医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

頭頸部がん薬物療法ハンドブック 改訂3版【電子版】

藤井 正人 (監修) 田原 信 清田 尚臣 (編集)

ライフ・エクステンション研究所付属永寿総合病院耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍センター/国立がん研究センター東病院頭頸部内科/神戸大学医学部附属病院腫瘍センター

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/11/25
ページ数
263ページ
 判型
B6変型
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,300 (本体¥3,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-498-02288-1
印刷版発行年月
2021/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
34 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

頭頸部がん薬物療法に特化したマニュアルとして好評を博した書の改訂第3版.専門病院のスタッフのみならず,一般病院のスタッフにも役立つよう,頭頸部がんの薬物療法に特徴的な臨床上のコツや支持療法を平易にまとめている.今版では近年の新薬の導入を踏まえ,転移・再発がんに対する治療法を重点的に加えた.執筆陣には経験豊富な各エキスパートを集め,実際の現場での治療立案・実践および副作用管理に役立つ実践書である.

目次

第I章 総 論

1 薬物療法を始める前に〈清田尚臣〉
 [1]頭頸部がんに対するがん薬物療法を始める前に
 [2]頭頸部がんに対するがん薬物療法を行うときの注意点
  [Column]がん治療における臨床試験の意義〈清田尚臣〉
2 頭頸部がんにおける薬物療法〈清田尚臣,藤井博文〉
 [1]薬物療法
 [2]化学放射線療法
 [3]導入化学療法
 [4]補助化学療法
 [5]緩和的がん薬物療法
3 外来薬物療法〈田原 信〉
 [1]外来薬物療法の意義
 [2]外来薬物療法の実施状況とその課題
 [3]外来薬物療法を実施する上で必要なもの
4 多職種との連携のしかた〈田原 信〉
 [1]薬剤師の役割〈鈴木真也〉
 [2]看護師の役割〈中盛祐子,全田貞幹〉
 [3]言語聴覚士の役割〈高橋美貴,丹生健一〉
 [4]医療ソーシャルワーカーの役割〈坂本はと恵〉
  [Column]がん治療と就労支援〈坂本はと恵〉

第II章 がん薬物療法各論

1 局所進行頭頸部がんに対する治療法
 [1]CDDP併用化学放射線療法〈田原 信〉
 [2]Weekly?CDDP併用化学放射線療法〈清田尚臣〉
 [3]セツキシマブ+放射線療法〈岡野 晋〉
 [4]導入化学療法〈榎田智弘〉
  [Column]導入化学療法の考え方,今後の動向〈榎田智弘〉
2 転移・再発頭頸部がんに対する治療法
 [1]5-FU+CDDP/CBDCA+ペムブロリズマブ療法〈岡野 晋〉
 [2]5-FU+CDDP+セツキシマブ療法〈上田百合〉
  [Column]シスプラチン(プラチナ)製剤抵抗性とは〈横田知哉〉
 [3]ペムブロリズマブ〈岡野 晋〉
 [4]ニボルマブ〈今村善宣〉
  [Column]がん免疫療法最前線〈北野滋久〉
 [5]PTX+セツキシマブ併用療法〈横田知哉〉
 [6]ドセタキセル療法〈高橋俊二,仲野兼司〉
 [7]Weekly PTX療法〈小山泰司〉
 [8]TS-1療法〈横田知哉〉
  [Column]頭頸部がんとHPV〈齊藤祐毅〉
3 甲状腺がんに対する薬物療法
 [1]レンバチニブ〈佐藤方宣,田原 信〉
 [2]ソラフェニブ〈和田明久,田原 信〉
 [3]バンデタニブ〈田中英基,田原 信〉
 [4]遺伝子パネル検査に基づく分子標的薬〈岡野 晋〉
  [Column]血管新生阻害薬開始のタイミング〈田原 信〉
  [Column]血管新生阻害薬の副作用管理〈田原 信〉
4 骨転移に対する治療法
 [1]ゾレドロン酸による骨転移の治療〈高橋俊二〉
 [2]デノスマブによる骨転移の治療〈高橋俊二,福田直樹〉
  [Column]頭頸部がんにおけるバイオマーカー〈榎田智弘〉

第III章 頭頸部がん薬物療法の副反応対策と支持療法

1 副反応の対策
 [1]発熱性好中球減少〈尾上琢磨,松本光史〉
 [2]抗がん薬による嘔気・嘔吐〈長谷善明,清田尚臣〉
 [3]腎障害(シスプラチンの減量規準を含む)〈門脇重憲〉
 [4]電解質異常〈藤澤孝夫,田原 信〉
  a)低Na血症
  b)低Mg血症
 [5]末梢神経障害,聴力障害〈小山泰司,清田尚臣〉
  a)抗がん薬による末梢神経障害
  b)抗がん薬による聴力障害
 [6]EGFR阻害薬による皮膚反応・マネージメント〈西澤 綾〉
 [7]薬剤性肺障害〈西村明子,清田尚臣〉
 [8]抗体薬によるインフュージョンリアクション〈岡野 晋〉
 [9]免疫関連有害事象〈須藤洋崇,清田尚臣〉
  [Column]がんと血栓症〈今村善宣〉
2 B型肝炎ウイルスの再活性化予防〈田中英基,田原 信〉
3 支持療法
 [1]放射線治療による粘膜炎〈全田貞幹〉
 [2]口腔ケア〈上野尚雄〉
 [3]放射線皮膚炎〈石井しのぶ,全田貞幹〉
 [4]栄養管理〈松浦一登〉
 [5]胃瘻〈岡野 晋〉
 [6]嚥下リハビリテーション〈高橋美貴,丹生健一〉
  [Column]高齢者におけるがん薬物療法〈伊東和恵〉
4 頭頸部がんのQOL評価〈清田尚臣〉

第IV章 付録

 [1]TNM分類〈今村善宣,清田尚臣〉
 [2]共用基準対応CTCAE 5.0抜粋版〈今村善宣,清田尚臣〉

索引