医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

肝臓クリニカルアップデート 2020年10月号【電子版】

2020年10月号

特集:肝硬変のトータルマネジメント

出版社
医学図書出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/11/22
ページ数
152ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,850 (本体¥3,500+税10%)

印刷版ISSN
2189-4469
印刷版発行年月
2020/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

特集:肝硬変のトータルマネジメント

目次

特集
肝硬変のトータルマネジメント

序文 生命予後とQOL のさらなる改善をめざして
東京医科歯科大学消化器内科・肝臓病態制御学講座 朝比奈靖浩

 1)腹水に対する薬物治療の基本
 奈良県立医科大学消化器内科 西村 典久,他

 2)難治性腹水の治療 : 全量ドレナージとKM-CART による積極的アプローチ
 要町病院腹水治療センター 松﨑 圭祐

 3)肝性脳症の診断と薬物治療
 岩手医科大学消化器内科肝臓分野 遠藤 啓,他

 4)肝性脳症に対する亜鉛・カルニチンの有用性
 市立貝塚病院 片山 和宏

 5)門脈圧亢進症の薬物治療をどう理解するか
 三宿病院消化器科 村島 直哉

 6)食道胃静脈瘤に対する治療
 日本医科大学消化器外科 吉田 寛,他

 7)栄養療法
 三重大学消化器内科学 岩佐 元雄

 8)門脈血栓症に対する診断と治療
 北里大学医学部消化器内科学 日高 央,他

 9)C 型非代償性肝硬変に対する抗ウイルス療法∼肝硬変合併症を減らせるか?∼
 大阪大学大学院医学系研究科消化器内科学 疋田 隼人

 10)特発性細菌性腹膜炎の診断と治療
 岐阜大学大学院医学系研究科消化器病態学 白木 亮

 11)抗線維化治療の展望
 大阪市立大学大学院医学研究科肝胆膵病態内科学 元山 宏行,他

 12)肝腎症候群に対する治療∼海外での動向∼
 新潟大学医歯学総合研究科消化器内科学分野 坂牧 僚,他

 13)慢性肝疾患における血小板減少症の機序と対策
 東京医科大学臨床医学系消化器内科学分野 竹内 啓人,他

 14)かゆみの機序と対策
 武蔵野赤十字病院消化器科 板倉 潤

 15)Magnetic Resonance Elastography による肝切除時の術前評価
 日本大学医学部消化器外科 阿部 勇人,他

座談会
予後延長を目指した肝細胞癌全身薬物治療の展望
司会:工藤 正俊
討論者:黒崎 雅之,森口 理久,小笠原定久,寺島 健志

連載
◎若手に役立つ議論・オピニオンリーダーからのメッセージ
・肝硬変に伴う肺動脈圧亢進のスクリーニングと鑑別診断
 ─循環器内科へのコンサルテーションの必要性を判定するための心電図と心エコーの見方─
国際医療福祉大学医学部循環器内科 田村 雄一,他

・肝硬変患者における門脈亢進症に伴う肺動脈圧高血圧症のスクリーニングの重要性
日本医科大学附属病院消化器・肝臓内科 厚川 正則

◎画像診断と病理
・レンバチニブの効果判定─造影CT による評価の留意点
福井県済生会病院放射線科 宮山 士朗

・レンバチニブ投与後の切除病理所見
虎の門病院消化器外科 進藤 潤一,他

◎新しい診断・薬の情報
・アテゾリズマブ(テセントリク ®)+ベバシズマブ(アバスチン ®)の併用療法
 ─ 一次治療としてソラフェニブに優越性を示したはじめての薬物療法 ─
藤田医科大学消化器内科Ⅱ 葛谷 貞二,他

・門脈肺高血圧症に対する薬物療法Up-To-Date
 ∼マシテンタン(オプスミット ®)の有効性と安全性を中心に∼
山口大学大学院医学系研究科消化器内科学 石川 剛,他

◎各都道府県における肝疾患対策取り組みの現状
・山口県における肝炎対策の現状
山口大学医学部附属病院肝疾患センター 日髙 勲,他

◎エキスパート外科医に聞いてみよう
・進行肝細胞癌に対するConversion Surgery
東京医科歯科大学医学部肝胆膵外科学分野 赤星 径一,他