医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

改訂 ERの哲人 第2版【電子版】

医学部では教えない救外の知恵

岩田 充永 (編)

藤田保健衛生大学医学部救急総合内科学 教授

出版社
シービーアール
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/02/18
ページ数
284ページ
 判型
B6変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,300 (本体¥3,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-908083-35-8
印刷版発行年月
2018/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
24 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

「救急医療の現場で適切かつ迅速に救命処置を行うには、患者ケアの標準化が必要である」との初版編集者の山中克郎先生(現・諏訪中央病院)の思いから出版となった「ERの哲人」は、初版からすでに十年余を数えます。その間、更新が必要な情報(ガイドラインなど)、加えるべき新しい処置法・検査手法も数多くなり、改訂することとなりました。

 初版では、救急現場で必要となる「薬剤」に関するパートを収載しておりましたが、第2版ではこれらを省き、診療に特化しました。にもかかわらず、総ページ数は増えました。コンパクトで、臨床現場に持ち歩ける手軽さを維持しつつも、より充実した内容となっています。

目次

Part 1 基本中の基本
1.救急室での診療録記入と初動
2.バイタルサインの読み方
3.救急室でのプレゼンテーション
4.心電図簡易チェックガイド
5.酸—塩基異常
6.救急外来輸液の基本知識

Part 2 救急処置プロトコール
1.成人の一次救命処置(Adult Basic Life Support:ABLS)
2.小児の一次救命処置(Pediatric Basic Life Support:PBLS)
3.成人の二次救命処置(Advanced Cardiovascular Life Support:ACLS)
4.虚血性胸痛(ischemic chest pain)
5.徐脈(bradycardia)
6.脈拍のある頻拍(tachycardia)
7.脳血管障害(stroke)
8.Japan Advanced Trauma Evaluation and Care(JATEC)<外傷初期診療ガイドライン>
9.災害医療(Disaster Medical Service)

Part 3 症状からのアプローチ
1.失神(syncope)
2.せん妄(delirium)
3.発熱(fever)
4.咽頭痛(sore throat)
5.頭痛(headache)
6.めまい(vertigo/dizziness/presyncope)
7.視力障害(visual loss)
8.胸痛(chest pain)
9.呼吸困難(dyspnea)
10.咳(cough)
11.腹痛(abdominal pain)
12.吐血・下血(hematemesis・hematochezia)
13.嘔気・嘔吐(nausea and vomiting)
14.下痢(diarrhea)
15.便秘(constipation)
16.腰痛(low back pain)
17.浮腫(edema)
18.発熱と発疹(fever and rash)
19.鼻出血と聴力障害(epistaxis and hearing loss)
20.四肢のしびれ(paresthesias)
21.血尿(hematuria)
22.歩行障害(gait abnormalities)
23.排尿障害(dysuria)

Part 4 救急疾患の診断と初期治療
1.ショック(shock)
2.脳血管障害(stroke)
3.一過性脳虚血発作(transient ischemic attack:TIA)
4.クモ膜下出血(subarachnoid hemorrhage:SAH)
5.意識障害(coma and somnolence)
6.けいれん(seizure)
7.急性冠症候群(acute coronary syndrome:ACS)
8.急性心不全(acute heart failure)
9.大動脈解離(aortic dissection)
10.高血圧緊急症(hypertensive emergencies)
11.急性呼吸不全(acute respiratory failure)
12.アナフィラキシー(anaphylaxis)
13.気管支喘息(bronchial asthma)
14.肺塞栓症(pulmonary embolism)
15.肺炎(pneumonia)
16.敗血症(sepsis)
17.緊急対応が必要な感染症
18.消化管出血(gastrointestinal bleeding)
19.急性腎障害(acute kidney injury)
20.電解質異常(electrolyte disorders)
21.糖尿病性ケトアシドーシス,高浸透圧性高血糖昏睡(diabetic ketoacidosis, hyperosmolar hyperglycemic state)
22.低血糖(hypoglycemia)
23.頭部外傷(head injury)
24.顔面外傷(facial injury)
25.頸部外傷(neck injury)
26.胸部外傷(thoracic injury)
27.腹部外傷(abdominal injury)
28.骨盤外傷(trauma to the pelvis)
29.四肢外傷(injuries of extremities)
30.見逃しやすい骨折
31.創傷処理・処置(wound management)
32.熱傷(thermal burns)
33.中毒(poisoning)
34.異物誤飲(swallowed foreign bodies)
35.体温異常(hypothermia and hyperthermia)
36.職務感染事故(occupational puncture)
37.虐待(abuse)
38.小児救急(emergency care for pediatrics)
39.精神科救急(psychosocial disorders)
40.婦人科救急(obsteric and gynecological emergency)

Part 5 救急外来に必須の法律と文書作成
1.救急外来業務に必須の法律
2.死亡診断書および死体検案書の作成
索 引