医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

新商品(雑誌)

画像診断 Vol.40 No.1(2020年1月号)

出版社:学研メディカル秀潤社

印刷版発行年月:2019/12

【特集】脳腫瘍診断update 2020 分子・遺伝学的な分類に大きく舵を切ったWHO2016分類.これをもとに蓄積されたさまざまな脳腫瘍のMRI,CT,および最新のモダリティ(拡散強調像,灌流画像,磁化率強調像など)をあわせて画像所見を解説.脳腫瘍診断の最前線がよくわかる!

実験医学 Vol.38 No.3

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2020/01

【特集】PAIN—痛み
痛みはどのように発生し,多様な刺激をどう区別するのか?最新技術で痛みのメカニズムを解明し,「体への警告としてのシグナル」以外の痛みの役割にも迫ります.その他,新連載『論文査読のリアル』も注目です.

臨牀消化器内科 Vol.35 No.2

出版社:日本メディカルセンター

印刷版発行年月:2020/01

B型肝炎Trends & Topics
 今回の特集では、「ポストC型肝炎時代」におけるB型肝炎が意識されている。B型肝炎はなぜ治りにくいのか、HBVは駆除できないのか、核酸アナログで制御されていても肝癌はゼロにならない実態、新規の抗HBV薬の開発状況などを、この領域のエキスパートにご執筆いただいた。

日本内視鏡外科学会雑誌 Vol.25 No.1

出版社:日本内視鏡外科学会

印刷版発行年月:2020/01

臨牀透析 Vol.36 No.1

出版社:日本メディカルセンター

印刷版発行年月:2020/01

透析患者の感覚器障害
 透析患者では聴覚障害の頻度が高いことが知られ,さらに味覚や視覚の障害も知られている.しかし嗅覚障害の情報はきわめて乏しい.感覚器障害は高齢者では普遍的でもあり,味覚・嗅覚障害などのごとく複合してみられる頻度も高い.

検査と技術 Vol.48 No.2

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/01

総合診療 Vol.30 No.1

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/01

特集 総合診療医の“若手ロールモデル”を紹介します!私たちはどう生きるか 総合診療専門研修の専攻医数が伸び悩むなか、「総合診療医のロールモデルがいない…」といった不安の声も聞こえてきます。しかし実際には、「多様性」に富むロールモデルが全国各地で活躍中です。本特集では、なかでも“若手”に焦点を当て、それぞれのキャリアとビジョンを語っていただきました。「総合診療」の未来を見通す新春特別号。

総合リハビリテーション Vol.48 No.1

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/01

特集 医工学最前線 リハビリテーション医学・医療領域において医(用)工学技術を用いた活用事例として,リハビリテー ション・ロボティックスに注目が集まっています.上肢・下肢の訓練用ロボットや介助ロボットなどの 研究が活発に進められる一方,リハビリテーション現場でのロボット機器の導入は進んでいない現状が あり,医工学技術と現場のニーズのミスマッチを指摘する声もあります.  このようななか,AI(artificial intelligence;人工知能),ICT(information communication technology; 情報通信技術),IoT(internet of things;モノのインターネット), VR(vertual reality;仮想現実)などの キーワードで代表される多くの医工学技術が臨床の各分野に導入されつつあります.今後,ロボット技 術だけでなく,さまざまな医工学技術がリハビリテーション領域にも応用されることが期待されます. 本特集では,各専門領域における技術発展の動向や,今後のリハビリテーション領域に活用できそうな 技術や事例など,医工学の最前線を紹介していただきます.

medicina Vol.57 No.1

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2020/01

特集 今の流れに乗り遅れない!プライマリ・ケアでの呼吸器疾患の診かた・薬の使いかた 患者の高齢化,次々に登場する新薬,呼吸器診療は今と昔では大きく激変した。また頻回に改訂される診療ガイドラインに,情報のアップデートがついていかない読者も多いのではないだろうか。本特集では,第一線で活躍する医師が呼吸器診療のポイントを解説。「今の流れ」を理解し,呼吸器薬を使いこなそう!

がん看護 Vol.25. No.1

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2020/01

いま知っておきたい! がん治療薬12 ~くすりを知ればケアがよくなる がんの医学・医療的知識から経過別看護、症状別看護、検査・治療・処置別看護、さらにはサイコオンコロジーにいたるまで、臨床に役立つさまざまなテーマをわかりやすく解説し、最新の知見を提供。施設内看護から訪問・在宅・地域看護まで、看護の場と領域に特有な問題をとりあげ、検討・解説。告知、インフォームド・コンセント、生命倫理、グリーフワークといった、患者・家族をとりまく今日の諸課題についても積極的にアプローチし、問題の深化をはかるべく、意見交流の場としての役割も果たす。

胃と腸 Vol.55 No.1

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2019/12

主題 早期胃癌の範囲診断 up to date -

前のページ 1 次のページ