医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

呼吸器感染症の診かた,考えかた ver.2【電子版】

青島 正大 (著)

東京女子医科大学 八千代医療センター 呼吸器内科 准教授/診療科長

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2020/06/01
ページ数
332ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,620 (本体¥4,200+税10%)

印刷版ISBN
978-4-498-13001-2
印刷版発行年月
2020/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
136 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような新興の呼吸器感染症に対峙するためには、適切に情報のアップデートを行うことはもちろん、呼吸器感染症診療を行ううえでの基本的、普遍的かつ網羅的な知識が必要となる。もちろん従来の呼吸器感染症を診る場合もその基本は変わらない。本書では、旧版の内容に最新知見を反映させながら大幅に手を加え、「呼吸器感染症といえばこの一冊」と呼ぶに相応しい内容にまとめあげた。

目次

目次

第1章 総論・呼吸器感染症を理解する
 呼吸器感染症はほかの部位の感染症とどこが異なるか?
 呼吸器系の解剖と感染部位
 呼吸器感染症の原因となる微生物
  1 解剖学的部位と微生物の関係
  2 呼吸器感染症の感染経路
 呼吸器感染症を診断する
  1 最 も大切なのは感染による病態かどうかの診断である! 
    Mimicker に注意!
  2 原因微生物を診断する
   2-1 検体の採取方法
   2-2 グラム染色と培養検査の見方
   2-3 抗原検出法
   2-4 抗体検査
   2-5 遺伝子診断

第2章 呼吸器感染症の治療に用いる薬剤
 はじめに
 抗菌薬
  1 ペニシリン系抗菌薬 ─ ペニシリンを上手に使おう
  2 セフェム系抗菌薬 ─ たくさんある薬剤の使い分け
  3  カルバペネム系抗菌薬
    ─ 大切なのはカルバペネムが必要なケースを見落とさないこと!
  4 モノバクタム系抗菌薬
  5 マクロライド系抗菌薬
    ─ 耐性菌が増えている現実を知った上で使う
  6 テトラサイクリン系抗菌薬
  7 リンコマイシン系抗菌薬
  8 キノロン系抗菌薬 ─ エンピリック使用における位置づけ
  9 アミノ配糖体系抗菌薬 ─ 呼吸器感染症における位置づけ
  10 抗MRSA 薬
 抗真菌薬
  1 トリアゾール系
  2 エキノキャンディン系
  3 ポリエンマクロライド系
 抗結核薬
  1 rifampicin(RFP)
  2 isoniazid(INH)
  3 pyrazinamide(PZA)
  4 ethambutol(EB)
  5 streptomycin(SM)
  6 二次抗結核薬
  7 MDR-TB の治療に用いる薬剤
 抗ウイルス薬
  1 インフルエンザ治療薬
  2 抗サイトメガロウイルス薬
 新規に上市された抗菌薬
  1 colistin(CL)
  2 metronidazole(MNZ)
 抗菌薬のPK/PD

第3章 病態ごとの診断と治療 
 気道感染症 
  1 気道感染症の成立は肺炎とどのように異なるか 
  2 かぜ症候群とインフルエンザ 
   2-1 抗菌薬治療の対象となる上気道感染症を見落とさない 
   2-2 感染性咳嗽への対応 
   2-3 かぜ症候群への対応 
   2-4 インフルエンザ 
  3 慢性肺(気道)疾患における慢性下気道感染症 
   3-1 慢性期の管理 
   3-2 増悪への対応 
 肺炎 
  1 院外発症肺炎
   1-1 院外発症肺炎の診療の流れ 
   1-2 画像診断の位置づけ 
   1-3 重症度判定と治療薬選択の実際 
   1-4 キノロン系抗菌薬をエンピリックに使用しないわけ 
   1-5 院外発症肺炎におけるマクロライドの位置づけ 
   1-6 治療効果を評価するには 
   1-7 原因微生物が判明したときの治療 
   1-8 原因微生物が判明せず,治療に反応しない場合の対応 
   1-9 肺炎に対するステロイド 
  2 院内肺炎 
   2-1 院内肺炎の基礎 
   2-2 院内肺炎診療の実際 
   2-3 特殊な病態への対応 
  3 感染によらない肺炎を見分ける 
   3-1 肺癌(特に浸潤性粘液腺癌IMA) 
   3-2 特発性器質化肺炎(COP) 
   3-3 好酸球性肺炎(EP) 
   3-4 薬剤性肺炎 
 抗酸菌感染症 
  1 抗酸菌の分類と診断法 
  2 結核菌感染症の治療 
   2-1 肺結核 
   2-2 潜在性結核感染症(LTBI) 
  3 非結核性抗酸菌症 
   3-1 治療対象の見分け方 
   3-2 肺MAC症 
   3-3 肺M.kansasii症 
   3-4 肺M.abscessus症 
   3-5 肺NTM症の外科治療 
 肺真菌症 
  1 アスペルギルス感染症 
   1-1 SPA 
   1-2 CPPA 
   1-3 IPA 
  2 クリプトコックス感染症 
  3 カンジダ感染症 
  4 接合菌症(zygomycosis) 
  5 輸入真菌症 
   5-1 コクシジオイデス症(coccidioidmycosis) 
   5-2 ヒストプラズマ症(histoplasmosis) 
   5-3 パラコクシジオイデス症(paracoccidioidomycosis) 
 免疫不全を有する患者の呼吸器感染症 
  1 大切なのは患者背景から考えること 
  2 ニューモシスチス肺炎 
  3 サイトメガロウイルス肺炎 
  4 侵襲性肺アスペルギルス症 
  5 肺ノカルジア症 
  6 免疫抑制療法中のリウマチ患者の肺炎への対処 
 胸膜炎 
  1 感染が関与する病態かどうかの診断が最初の一歩 
   1-1 生化学検査 
   1-2 細菌検査 
   1-3 細胞分画・細胞診 
   1-4 胸膜生検 
  2 結核性胸膜炎 
    1 抗結核薬への反応が不良の場合の対応 
  3 膿胸 
   3-1 難治性膿胸への対応 
   3-2 線維素溶解療法の適応 
   3-3 外科へのコンサルテーションへのタイミング 

第4章 難治性呼吸器感染症の集学的治療

事項索引
薬剤名索引