医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

言語聴覚士のための呼吸ケアとリハビリテーション 第2版【電子版】

石川 朗 (編著)

神戸大学

出版社
中山書店
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/01/24
ページ数
180ページ
 判型
B5変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,410 (本体¥3,100+税10%)

印刷版ISBN
978-4-521-74808-5
印刷版発行年月
2020/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

呼吸ケア・リハビリテーションは包括的チーム医療で行うといわれて久しい.
臨床での呼吸ケアの需要は確実に高くなっており,言語聴覚士にも呼吸ケア・リハビリテーションの知識・対応が求められている.
本書は,言語聴覚士のための呼吸ケアの入門書として,おさえておきたい基本知識だけでなく,臨床で遭遇する症例(摂食嚥下障害患者等)に対する介入ポイント・留意点をわかりやすく解説した.学生にも臨床家にも役立つ1冊.

目次

1章 言語聴覚士が行う呼吸リハビリテーション (野原幹司)
 1-1 呼吸リハビリテーション
  はじめに-リハビリテーションとは
  呼吸リハビリテーションとは
  言語聴覚士と呼吸リハビリテーション
  言語聴覚士が行う呼吸リハビリテーションの特徴
 1-2 呼吸リハビリテーションのニーズ
 1-3 発話と呼吸
  発話と呼吸の関係
  発話と呼吸リハビリテーション
 1-4 嚥下と呼吸
  嚥下と呼吸の関係
  嚥下時の呼吸
 1-5 誤嚥性肺疾患
  誤嚥性肺疾患の分類
  誤嚥性肺炎(狭義)
  誤嚥性肺臓炎
  びまん性嚥下性細気管支炎(DAB)
  誤嚥性肺炎の診断
 1-6 誤嚥性肺炎と呼吸リハビリテーション
  誤嚥性肺炎発症のバランス
  発症のバランスから考える誤嚥性肺炎の予防
 1-7 チーム医療
  呼吸リハビリテーションのチーム
  呼吸リハビリテーションチームにおける言語聴覚士の役割

2章 呼吸ケアのための基礎知識 (石川 朗)
 2-1 呼吸不全とは
  呼吸不全の定義と基準
  呼吸困難(息切れ)
 2-2 呼吸器の構造
  胸郭と呼吸筋
  気道と肺
 2-3 肺機能
  肺気量分画
  %肺活量・1秒率・%1秒量
 2-4 動脈血液ガス
  分圧とは
  動脈血液ガスからわかること
  ガス交換障害
 2-5 血液・生化学的検査
  C反応性蛋白(CRP)
  内臓蛋白
 2-6 画像所見
  胸部単純X線検査
  コンピュータ断層撮影(CT)検査
 2-7 薬物治療
  気管支拡張薬
  ステロイド
  吸入ステロイド+長時間作用性β2刺激薬
  喀痰調整薬
  マクロライド系抗菌薬
 2-8 酸素療法・在宅酸素療法
  酸素投与方法
  酸素療法における合併症
  在宅酸素療法
  ハイフローセラピー(ネーザルハイフロー)
 2-9 人工呼吸療法・在宅人工呼吸療法
  人工呼吸器とは
  なぜ人工呼吸器が必要なのか
  換気不全
  酸素化障害
  換気経路の種類
  在宅人工呼吸療法
 2-10 呼吸器疾患・病態
  慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  間質性肺炎(肺線維症)
  気管支喘息
  肺結核後遺症(陳旧性肺結核)
  医療・介護関連肺炎(NHCAP)
  誤嚥性肺炎
  神経筋疾患

3章 呼吸リハビリテーション (石川 朗)
 3-1 呼吸リハビリテーションの概要
  定義と概念
  呼吸リハビリテーションの対象者
  呼吸リハビリテーションの進め方
  呼吸リハビリテーションの目的と効果
 3-2 呼吸リハビリテーションチームの構成と役割
  チーム・カンファレンス
 3-3 セルフマネジメント教育(患者指導)
  セルフマネジメント教育とは
  呼吸器疾患の基礎知識
  自己管理と日常生活指導
  薬物治療に関する指導
  栄養に関する指導
  心理的サポート
 3-4 環境整備
  環境整備のポイント
  一般的な住環境の整備
  在宅酸素療法(HOT)患者の住環境の整備
  在宅人工呼吸療法(HMV)患者の住環境の整備
 3-5 身体活動
  身体活動とは
  身体活動を高めるために
  障害者フライングディスク競技
 3-6 在宅プログラムとフォローアップ
  プログラムの理解
  プログラムの簡素化
  フィードバック(日誌)の活用
  フォローアップ
  訪問看護の導入
  目標設定
 3-7 包括的呼吸リハビリテーションプログラムの実際
  6週間呼吸リハビリテーションプログラム
  2週間入院プログラム+訪問看護
 3-8 ABCDEバンドル
  ABCDEバンドルとは
  ABCDEバンドルの応用

4章 呼吸理学療法 (石川 朗)
 4-1 呼吸理学療法とは
  呼吸リハビリテーションと呼吸理学療法
  呼吸理学療法の進め方
  言語聴覚士が行う呼吸理学療法のポイント
 4-2 評価
  医療面接
  CAT
  フィジカルアセスメント
  運動耐容能・ADLとQOL・その他の検査と測定
  ICFによる呼吸障害の捉え方
 4-3 基本手技:コンディショニング
  リラクセーション
  呼吸法と呼吸練習
  胸郭可動域トレーニング
  排痰法(気道クリアランス法)
 4-4 運動療法
  運動療法の概念
  運動処方とFITT
  運動療法中の注意事項・パニックコントロール
  筋力トレーニング
  筋力トレーニングの実際
  全身持久力トレーニング
  呼吸筋トレーニング
  ながいき呼吸体操
  在宅プログラム
 4-5 ADLトレーニング
  ADLにおける呼吸困難
  入浴動作における呼吸困難とその対応
  ADLトレーニングのポイント

5章 言語聴覚士が行う呼吸リハビリテーションの実際 (野原幹司)
 5-1 摂食嚥下障害に対する呼吸リハビリテーションの特徴
  はじめに
  誤嚥性肺炎予防のための呼吸リハビリテーション
  口から食べ続けるための呼吸リハビリテーション
 5-2 呼吸の評価
  視診
  触診
  聴診
 5-3 誤嚥・誤嚥性肺炎予防のための呼吸理学療法
  深呼吸
  呼吸のコントロール
  咳嗽訓練
  胸郭可動域訓練(トレーニング)
 5-4 誤嚥時の対処法―誤嚥を肺炎につなげないために
  呼吸理学療法からのアプローチ
  口腔ケアからのアプローチ
  薬剤・ワクチンからのアプローチ
 5-5 窒息時の対応
  窒息の原因となる食物
  窒息物の確認
  固形物の窒息
  流動物の窒息
 5-6 呼吸リハビリテーションの実際
  脳卒中急性期の症例
  びまん性嚥下性細気管支炎(DAB)の症例
  呼吸が浅く誤嚥性肺炎を呈していた症例
  唾液の不顕性誤嚥を呈していた症例
  不顕性誤嚥の症例