医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

エピゲノムをもっと見るための

クロマチン解析実践プロトコール【電子版】

ChIP-seq、ATAC-seq、Hi-C、smFISH、空間オミクス…クロマチンの修飾から構造まで、絶対使える18選!

大川 恭行 (編)

出版社
羊土社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/01/08
ページ数
270ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,590 (本体¥6,900+税10%)

特記事項
Android端末では、ページ表示に時間がかかる場合がございます。
印刷版ISBN
978-4-7581-2248-1
印刷版発行年月
2020/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
30 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

エキスパートらによる,エピゲノムによる遺伝子発現制御をさらに一歩深く見るための最先端プロトコール集.シングルセルレベルの解像度や,空間情報も求められる時代に,本当に使える実験法はこれだ!

目次

第1章 NGSによるクロマチン解析
1 転写因子の結合部位やヒストン修飾の集積する領域を特定する―実践的ChIP-seq〔プロトコール〕
2 少数サンプルよりタンパク質が結合しているDNA領域を特定する―CUT&RUN〔プロトコール〕
3 1細胞レベルで転写因子やヒストン修飾のゲノム上の局在を特定する―ChIL-seq〔プロトコール〕
4 オープンクロマチン領域を特定する―ATAC-seq〔プロトコール〕
5 メチローム解析のための高効率なライブラリー調製法―tPBAT法〔プロトコール〕
6 1細胞全ゲノム複製ドメイン解析と核内コンパートメントの推定―scRepli-seq法〔プロトコール〕
7 三次元クロマチン構造を捉える―Hi-C法〔プロトコール〕
8 限定した領域のクロマチン三次元構造を捉える―Capture Hi-C法〔プロトコール〕
9 探索型解析によるクロマチンNGSデータ分析のコツ〔レビュー〕

第2章 イメージングによるクロマチン解析
I.固定細胞
1 標的タンパク質,RNAおよびゲノムDNAを同時に見る―Immuno-RNA-DNA-FISH〔プロトコール〕
2 クロマチンアクセシビリティを見る―ATAC-see〔プロトコール〕
3 1細胞内のRNA分子の局在可視化と絶対定量―smFISHとsmiFISH〔プロトコール〕
II.ライブイメージング
4 転写および翻訳のダイナミクスを1分子の解像度で追跡する技術〔レビュー〕
5 ショウジョウバエ初期胚を用いた転写活性の1細胞ライブ計測―MS2/MCPシステム〔プロトコール〕
6 ゲノム上の特定領域をライブイメージングで捉える―TetO/TetRシステム〔プロトコール〕
7 生きた細胞でクロマチン修飾変化を見る―Mintbody〔プロトコール〕

第3章 最先端オミクス解析
1 イメージングによる空間配置情報を保持した1細胞トランスクリプトーム解析―seqFISH+〔レビュー〕
2 局所的かつ高深度の空間トランスクリプトーム技術―Photo-Isolation Chemistry〔レビュー〕
3 空間的遺伝子発現が明らかにする新しい組織学研究―Visium空間的遺伝子発現ソリューション〔レビュー〕
4 1細胞レベルで転写産物とタンパク質を同時に解析する―CITE-seq〔レビュー〕