医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

骨転移診療ガイドライン (改訂第2版)【電子版】

日本臨床腫瘍学会 (編)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-20451-9
電子版発売日
2023/01/23
ページ数
161ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,300 (本体¥3,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-524-23191-1
印刷版発行年月
2022/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

日本臨床腫瘍学会編集による、がんの骨転移における診療ガイドラインの改訂版.関係する専門家により初版の内容をブラッシュアップし、ほぼ倍増となる48のClinical Questionとしてまとめた.初版に引き続き,骨転移の病態・診断・治療・ケアについて要点を整理しているほか,今回の改訂では特に,外科治療やリハビリテーション医療など,積極的な介入について提示している.がん診療に携わる医師,チーム医療で患者ケアにあたる医療者の必携書.

目次

【主要目次】
・骨転移診療ガイドライン改訂第2版 発刊にあたって
・骨転移診療ガイドライン改訂第2版 発刊によせて
・はじめに
・略語一覧
・骨転移診療のアルゴリズム
 
総 説
1 骨転移の病態
 1.疫学
 2.病理
 3.骨転移の細胞生物学
2 骨転移の診断
 1.診察
 2.生化学
 3.画像診断
3 骨転移の治療とケア
 1.整形外科的治療の目的と意義
 2.放射線治療の意義
 3.薬物療法の意義
 4.緩和ケアの意義
 5.リハビリテーション医療の意義
 6.看護の意義
4 高齢者,サルコペニア,フレイル患者の骨転移治療
 
Question
 Background Question 1 骨転移の有無は予後を規定するか?
 Background Question 2 緊急に対応が必要な骨転移の病態は何か?
 Background Question 3-1 骨転移診断に単純X線は推奨されるか?
 Background Question 3-2 骨転移診断にCTは推奨されるか?
 Background Question 3-3 骨転移診断にMRIは推奨されるか?
 Background Question 3-4 骨転移診断に骨シンチグラフィーは推奨されるか?
 Background Question 3-5 骨転移診断に18F-FDG-PET/CTは推奨されるか?
 Background Question 4 骨転移診断に病理学的検査は必要か?
 Clinical Question 5 骨転移を有する原発不明がん患者において,骨転移巣を用いた遺伝子パネル検査は原発巣の同定に有用か?
 Clinical Question 6 キャンサーボードや院内骨転移登録は骨転移診療に有用か?
 Clinical Question 7 脊髄圧迫症状を呈する転移性脊椎腫瘍の治療に手術は有効か?
 Clinical Question 8 病的骨折や切迫骨折のリスクのある四肢長管骨の骨転移に手術は有効か?
 Future Research Question 9 造骨型骨転移への治療介入は骨関連事象(SRE)の予防に有効か?
 Clinical Question 10 骨転移の治療に装具は有効か?
 Clinical Question 11 四肢長管骨骨転移に対し,腫瘍切除術および人工関節置換術の実施は有効か?
 Clinical Question 12 脊椎転移における画像評価は,麻痺の予防や予測に有効か?
 Clinical Question 13 四肢長管骨の病的骨折に対する手術では骨セメントの使用は有用か?
 Clinical Question 14 骨転移症例における予後予測スコアリングは有用か?
 Future Research Question 15 骨転移患者に対する転移巣以外の骨関節手術は有用か?
 Clinical Question 16 骨転移患者の歩行能力維持のための介入は有用か?
 Clinical Question 17 骨転移の痛みの緩和に外照射は有効か?
 Clinical Question 18 有痛性脊椎転移に体幹部定位放射線治療は有効か?
 Clinical Question 19 過去に外照射を受けた骨転移の痛みの緩和に再照射は有効か?
 Clinical Question 20 骨転移の治療に経皮的椎体形成術(セメント充?術)は有効か?
 Future Research Question 21 骨転移の治療にアブレーション治療は有効か?
 Clinical Question 22-1 肺がんの骨転移の治療に骨修飾薬(BMA)は有効か?
 Clinical Question 22-2 乳がんの骨転移の治療に骨修飾薬(BMA)は有効か?
 Clinical Question 22-3 前立腺がんの骨転移の治療に骨修飾薬(BMA)は有効か?
 Clinical Question 23 骨転移を有する前立腺がんの治療に新規内分泌療法や抗がん薬は有効か?
 Clinical Question 24-1 多発性骨髄腫の骨病変の治療に薬物療法は有効か?
 Clinical Question 24-2 消化器がん,その他(肺がん,乳がん,前立腺がん,造血器腫瘍を除く)のがんの骨転移の治療に骨修飾薬(BMA)は有効か?
 Future Research Question 25 骨転移に免疫チェックポイント阻害薬(ICI)は有効か?
 Future Research Question 26 骨転移に対する骨修飾薬(BMA)治療中に骨関連事象(SRE)が発現した患者に対するBMA治療の変更は有用か?
 Background Question 27 骨修飾薬(BMA)投与に伴う有害事象は何か?
 Clinical Question 28 ゾレドロン酸の投与間隔を4週から12週とすることは許容されるか?
 Background Question 29 骨修飾薬(BMA)投与前の歯科介入は顎骨壊死(ONJ)を予防するか?
 Future Research Question 30 骨修飾薬(BMA)で治療中の骨転移患者における非定型大腿骨骨折(AFF)発症予防は可能か?
 Future Research Question 31 骨転移の治療に外照射と骨修飾薬(BMA)の併用は有効か?
 Future Research Question 32 骨代謝マーカーは骨転移を有するがん患者の治療モニタリングに有用か?
 Clinical Question 33 骨転移の治療効果判定に有効な画像診断法は何か?
 Background Question 34-1 骨転移の痛みの緩和に非オピオイド鎮痛薬(NSAIDs,アセトアミノフェン)は有効か?
 Clinical Question 34-2 骨転移の痛みの緩和に鎮痛補助薬は有効か?
 Background Question 35 骨転移の痛みの緩和にオピオイド鎮痛薬は有効か?
 Background Question 36 骨転移疼痛緩和にストロンチウム-89などの内用療法は有効か?
 Clinical Question 37 去勢抵抗性前立腺がん骨転移においてラジウム-223内用療法は有効か?
 Clinical Question 38 骨転移のある患者にリハビリテーション医療を実施することは推奨されるか?
 Future Research Question 39 病的骨折のある患者の外科的治療後にリハビリテーション医療は有用か?
 Future Research Question 40 痛みのある骨転移患者に対するマネジメント教育は有効か?
 Future Research Question 41 痛みのある骨転移患者にマッサージは有用か?

用語集

索引