医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ケースで学ぶ

実践!水・電解質診療【電子版】

多様な臨床現場でこう考える!こう治療する!

和田 健彦 (編)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/06/20
ページ数
248ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,940 (本体¥5,400+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-2065-2
印刷版発行年月
2022/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
148 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

日常臨床に潜み,あらゆる臨床現場で遭遇する水・電解質・酸塩基平衡異常.その対応は決して腎臓内科医だけが担うわけではない.本書は,内科の様々な分野における水・電解質異常について考え方と対応のポイントを症例ベースで解説する.押さえておくべき生理学的知識と体液・各電解質異常に関する病態・診断・治療についての解説とあわせて,一冊で各臨床領域における水・電解質異常診療について理解を深められるよう網羅した.

目次

第Ⅰ章 水・電解質診療の理論と実践
 1.体液量はどのように一定に保たれるか?
  溢水(うっ血性心不全)のみかた
  溢水(ネフローゼ症候群)のみかた
  脱水(体液量減少)のみかた
 2.血清Na濃度はどのように一定に保たれるか?
  低Na血症のみかた
  高Na血症のみかた
 3.血清K濃度はどのように一定に保たれるか?
  低K血症のみかた
  高K血症のみかた
 4.血清Ca・P・Mg濃度はどのように一定に保たれるか?
  高Ca血症のみかた
  低Ca血症のみかた
  P代謝異常のみかた
  Mg代謝異常のみかた
 5.酸塩基平衡はどのように保たれるか?
  代謝性アシドーシスのみかた
  代謝性アルカローシスのみかた

第Ⅱ章 各臨床領域における水・電解質異常診療のポイント
 1.どのような症状・所見に遭遇したら水・電解質・酸塩基平衡異常を疑うか?
 2.高齢者診療における水・電解質異常
 3.がん診療における水・電解質異常
 4.循環器疾患と水・電解質異常
 5.感染症診療における水・電解質異常
 6.熱中症と水・電解質異常
 7.摂食障害/refeeding症候群と水・電解質異常
 8.遺伝子異常による水・電解質異常
 9.医原性・薬剤性の水・電解質異常
 10.消化器(肝臓)領域における水・電解質異常
 11.呼吸器疾患と水・電解質異常
 12.血液疾患と水・電解質異常
 13.リウマチ・膠原病領域における水・電解質異常
 14.糖尿病診療における水・電解質異常
 15.内分泌診療における水・電解質異常
 16.透析診療における水・電解質異常
 17.腎移植患者における水・電解質異常

索引