医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

精神科仕事術【電子版】

この科で働くことを決めた人が,やったほうがいいこと,やらないほうがいいこと

山下 隆之 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-64870-7
電子版発売日
2021/12/20
ページ数
176ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,200 (本体¥2,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-04870-5
印刷版発行年月
2021/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

精神科病棟は〝精神″というつかみどころのないものを対象にケアをするため、手技に頼れず、初めて足を踏み入れる人はとまどうことが多い。志半ばで離職する人が出ないよう、著者が「ここが精神科独自のケア技術、看護業務だ」と思う部分をノートに書き溜め、まとめたのがこの本。入職間もない時期から慣れた頃まで、期間別に何を「やったほうがいいこと、やらないほうがいいこと」を、その理由と共に記し解説する。

目次

はじめに

Chapter1 あると助かる予備知識
 業務の種類
 個人情報の扱い方
 法律
 申し送り
 医師への電話での問い合わせ・報告
 緊急時

Chapter2 期間別ナビゲーション
 最初の1週間 精神科で働くことを決めたあなたへ
 2週間目 まだ緊張の中にいるあなたへ
 3週間目 まだとまどいながら働いているあなたへ
 1か月目 日勤業務の流れがなんとなくつかめてきたあなたへ
 2か月目 周りの状況がさらに見えてきたあなたへ
 3か月目 仕事に慣れを感じ始めたあなたへ
 4か月目 精神科をもっと学びたくなってきたあなたへ
 5か月目 相手の身になって考えられるあなたへ
 6か月目 夜勤や入院患者さんへの対応が始まったあなたへ
 7か月目 セルフケアの課題に取り組むあなたへ
 8か月目 迷いが増えてきたあなたへ
 9か月目 「待つ」というケアに挑戦するあなたへ
 10か月目 言葉のスキルを上げていきたいあなたへ
 11か月目 退院後を視野に入れて患者さん・家族を支えていくあなたへ
 12か月目 組織・スタッフへの違和感を乗り越えていきたいあなたへ
 1年が経って 頑張って1年間続けてきたあなたへ

Chapter3 知っておきたいこと 考えておきたいこと
 もし「辞めたい」と思ったら
 私たちの仕事に関連する法律を理解しよう
 身体合併症に気をつけよう
 薬に関して
 暴力について考えておく必要があります
 見捨てられることに根深い恐怖を持っている患者さんへの対応
 自殺予防という重要な精神科看護について
 感染症の世界的蔓延という、特殊な危機時の自分のあり方について

おわりに