医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0
さらに絞り込む
並び替え

絞り込み

イラスト解剖学第9版

松村 讓兒 (著)

出版社:中外医学社

印刷版発行年月:2017/01

今回の改訂でついにフルカラー。ユニークなイラストとわかりやすい説明で解剖学が驚くほど面白く理解できるテキストとして長年大好評を得てきた書の改訂版。

日常診療で臨床疑問に出会ったとき何をすべきかがわかる本

片岡 裕貴 (著)

出版社:中外医学社

印刷版発行年月:2019/03

日々の診療でぶつかる臨床疑問とは何か、そして、それを解決するためには何が必要なのか、という観点から、臨床研究とは、研究デザインとは、GRADEとは、などなど正しいEBMを実践するうえで知っておかなければならない基本中のキホンをわかりやすく解説する。
初期研修医に対する日常の検索指導や診療ガイドラインの作成、一次研究の実地まで行った著者の経験を余すところなく盛り込んだ“臨床疑問を解決する”ための良書。

あたらしい人体解剖学アトラス

佐藤 達夫 (訳)

出版社:MEDSI

印刷版発行年月:2009/04

解剖学アトラスの“ネオ・クラシック”

●すでに数多く出版されてきた人体解剖学アトラスを客観的に分析、その弱点を見極め克服し、とくに初学者の学生にとっての使いやすさを徹底的に追究。
●解剖学の授業での使用に最も適した内容はかくあるべき、というヴィジョンにもとづいた教育的アトラスとして編集されており、何をどこまで学び覚えるべきかという観点から、情報を整理、厳選し、わかりやすく提示している。 ①全体のみならず、対象となる器官にフォーカスした局所解剖図を豊富に収載。 ②実際に解剖を行う順番に従って、同じ部位の体表面から深部へと図を並べて掲示。 ③解剖図はすべて、CG(コンピュータグラフィックス)によって表現されている。 ⅰ配色と濃淡により、注目すべき部位が際立つように描き分ける。 ⅱ解剖学的な正確さに基づき、手描きでは到底困難な表現を実現している。 ⅲ深部を透かして見せる表現技法(ゴースト)の採用により、容易に立体的な構造の理解ができる。 ⅳ体表面の輪郭を線画、各部位の位置関係が把握しやすい。 ④各器官の部位を指し示す引き出し線の数を絞り込み、どの解剖図もすっきり、はっきり見える。
●本格的、標準的な解剖学アトラスとして必要十分な情報量を保持しつつ、ムダあるいは当面は不要な部分を徹底的に削ぎ落とすことでスリム化を実現、結果的に廉価にも到達した。

なるほどなっとく!解剖生理学 第2版

多久和 典子 (著)

出版社:南山堂

印刷版発行年月:2019/09

病態,疾患をイメージしながら正常な構造(解剖学)と機能(生理学)を学べる教科書.本文中の重要な語句は太字,サイドにはより知識を深められる豆知識的な解説.また,200図を超える多彩なイラストを掲載している.治療や患者ケアを想像しながら楽しくサラサラ読める教科書!改訂2版では,図とサイド解説がさらに充実!

イラストで理解するかみくだき薬理学

町谷 安紀 (著)

出版社:南山堂

印刷版発行年月:2018/09

医療従事者であれば薬とのかかわりは避けられない.しかし薬の種類は多様で作用機序も複雑であり,どこから学習し始めて良いかわかりづらい.本書では身近な疾患を例に,健康な状態からどのようにバランスを崩していて,どのようにして薬で戻していくのかをできる限りかみくだいて解説した.はじめての薬理学の下地づくりにお勧めの一冊である.

ウエスト 呼吸生理学入門:正常肺編 第2版

桑平 一郎 (訳)

出版社:MEDSI

印刷版発行年月:2017/01

複雑な呼吸生理が手に取るようにわかる、名著中の名著

West博士独自の視点に貫かれ、15ヶ国語に翻訳された世界的に定評ある入門書、8年ぶりの日本語改訂版。難解な正常肺の呼吸生理について、必須事項を抽出、他書にもしばしば引用される明快な図とともにわかりやすく解説。今版より章末ごとに生理学の臨床応用を例示、Q&Aの解説部分もより充実。医学生・研修医の基礎固めに、内科系・外科系問わず臨床家のレビューに最適。看護師、呼吸療法士、MEなどコメディカルにも有用。疾患肺の病態生理をテーマとした「疾患肺編」との併用により、さらに理解が深まる。

今日のOTC薬 改訂第4版

解説と便覧

伊東 明彦 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2018/04

OTC医薬品の情報をわかりやすく解説した好評書の改訂版。前版までの、解説・便覧・フローチャートの3つのアプローチに加え、新たにマトリックスも用いて解説。同一薬効のOTC薬の違い(成分や使用目的)を見開き2頁で掲載。類似商品が一目で理解できるようになった。OTC薬による薬物療法を網羅した一冊。

免疫ペディア

101のイラストで免疫学・臨床免疫学に強くなる!

熊ノ郷 淳 (編)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2017/06

複雑な免疫学を体系的に解説!ビジュアライズされた紙面と豊富なイラストですぐに理解!免疫学の基礎から,がん免疫・腸内細菌など注目の話題までしっかり網羅!河本宏先生描下ろしイラストの表紙が目印です.

日本消化器病学会専門医資格認定試験問題・解答と解説 第5集

日本消化器病学会 (編)

出版社:金原出版

印刷版発行年月:2009/04

このたび、「日本消化器病学会専門医資格認定試験問題・解答と解説第5集」が刊行の運びとなりました。この「日本消化器病学会専門医資格認定試験問題・解答と解説」は、1998年に八尾恒良理事のご尽力により第1集を発行して以来、ほぼ3年に1度、版を重ねてまいりました。第5集は、2006年(第103巻)1号から2008年(第105巻)12号までの日本消化器病学会雑誌に掲載された89題の問題に、解説と解答を加えたものです。従来通り、問題の選定は本学会専門医試験問題選定委員会に、また、解説と解答は日本消化器病学会雑誌の編集委員の先生方にお願いしました。この機会に、関係された先生方にそのご苦労に対して、改めてお礼申し上げます。専門医制度はすっかり定着し、若い先生方のトレンドは学位取得よりも専門医取得になっています。現在、日本消化器病学会の会員数は30,000人を超え、専門医は約16,500人に達しています。毎年、専門医認定試験を受けて約800人の専門医が誕生し、その数は年を追うごとに増加しています.本書では、消化器病専門医にとって極めて重要な、必須の知識を要求する問題が選ばれており、したがって、本書はこれから専門医試験を受験しようとする先生方にとって、極めて有用な参考書であることは言うまでもありません。また、試験問題は消化器病の臨床の進歩を取り入れて作成されており、その解説は、専門医を受験する先生方だけでなく、消化器病の臨床に携わる先生方の疑問の解決や知識の整理にも大変役立つ書になっていると確信します。本書が、これから消化器病専門医を目指す、あるいは現在消化器病の診療に携わっている多くの先生方のお役に立って、消化器病臨床の向上につながることを心から祈っております。

新版 フローサイトメトリー もっと幅広く使いこなせる!

マルチカラー解析も、ソーティングも、もう悩まない!

中内 啓光 (監)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2016/09

マルチカラー解析や各種細胞のソーティングについて、蛍光色素の選び方、機器のセッティング、実験プロトコールを、多数の研究事例とともに紹介!マスサイトメーターや1細胞発現解析などの新技術も網羅します!

ハインズ神経解剖学アトラス 第4版

佐藤 二美 (訳)

出版社:MEDSI

印刷版発行年月:2013/09

基礎と臨床のギャップを埋める!脳神経の定番アトラス、待望の大幅改訂

中枢神経系の機能を理解するために必要な各構造物の情報を、肉眼解剖図やCT/MRI写真をもとに臨床に関連させながら解説するアトラス、8年ぶりの改訂。工夫を凝らした図と写真で、疾患や症状との結びつきがよくわかる。改版にともない、各構造物に関わる症状、疾患の記述が増え、神経伝導路に関する記述が充実。医学生の解剖学実習の副読本、研修医や臨床家の参考書に好適。

Qシリーズ 新解剖学<第7版>

加藤 征 (監修)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2019/02

信頼のロングセラー 待望の改訂版!
20年以上にわたって医学生に支持されてきたロングセラー、待望の改訂第7版。
解剖学の要点を、カラー図版360点とともにコンパクトにまとめました。
各項目1~2ページの読み切り構成。短時間で概要を把握できるので、初学者におすすめです。

コメディカルのための専門基礎分野テキスト

解剖学 改訂3版

五味 敏昭 岸 清 (編)

出版社:中外医学社

印刷版発行年月:2018/02

解剖教育・研究歴20年以上の専門家が,その豊かな経験をもとに懇切に執筆した好評の書.文章は短く簡潔に
読みやすくし図表を多様して学習の便宜を図っている.

新解剖学第6版

加藤 征 (監)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2011/03

フルカラーのイラストで徹底図解。キーワードを色刷りで強調。要点が一目で分かる。

こんなにも面白い医学の世界 からだのトリビア教えます

中尾 篤典 (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2018/02

マリンスポーツと納豆アレルギーの意外な関係性とは?秀吉の兵糧攻めにはある疾患が隠されていた!?など,身近に潜む医学の雑学「トリビア」満載の1冊.へぇーそうだったんだ!と思わず誰かに教えたくなること必至!

胆道疾患を診る医師のための胆道病理テキスト

中沼 安二 (編著)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2015/09

好評書『肝臓を診る医師のための肝臓病理テキスト』の姉妹書.臨床の観点から必要とされる胆道病理の基礎的・実践的な内容を網羅.数多くのカラー写真と第一人者による実践的な解説で,臨床に必要な病理の知識が確実に身につく.研修医・消化器科医の教科書としてだけでなく,専門医の知識を深める参考書としても活躍必至.胆道を診る“すべての医師”におすすめの病理テキスト.

膨大なデータを徹底整理する

サイトカイン・増殖因子キーワード事典

宮園 浩平 (編)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2015/04

研究の場で即座に使える! 膨大な数の因子・知見が複雑に絡み合う本分野に朗報です.各因子の経緯・機能・疾患との関連など,必要不可欠な情報を徹底して整理しました.

臨床栄養全史

栄養療法の面白さがみえる、深まる

大熊 利忠 (著)

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2019/02

「経腸栄養の起源は古代エジプト・ギリシャにあり。その方法はまさかの?」「生理食塩水が最初に用いられたのはあの疾患の治療だった?」思わず誰かに話したくなるような、臨床栄養の教養を身につけませんか?

マウス組織アトラス

岩永 敏彦 (他著)

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/12

長年組織学の第一線で活躍してきた著者ならではの、簡にして要を得た構成で、マウス正常組織の全体像が理解できる。ノックアウトマウスの形態学的変異を確認するには最適の資料となる。マウス実験に取り組むあらゆる分野の研究者の羅針盤となる一冊。標本作成、抗体選定、染色のすべてを惜しみなく解説した充実の付録は、一見の価値あり。

新薬理学

フルカラー・改訂第7版

安原 一 (監)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2019/10

◆20年以上にわたり医学生に支持されてきたロングセラー、最新の改訂第7版。
◆膨大な医薬品の中から重要なものだけをチョイス。対比して覚えるべき薬物とともにまとめました。
◆各項目1〜2ページの読み切り構成。短時間で概要を把握できるので、初学者におすすめです。

前のページ 1 次のページ