医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ぼくとがんの7年【電子版】

松永 正訓 (著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-64926-1
電子版発売日
2022/01/10
ページ数
248ページ
 判型
四六
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,980 (本体¥1,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-04926-9
印刷版発行年月
2021/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
6 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

患者の痛みを知り、医師は何を思う。医師と患者を足してがんで割ったらぼくが見えた。

小児がん外科医があるとき突然膀胱がんに。患者の痛みを知った医師はいったい何を思うのか。深刻だけど、ときどき前向き。そしてちょっとセンチメンタルな闘病記です。

目次

はじめに

第一章 医師、患者になる
 血尿が出た日
 がんとどう向き合うか?
 粘膜の内か外か?
 手術までが長い
 入院の日

第二章 痛みと合併症の日々
 術後に刺すような腹痛
 このままだと透析?
 今度は頭痛がやってきた
 何かあったらまたおいで

第三章 再発、そして死の受容について
 再び血尿
 恐怖がつのる
 魂の痛み
 2回目の手術
 術後化学療法へ
 BCG膀胱内注入療法には不安がいっぱい

第四章 関わりあって生きること
 燃える尿道
 湿布だらけの毎日
 悩めるがん患者
 軟性鏡の導入
 3回目の手術
 がんが消えて考えた

あとがき――がんになってよかったか