医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

生活期のリハビリテーション医学・医療テキスト【電子版】

一般社団法人 日本リハビリテーション医学教育推進機構 (他監)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-64146-3
電子版発売日
2022/08/01
ページ数
248ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,520 (本体¥3,200+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-04146-1
印刷版発行年月
2020/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
36 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

地域包括ケアシステムが推進されるいま、改善できた活動を長期にわたって維持し、実生活を通してさらなる活動の向上を目指す生活期のリハビリテーション医学・医療は重要な役割を担っている。生活期のリハビリテーション医学・医療を、複雑な医療・介護制度や社会資本の活用方法も含めて、簡潔でわかりやすい文章により一読して理解できる。リハビリテーション科医だけでなく、かかりつけ医、研修医、関連職種にも必読の1冊

目次

I.生活期のリハビリテーション医学・医療総論
 1 リハビリテーション医学・医療の概要
  1 リハビリテーション医学・医療の意義─活動を育む医学─
  2 活動を育むとは
  3 生活期のリハビリテーション医学・医療の考え方
 2 生活期のリハビリテーション医療の意義
  1 医療提供体制の変化とリハビリテーション医療
  2 生活期のリハビリテーション医療・リハビリテーションマネジメントの考え方
  3 生活期のリハビリテーション医療・リハビリテーションマネジメントの提供
  4 生活期のリハビリテーション医療・リハビリテーションマネジメントの実際
 3 生活期に利用できる医療・介護とその利用方法
  1 外来でのリハビリテーション診療
  2 通所リハビリテーション(デイケア)
  3 訪問リハビリテーション
  4 居住型施設におけるリハビリテーションマネジメント
  5 利用手順(介護保険適応の訪問・通所リハビリテーション)
 4 在宅医療における生活期のリハビリテーション医療の必要性
  1 在宅医療の意義
  2 多様化する在宅医療
  3 在宅医療の実際
  4 在宅医療と生活期のリハビリテーション医療との親和性
 5 施設における生活期のリハビリテーション医療の必要性
  1 施設でのリハビリテーション医療
 6 生活期のリハビリテーション医療におけるかかりつけ医とリハビリテーション科医
  1 かかりつけ医とは何か?
  2 生活期のリハビリテーション医療とかかりつけ医
 7 地域におけるチームアプローチと連携のとり方
  1 生活期のリハビリテーション医療を担うチーム
  2 急性期・回復期を担う医療機関が提供すべき情報
 8 地域包括ケアシステムにおける生活期のリハビリテーション医学・医療の位置付け
  1 地域包括ケアシステム
  2 地域包括ケアシステムにおけるネットワークの作り方
  3 地域リハビリテーションと生活期のリハビリテーション医療
  4 地域包括ケアシステムにおける生活期のリハビリテーション医療

II.生活期のリハビリテーション医療の進め方
 1 診断・目標設定・治療方針・リハビリテーション処方
  1 生活期のリハビリテーション医療を行う目的
  2 評価の際の留意点
  3 目標設定のポイント
  4 リハビリテーション治療内容を決定する際の注意点
 2 チームアプローチのためのカンファレンス
  1 チームアプローチの意義
  2 生活期に向けた退院前カンファレンス
  3 サービス担当者会議
  4 リハビリテーション会議
 3 外来でのリハビリテーション診療
  1 外来でのリハビリテーション診療の意義・目的・現状
  2 外来でのリハビリテーション診療の実際
 4 通所リハビリテーション
  1 通所リハビリテーションとは何か
  2 通所リハビリテーションの実際
 5 訪問リハビリテーション
  1 訪問リハビリテーションの概略
  2 訪問リハビリテーションの制度
  3 訪問リハビリテーションの対象者
  4 訪問リハビリテーションで行われる訓練等
  5 訪問リハビリテーションの注意点と課題
 6 生活期に必要な医療・介護制度
  1 生活期で利用できる制度とそのしくみ
  2 生活期のリハビリテーションアプローチで行われる支援
 7 社会での活動のためのリハビリテーション支援
  1 社会での活動の支援の考え方
  2 移動に関する支援
  3 障害者雇用のための支援
  4 余暇活動

III.生活期のリハビリテーション医療の実際
 1 生活期のリハビリテーション医療の対象となる疾患・障害・病態
  1 生活期のリハビリテーション医療の原因疾患
  2 脳血管障害
  3 運動器疾患
  4 脊髄損傷
  5 神経・筋疾患
  6 小児疾患
  7 リウマチ性疾患
  8 循環器・呼吸器疾患
  9 内分泌代謝性疾患
  10 摂食嚥下障害
  11 排尿・排便障害
  12 がん
  13 フレイル・サルコペニア・ロコモティブシンドローム
  14 高次脳機能障害・認知症
 2 リハビリテーション診断の項目と治療目標の設定
  1 概要
  2 診断
  3 治療目標の設定
 3 生活期のリハビリテーション治療の選択とその処方
  1 概要
  2 外来でのリハビリテーション治療
  3 通所リハビリテーション
  4 訪問リハビリテーション
 4 加齢や障害に代表的な併存疾患・合併症とその診断・治療・予防
  1 併存疾患・合併症の定義
  2 誤嚥と誤嚥性肺炎
  3 尿路感染
  4 褥瘡
  5 関節拘縮
  6 低栄養
  7 心肺機能低下
  8 骨粗鬆症
 5 予防と治療としての高齢者の身体機能増強
  1 高齢者の身体機能増強の有効性
  2 転倒予防について
  3 介護予防について
  4 高齢者の身体活動ガイドライン
  5 高齢者の主体性を引き出すプログラム
  6 リハビリテーション科医の役割
 6 補装具・日常生活用具の種類・用途と給付制度
  1 補装具,日常生活用具の概要
  2 歩行補助具(杖・歩行器)
  3 下肢装具
  4 車いす
  5 座位保持装置
  6 移動用リフト
  7 補装具の給付制度
  8 障害者総合支援法による補装具の支給
 7 生活期のリハビリテーション医療における栄養管理
  1 生活期における栄養管理の必要性
  2 栄養状態の評価について
  3 栄養摂取の方法について
  4 リハビリテーション治療の効果を高めるための栄養管理
  5 リハビリテーション治療とエネルギー量について
  6 運動療法における負荷・頻度について
  7 生活期に生じやすい病態への栄養管理
 8 生活期のリハビリテーション医療におけるリスク管理
  1 生活期のリハビリテーション医療とリスク管理
  2 リハビリテーション医療における安全管理・推進のためのガイドライン
  3 ハイリスク患者の識別
  4 患者の状態が変化した時の対応
  5 事故対策のための環境調整と患者指導

IV.生活期のリハビリテーション医療の対象疾患・障害・病態
 1 脳血管障害
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際
 2 運動器疾患
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際
 3 脊髄損傷
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際
 4 神経・筋疾患
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際
 5 小児疾患
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際
 6 リウマチ性疾患
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際
 7 循環器・呼吸器疾患
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際
 8 内分泌代謝性疾患(肥満,生活習慣病)
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際
 9 摂食嚥下障害
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際
 10 排尿・排便障害
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際
 11 がん
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際
 12 フレイル・サルコペニア・ロコモティブシンドローム
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際
 13 高次脳機能障害・認知症
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際
 14 複合障害・終末期
  1 概要
  2 診断
  3 治療の実際

便覧 生活期のリハビリテーション医学・医療便覧
 1 関節可動域表示ならびに測定法
 2 生活期のリハビリテーション診療の評価法
 3 職業リハビリテーション関連機関
 4 生活期のリハビリテーション診療に役立つ漢方薬の知識

索引