医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

新商品(雑誌)

Gノート Vol.7 No.4

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/06

【特集】現場で知っトク!歯と口腔の基礎知識
う蝕・歯周病の機序は?義歯をしている患者の診療の注意点は?小児の歯の発達・おしゃぶりの是非は?歯科紹介のポイントは?口腔の解剖…など,医師に知っておいてほしい歯科・口腔外科領域の知識を簡単に解説!

臨床画像 Vol.36 No.6

出版社:メジカルビュー社

印刷版発行年月:2020/05

【特集】領域別 経過観察画像の要点

臨牀消化器内科 Vol.35 No.6

出版社:日本メディカルセンター

印刷版発行年月:2020/05

消化管疾患のER-診断と治療のポイント
 本特集は明日遭遇するかもしれない対応困難な症例を意識した内容になっています.出血点の同定が困難な下部消化管出血より、多くの治療法が開発された上部消化管出血の死亡率が高いことは、改めて消化管出血治療の難しさが伺えます.心窩部痛症例の造影CTで描出される心筋梗塞には度胆を抜かれます.

臨床検査 Vol.64 No.6

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/05

今月の特集 超音波検査報告書の書き方 良い例,悪い例 -

臨床眼科 Vol.74 No.6

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/05

特集 第73回 日本臨床眼科学会講演集[4] -

臨床整形外科 Vol.55 No.5

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/05

特集 臨床整形超音波学 エコー新時代、到来。〔特別付録Web動画付き〕 編集室より:本号では関連する動画を配信しています。ぜひご覧ください。
※ 配信・閲覧期限:発行後3年間
※ ファイルは予告なしに変更・修正,または配信を停止する場合もございます。あらかじめご了承ください。

臨床外科 Vol.75 No.6

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/05

特集 膵癌診療ガイドライン改訂を外科医はこう読み解く ディベート&ディスカッション 膵癌診療ガイドラインが2019年7月に改訂された.膵癌に対する治療は刻刻と変化している.そのような状況の中でいまだに結論が明確になっていない点も残されており,日常の診療の中で悩ましい状況に遭遇することも稀ではない.本特集では,そのような残された諸問題に対して,エキスパートに誌上ディベート&ディスカッションをしていただいた.日々の診療の参考にしていただければ幸いである.

脳神経外科 Vol.48 No.5

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/05

実験医学 Vol.38 No.9

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/05

【特集】酸素環境と臓器機能
生体内には多彩で動的な酸素環境が存在します.細胞や臓器はどのようにこの酸素環境を感知・応答するのか,疾患との関わりも含め最前線研究をご紹介します.新しい酸素生体イメージング法も注目です.

関節外科 基礎と臨床 Vol.39 No.6

出版社:メジカルビュー社

印刷版発行年月:2020/05

【特集】股関節領域の術前・術中支援技術 Up to date

検査と技術 Vol.48 No.6

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/05

胃と腸 Vol.55 No.5

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/05

特集 消化管腫瘍の内視鏡診断2020 -

medicina Vol.57 No.6

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/05

特集 教えて!健診/検診“ホントのところ”エビデンスを知り,何を伝えるか 診断や治療に比べて、日常診療で健診や検診のエビデンスを意識する機会は少ない。しかし漠然と「受けておくに越したことはない」と考えて、患者や家族に勧めてはいないだろうか。見落とされがちだが、健診/検診のデメリットとは、単に「侵襲性があるか」といったことだけではない。本特集では現状のエビデンスに基づいて、患者や家族にどのような情報を提供すべきなのかを明らかにする。

臨床雑誌外科 Vol.82 No.6

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2020/05

消化器悪性腫瘍診療におけるガイドラインの功罪 1937年創刊。外科領域の月刊誌では、いちばん長い歴史と伝統を誇る。毎号特集形式で、外科領域全般にかかわるup to dateなテーマを選び最先端の情報を充実した執筆陣により分かりやすい内容で提供。一般外科医にとって必要な知識をテーマした連載が3~4篇、また投稿論文も多数掲載し、充実した誌面を構成。

総合リハビリテーション Vol.48 No.5

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/04

特集 周術期のリハビリテーション診療 何を考え何を診て何をするのか 手術治療では患者に大きな侵襲が加わるため,一定期間の安静・不動を強いることになり,これが合 併症につながる可能性があります.また,手術によっては安静・不動と無関係な合併症を生じることも あります.リハビリテーション診療はこれらの合併症の予防や治療だけでなく,患者の機能向上にも役 立ちます.そして周術期リハビリテーションは手術の対象となる疾患,手術内容を十分に理解してこそ 力を発揮すると考えられます.そこで,本特集では,周術期リハビリテーションを行うにあたり,何を 考えて何を診て何をするのかを解説していただきました.

臨床皮膚科 Vol.74 No.5

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/04

特集 最近のトピックス2020 -

臨床泌尿器科 Vol.74 No.5

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/04

特集 ここが変わった! 膀胱癌診療 新ガイドラインを読み解く -

BRAIN and NERVE Vol.72 No.5

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/04

特集 多発性硬化症の現在と未来 多発性硬化症(MS)は日本でも患者数が着実に増えており,疾患修飾薬として既に6剤 が使用可能となっている。しかし,欧米で使用可能となっている薬剤がすべて日本に上 陸している状況にはなく,診断・治療においてはいまだ大きな問題を抱えたままである。本特集では疫学,診断基準,画像,認知機能障害,治療という多角的な視点から,現時 点の最新知見をエキスパートに解説していただく。

画像診断 Vol.40 No.6(2020年5月号)

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2020/04

【特集】腎・泌尿器の画像診断update 本特集では,前立腺癌の病理診断からMRIガイド下生検やPET/CT,膀胱癌のMRI診断,腎腫瘍の画像診断について,腎・泌尿器の画像診断における最新トピックを多数紹介し解説.この1冊で最新知識がupdateできる.

画像診断 Vol.40 No.5(2020年4月号)

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2020/03

【特集】基礎から学ぶ肺癌の画像診断 本特集では,日々進化していく肺癌診療について,日頃から少し気になっている所見や,いつもの画像診断に少し追記して解説を加えたい所見など,肺癌診療の基礎となる所見を中心にわかりやすく解説.

前のページ 1 2 次のページ