医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

NPPV(非侵襲的陽圧換気療法)ガイドライン 改訂第2版【電子版】

日本呼吸器学会NPPVガイドライン作成委員会 (編)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28405-4
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
170ページ
 判型
A4変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,564 (本体¥3,300+税8%)

特記事項
この電子版の収録内容は編集(あるいは監修)した学会のホームページ等に掲載される場合があります。学会のホームページ等にてご確認のうえ、ご購入ください。なお、学会のホームページ等での掲載を理由とした商品のキャンセルには応じかねます。
印刷版ISBN
978-4-524-26775-0
印刷版発行年月
2015/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
22 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

日本呼吸器学会によるガイドライン改訂版.NPPV導入に関する項目を総論にまとめ,各論では急性呼吸不全,慢性呼吸不全の各療法における適応・導入の実際・効果等について解説.今改訂では「鎮静薬の使用」,「災害時の対応」,「感染対策」,「周術期」,「終末期,do not intubate,悪性腫瘍,高齢者」等の項目を追加し,臨床現場でより活用しやすい内容としている.

目次

【内容目次】
【総論】
 1.NPPVからみた急性呼吸不全
 2.NPPVからみた慢性呼吸不全
 3.NPPVで使用される人工呼吸器とモード
 4.急性呼吸不全におけるNPPVの導入方法
 5.慢性呼吸不全におけるNPPVの導入方法
 6.NPPVと鎮静薬の使用
 7.効果に関連する因子とトラブルの対処
 8.医療安全
 9.災害時の対応
 10.感染対策
 11.導入後のケア
【各論】
 A.急性呼吸不全
  1.COPDの増悪
  2.喘息
  3.拘束性胸郭疾患の増悪
  4.間質性肺炎
  5.心原性肺水腫
  6.胸郭損傷
  7.人工呼吸離脱に際しての支援方法
  8.周術期のNPPV
  9.免疫不全,免疫抑制下に伴う急性呼吸不全
  10.ARDS,重症肺炎
  11.終末期,do not intubate,悪性腫瘍,高齢者
  12.小児
 B.慢性呼吸不全
  1.拘束性換気障害
  2.COPD(慢性期)
  3.慢性心不全におけるチェーン・ストークス呼吸
  4.肥満低換気症候群
  5.神経筋疾患
  6.小児
  7.リハビリテーション
索引