医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

肝内胆管癌診療ガイドライン 2021年版【電子版】

日本肝癌研究会 (編)

出版社
金原出版
電子版ISBN
978-4-307-80422-6
電子版発売日
2021/02/08
ページ数
88ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,300 (本体¥3,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-307-20422-4
印刷版発行年月
2020/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
6 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

原発性肝癌の一つである肝内胆管癌にフォーカスした日本初のガイドラインを刊行。肝内胆管癌に関する疫学、危険因子、進行度分類および病理学的事項などの基本事項はBackground Statementとして解説し、診断、外科治療、穿刺局所療法、薬物療法、放射線治療などの各領域についてはClinical Questionを設定。加えて肝門部胆管癌と肝内胆管癌の肝門部浸潤の区別についてもClinical Topicsとして記載した。肝内胆管癌診療において必携の一冊。

目次

肝内胆管癌診療ガイドライン2021 年版 委員の利益相反に関して

Background Statements/Clinical Topics/Clinical Questions 一覧

本ガイドラインについて
 総論
 各論

アルゴリズム
 肝内胆管癌治療アルゴリズム
 肝内胆管癌治療アルゴリズムの解説

Background Statements/Clinical Topics
 全世界における肝内胆管癌の罹患率の変動と地域特性
 肝内胆管癌発生の危険因子
 本邦と欧州における肝内胆管癌の進行度(Stage)分類の相違点
 肝内胆管における前癌・早期癌病変
 肝内胆管における腫瘍類似病変
 肝門部胆管癌と肝内胆管癌の肝門部浸潤の区別は可能か?

Clinical Questions
 有効なスクリーニング法はあるか?
 診断に有用な臨床検査は何か?
 診断に有用な画像検査は何か?
 腫瘍の進展範囲(T因子)の診断に有用な検査は何か?
 リンパ節転移の診断に有用な画像検査は何か?
 遠隔転移の診断に有用な画像検査は何か?
 腫瘍生検はどのような症例に行われるべきか?
 腫瘍条件からみた外科治療の適応は?
 安全で合理的な手術術式は?
 リンパ節郭清に意義はあるのか?
 穿刺局所療法の適応となる症例は?
 切除不能肝内胆管癌に推奨される薬物療法は何か?
 術前化学療法は推奨されるか?
 術後補助化学療法は推奨されるか?
 切除不能肝内胆管癌に定位放射線治療は推奨されるか?
 切除不能肝内胆管癌に粒子線治療は推奨されるか?

肝内胆管癌診療ガイドライン2021年版 外部評価の結果

略語一覧

索引