医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

続・循環器医が知っておくべき漢方薬【電子版】

患者満足度を上げる次の一手

北村 順 (著)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/02/07
ページ数
128ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,080 (本体¥2,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-1933-5
印刷版発行年月
2017/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
22 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

「治療を行ったのに症状が取りきれない」,「検査では正常なのに」.診療現場では,標準治療だけでは取りきれない患者の症状や不満が残ることがある.漢方薬はその「標準治療の隙間」を埋める対症療法の1つ.前作『循環器医が知っておくべき漢方薬』は症状から処方できる手軽さが好評であったが,続編の本書では,より治療効果を高めるための漢方処方のコツを実例と共に解説する.循環器疾患以外の症状にも対応する処方も紹介.

目次

はじめに 前作上梓から4年経って思うこと
患者満足度を上げるための漢方薬
漢方エキス製剤の基本的な使い方
小児・妊婦・CKD患者への漢方処方
漢方薬を上手く使うコツ
 その1 気血水の概念を取り入れる
 その2 漢方エキス製剤を組み合わせて使う
 その3 問診・診察所見を活かす
処方の実際
 冠攣縮性狭心症の漢方治療
 当帰湯を投与した胸痛の一例
 若い女性の胸部症状
 発作性の頻脈・動悸・血圧上昇は奔豚気を疑う
 発作性の動悸に柴胡加竜骨牡蛎湯を投与した一例
 β遮断薬の副作用に対する漢方治療を行った一例
 子宮癌術後のリンパ浮腫に五苓散を処方した一例
 高血圧合併CKDに七物降下湯を処方した症例
 高齢者の便秘には麻子仁丸を
漢方薬を使えば…『もっと色々な治療ができる』
続・知っておくと便利な処方
様々な症状・病態に使える漢方
循環器診療で役に立つ漢方薬のおさらい
あとがき
索引

COLUMN
 ①漢方薬の副作用について
 ②エキス製剤レンジでチンはやめておく
 ③五苓散と真武湯について