医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ガイドライン+αの

危険な咳・そうでない咳の見分け方【電子版】

松瀬 厚人 (著)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/01/17
ページ数
96ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,080 (本体¥2,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-1735-5
印刷版発行年月
2017/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
12 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

「咳嗽に関するガイドライン」作成委員の著者による一般内科医のための咳診療テキスト.咳は臨床現場で遭遇する頻度が極めて高い症候で,その原因疾患は多岐にわたり,肺癌などの重篤な原因疾患を見逃してはならない.本書では重篤な原因疾患を除外するための検査法から,診断前治療における処方の仕方とその評価,薬の止めどき,患者指導,専門医への紹介のタイミングなど,一般内科医が進める実際の診療の流れに沿って解説する.

目次

第1章 咳とはなにか
1 咳の定義・メカニズム・疫学
 咳とは?
 咳の出るメカニズム
 リアルワールドでの咳の実態調査
2 咳の分類
 乾性咳嗽と湿性咳嗽
 咳の持続期間による分類
3 危険な咳,そうでない咳
 危険な急性咳嗽
 危険な遷延性・慢性咳嗽:自験例の紹介
 まとめ
4 慢性呼吸器疾患に合併する咳嗽
 肺癌に伴う咳嗽
 特発性間質性肺炎(IPF)に伴う咳嗽
 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に伴う咳嗽
 睡眠時無呼吸症候群(SAS)に伴う咳嗽
5 咳嗽の評価法
 咳受容体感受性試験
 visual analog scale(VAS)
 咳嗽のQOL問診票
 咳嗽モニター
6 専門医へ紹介するタイミング
 初期対応で重篤な異常が認められた場合
 診断前治療が無効の場合
 再発例の場合
 紹介を受けた専門医として
7 『咳嗽に関するガイドライン』の使い方
 世界の咳嗽ガイドライン
 咳嗽ガイドラインの使い方
第2章 咳の診断・検査
1 咳嗽の原因疾患の診断
 咳嗽診断の原則
2 急性咳嗽の代表的な疾患の臨床像と原因疾患の診断法
 感染性咳嗽
 急性咳嗽診断の進め方
3 遷延性・慢性咳嗽の代表的な疾患の臨床像と原因疾患の診断法
 感染後咳嗽
 咳喘息(CVA)
 副鼻腔気管支症候群(SBS)
 胃食道逆流症(GERD)
 遷延性・慢性咳嗽の診断の実際
 一般診療所における遷延性・慢性咳嗽への対応の実際
 専門施設で行う検査
第3章 咳の治療
1 鎮咳薬による治療
 鎮咳薬の分類
 非特異的鎮咳薬の使い方
 漢方薬とハチミツ
2 咳嗽の非薬物療法
 慢性咳嗽の理学療法,会話療法
 今後の展望
3 感染性咳嗽の治療
 感染性咳嗽の治療方針
 抗菌薬を使うか使わないか
4 副鼻腔気管支症候群(SBS)の治療
 SBS治療の実際
5 咳喘息(CVA)の治療
 咳喘息の日常管理
 咳喘息の急性増悪時の管理
 咳喘息の治療期間
 日常生活指導
6 胃食道逆流症(GERD)による慢性咳嗽の治療
 GERDによる慢性咳嗽の治療
7 感染後咳嗽の治療
 感染後咳嗽の治療の考え方
8 原因不明の慢性咳嗽の治療
 cough hypersensitivity syndrome(CHS)について
 原因不明の慢性咳嗽に対する治療
9 その他の咳嗽の治療
 慢性気管支炎による咳嗽
 後鼻漏(PND)による咳嗽
 薬剤性咳嗽
 高齢者の咳嗽
 職業性・環境因子による咳嗽
 主な略語
索引

【Column】
 咳の患者は増えている?
 なぜ3週間?
 ガイドライン通りにやったのに
 アトピー咳嗽とは
 治療前診断が正しいかどうかの判断はどうする?
 聴診で炎症がわかる?
 市販の咳止めには何が入っているのか
 咳エチケットについて
 まずはエリスロマイシンから始める理由
 マクロライドと肺のマイクロバイオーム
 吸入指導の重要性
 喘息は治らない?
 飲酒と喘息
 吸入ステロイド単剤か吸入ステロイド+長時間作用型β2刺激薬合剤か?
 感染後咳嗽に対する長時間作用型吸入抗コリン薬の効果
 感染後咳嗽はどこまで止めるべきなのか
 咳の脳科学
 餅は餅屋