医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

新商品(雑誌)

臨牀透析 Vol.36 No.8

出版社:日本メディカルセンター

印刷版発行年月:2020/08

バスキュラーアクセス―トラブルを少なくするために
 余命が短い高齢者にいかにトラブルが発生しないVA を提供するかが大きな問題となってきている.今回はAVF,AVG,動脈表在化,血管留置カテーテルの適応および現状と問題点,また今ではAVF の管理や穿刺に欠かせなくなった超音波検査やVAIVT およびステント留置について詳しく解説してもらった.

消化器外科2020年8月号

出版社:へるす出版

印刷版発行年月:2020/08

英語論文作成のコツ 2019年11月に開催された第81回日本臨床外科学会総会のシンポジウムでは、英語論文作成についてのシンポジウムが組まれた。本号では同シンポジウムでご発表された先生方が筆者となり、そのコツを伝授。外科医が少しでも容易に英語論文を作成できるような実用的な特集となっている。

救急医学2020年8月号

出版社:へるす出版

印刷版発行年月:2020/08

救急医の国際貢献・国際交流;身につけるべき知識と技術 留学、研修、援助、協働、移住…さまざまな形での医療における国際貢献・国際交流を実現するために、どのような環境や知識、スキルが必要なのか、実践者がリアルな目線で紹介・解説。救急医のための“グローバリズム・ガイドブック”がここに。

Heart View Vol.24 No.9

出版社:メジカルビュー社

印刷版発行年月:2020/08

【特集】一人でも慌てない知っておくべき心エコー図の掟! 何を見てどう評価するか

月刊/保険診療 2020年7月号

出版社:医学通信社

印刷版発行年月:2020/07

特集 2020年改定“完全攻略”マニュアル〔Ⅱ〕~戦略と対策&新点数算定実例集~ 特集 2020年改定“完全攻略”マニュアル〔Ⅱ〕~戦略と対策&新点数算定実例集~
Part1 2020年改定への戦略と対策〔下〕
1 2020年度診療報酬改定への対応戦略と対策/田﨑年晃
2 2020年診療報酬改定における働き方改革と人事・賃金戦略/篠塚功
3 ビッグデータで見る2020年度診療報酬改定/石田貴子

Part2 2020年改定対策:6枚の企画書〔下〕
1 急性期病院の病棟再編への影響/酒井麻由美
2 急性期一般入院基本料改定への対応/草野康弘
3 病院における段階的な在宅医療の展開/椎野優樹
4 働き方改革関連の診療報酬改定/酒井麻由美

Part3 新点数による算定・請求実例集/栗林令子,株式会社ウォームハーツ・長面川さより,メニースターズ・星多絵子

視点Ⅰ 働き方改革の救世主登場か? メディカルチャット /浅野信久
視点Ⅱ 医療界の歪な構造 〜なぜ巨額の賃金未払いは発生したのか〜 /三隅達也


連載
厚生関連資料/審査機関統計資料
月間NEWSダイジェスト
介護保険/医学・臨床/医療事故NEWS
めーるBOX
■エッセイ・評論
NEWS縦断「外来医療の機能分化」/武藤正樹
こうして医療機関を変えてきた!/香川惠造
プロの先読み・深読み・裏読みの技術/工藤高
■臨床知識
カルテ・レセプトの原風景【絞扼性イレウス】イレウス それとも 腸閉塞/畑啓昭,武田匤弘
■医事・法制度・経営管理
病院&クリニック経営100問100答「タスクシフティングのための事務作業効率化」/太田昇蔵
医療事務Openフォーラム「医事で重要なのは『気付きの視点』」/新井良和
■請求事務
実践DPC請求Navi/須貝和則パーフェクト・レセプトの探求/株式会社ソラスト・坂井田晃
レセプト点検の“名探偵”/野中義哲
保険診療オールラウンドQA読者相談室/杉本恵申
休載:日本の元気な病院&クリニック,点数算定実践講座

レジデントノート Vol.22 No.9

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/08

【特集】ICUの機器を使いこなそう 人工呼吸器やモニター心電図といったICUでよく使う機器について,絶対的な適応や合併症に気づくためにモニタリングすべきポイントなど,研修医が押さえたい基本を解説します.各機器のアラーム対応の一覧も収載!

J-COSMO Vol.2 No.4

出版社:中外医学社

印刷版発行年月:2020/08

【Special Topic】座談会:インフォデミック すべての臨床医におくる『J-COSMO(ジェイ・コスモ)』.8月号のSpecial Topicは「座談会:インフォデミック」.感染症専門医として情報発信を続ける忽那賢志先生をゲストに迎え,新型コロナウイルス感染症を巡って顕在化する,ネットやメディアのさまざまな問題点等について考えます.重厚な連載陣も益々パワーアップ! 読めば必ず,あなたの明日からの診療が変わるはず.ぜひご購読ください.

Gノート Vol.7 No.5

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/08

【特集】ちょっとの工夫で大きく変わる! 問診力UPのSmall Teaching あなたの問診,診断のキー情報を引き出せていますか?実は少しの工夫で問診の質はグッと向上します!そんな小ワザをエキスパートの問診例で具体的に解説.13のSmall Teachingが明日の診療を変える!

臨床雑誌外科 Vol.82 No.9

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2020/08

膵癌治療の最前線 1937年創刊。外科領域の月刊誌では、いちばん長い歴史と伝統を誇る。毎号特集形式で、外科領域全般にかかわるup to dateなテーマを選び最先端の情報を充実した執筆陣により分かりやすい内容で提供。一般外科医にとって必要な知識をテーマした連載が3~4篇、また投稿論文も多数掲載し、充実した誌面を構成。

臨床雑誌内科 Vol.126 No.2

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2020/08

腎臓と他臓器連関を考える-CKDにおける包括的治療戦略を目指して 1958年創刊。日常診療に直結したテーマを、毎号"特集"として掲載。特集の内容は、実地医家にすぐに役立つように構成。座談会では、特集で話題になっているものを取り上げ、かつわかりやすく解説。

看護管理 Vol.30 No.8

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/07

特集 データを用いた現場の可視化で,組織の質を高める! 北里大学病院の情報マネジメント 病院看護部を取り巻くさまざまな環境,いわば「混沌」とした環境をマネジメントするためには,現場が持つデータ・情報を活かせる組織づくりが不可欠である。北里大学病院では,2009年に別府千恵氏が看護部長に就任して以来,情報管理とそのシステム開発に戦略的に取り組み,看護の質管理や職員のキャリア開発,就労環境の改善に活かしてきた。本特集では,同院における10年以上にわたる取り組みの全体像およびテーマ別・病棟別の実践と成果を,別府氏をはじめとする看護管理者と情報担当看護師がまとめる。同時に,看護部内に情報担当者を育成する価値についても考える。

助産雑誌 Vol.74 No.8

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/07

特集 胎児の病気が見つかった時 妊婦と家族のどんな選択も支える助産師に エコーも含む出生前検査や胎児診断が身近になった現在,おなかの赤ちゃんの病気-脊髄髄膜瘤,心臓病,ダウン症候群など-が分かることがあります。その場合,妊娠継続をするか,それとも産まない選択をするか,妊婦と家族は岐路に立たされます。いずれを選択しても,また,生まれてから赤ちゃんの障害が分かっても,妊婦と家族が孤独にならないように支援される体制が望まれます。特集では,助産師をはじめとする医療者が,どのようにすると妊婦たちを支えられるのか,現在のサポート体制や意思決定の考え方などをご紹介し,臨床の助産師ができる,具体的な支援方法を考えていきたいと思います。

訪問看護と介護 Vol.25 No.8

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/07

特集 災害への備え、どうする BCPの考え方と作り方 近年、全国各地で災害が相次いで発生しています。地震による被害、豪雨による冠水・洪水等は記憶に新しく、また、現在流行している新型コロナウイルス感染症もその1つと言えるでしょう。そうした避けられない緊急事態に遭遇した際、訪問看護ステーションに課せられるのは、スタッフを守り、組織への損害を最小限に止め、地域住民へのケアを維持させること、です。そのような事業継続のための計画「BCP(Business Continuity Plan)」を策定する必要性は、皆さんも耳にしたことがあるはず。では、訪問看護ステーションにおいてはそれをどのような視点で作っていけばよいのでしょうか。本特集では、BCPの作り方の解説を通し、災害を見据えた備え方をお伝えします。

保健師ジャーナル Vol.76 No.8

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/07

特集 新型コロナウイルス感染症 保健師の活動を記録する -

病院 Vol.79 No.8

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/07

特集 病院総合医を活かす 超高齢化と人口減少、働き方の変化、そして新型コロナウイルス感染症の発生によって、社会は変貌を遂げ、医療も転換を迫られている。病院はもはや診療領域の限られた専門医の集合体ではなく、多疾患をもつ高齢患者の生活を支えながら、一方で感染症にも対処しうるプロ集団として、各自が柔軟性を備えなくてはならない時代となった。そこで活躍が期待されるのが病院総合医である。本特集では病院総合医を活用する取り組みを紹介し、病院の新たな姿を模索する。

BRAIN and NERVE Vol.72 No.8

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/07

特集 サルコイドーシス サルコイドーシスは全身疾患であるが,診断困難例,難治例は神経系に集中している。しかしな がら神経サルコイドーシスには特異的な所見が極めて少なく,また,治療に関するエビデンスに 乏しいことから,脳神経内科では診断・治療に苦慮する疾患である。本特集では,神経サルコイ ドーシスに対してどのような診断・治療戦略を立てるべきか,また,どのような場合に神経サル コイドーシスを鑑別診断に挙げるべきなのかという点について論じていただく。

総合診療 Vol.30 No.8

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/07

特集 マイナーエマージェンシー門外放出 知っておくと役立つ! テクニック集 「マイナーエマージェンシー」とは、生命には緊急性はないが、医師の対応によっては専門診療科へ紹介する必要がなく自己完結できるものを言う。自信を持って対応する近道は、オプションを複数持つことである。本特集では、自分の知っている方法で解決できなかった時に複数のテクニックを持てることを目的とし、(1)確認すべき病歴、(2)準備すること、(3)代表的な手技のポイント、(4)それでもダメな時(手技のオプション)、(5)Do not harmに分けて記載し、それらを今回、門外放出の25項目に絞ってまとめてみた。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Vol.92 No.9

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/07

特集 唾液腺腫瘍の診療最前線 -

公衆衛生 Vol.84 No.8

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/07

特集 統括保健師の役割 環境をつくる,人材を育てる -

理学療法ジャーナル Vol.54 No.8

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/07

特集 パフォーマンス向上のための 筋力トレーニング 理学療法の目的は,QOLの向上に資する身体動作能力の改善・機能向上を図ることにある.筋力トレーニングはその大きな柱ではあるが,単に個別の筋力強化を図ることでは目的を達成できない.動作・活動に焦点を当て,筋の働きを考えて効率的なプログラムを立案し実践していくことが大切である.本特集では,身体動作能力のパフォーマンスの向上を図るために行う筋力トレーニングについて,基礎的な知識を整理し,さまざまな疾患・障害への実践例を通して具体的なプログラム作成と応用に結びつく考え方を示していただいた.

前のページ 1 次のページ