 小児の発熱
     その⑯ 大動脈解離
     その⑰ SAH

V. ケース・スタディ〜ERに潜む落とし穴〜
     Case 1 49歳女性 胸痛
     Case 2 80歳女性 下腹部痛
     Case 3 46歳男性 右眼右上視野がぼんやり
     Case 4 69歳女性 持続性心窩部痛
     Case 5 3歳児 3日続いた頸部痛
     Case 6 38歳女性 意識障害
     Case 7 55歳女性 労作時の呼吸困難
     Case 8 64歳女性 左手首痛
     Case 9 20歳男性 左上・下肢が動かない
     Case 10 28歳男性 突然の動悸
     Case 11 38歳女性 発熱・左大腿部痛
     Case 12 16歳女性 失神
     Case 13 55歳男性 吐血
     Case 14 5歳男児 1週間続く下痢
     Case 15 2歳女児 腕が動かない
     Case 16 32歳男性 回転性めまい
     Case 17 35歳男性 心窩部痛
     Case 18 72歳男性 呼吸困難
     Case 19 75歳男性 突然の呼吸困難
     Case 20 65歳男性 呼吸困難
     Case 21 18歳女性 呼吸困難
     Case 22 34歳女性 全身のかゆみ
     Case 23 69歳女性 腰痛
     Case 24 50歳代男性 心窩部痛と水様性下痢
     Case 25 74歳女性 右腕優位の上肢脱力としびれ
     Case 26 70歳女性 下腹部全体の痛み
     Case 27 60歳代男性 トイレで転倒
     Case 28 56歳女性 突然の両肩から左上腕のしびれと後頸部痛
     Case 29 68歳男性 手の震え
     Case 30 80歳代男性 意識障害

コラム
・救急外来での接遇について
・達成目標を明確にすると窮屈? ~アウトカム基盤型教育の限界~
・自由選択の多いプログラムは魅力的なのか
・アンカーになるな! ~診断不明で帰す勇気~
・より良いM & Mカンファレンスのために
・患者さんが帰宅する際に何か忘れていないかな?
・読影結果についての工夫
・病名を知らないと診断できない? ~基礎医学の大切さ~
・感度・特異度のもつ曖昧さ
・診断医として強いのは北斗の拳よりドラえもん??