医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0
さらに絞り込む
並び替え

絞り込み

薬剤師レジデントマニュアル 第2版

橋田 亨 (他編)

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/03

「レジデントマニュアル」シリーズの薬剤師版。充実の改訂! 卒後1、2年目の薬剤師に向けて、(1)現場で役立つ実践的な情報を、(2)箇条書きで歯切れよく、(3)ポケットに入るサイズに編集。総論は調剤、DI、フィジカルアセスメント、薬剤管理指導の要点を記載。各論は喘息、糖尿病、高血圧など主要54疾患について、患者の状態把握、標準的処方例、薬学的ケア、提案のポイントのパターンで展開。実習やその指導時にも役立つ内容。*「レジデントマニュアル」は株式会社医学書院の登録商標です。

がん化学療法レジメン管理マニュアル 第3版

濱 敏弘 (監)

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2019/08

がん化学療法で役立つ情報を凝縮した1冊、大好評の第3版! 使用頻度の高いレジメン81本を厳選。「支持療法薬を含む投与スケジュール」と「副作用の発現時期」は1つの表で一目瞭然で、概要の把握に最適。エビデンスに基づいた減量・中止規定、具体的な介入事例の情報も充実。付録には「抗がん薬希釈後の安定性」「経口抗がん薬の懸濁可否表」「休薬期間がひと目でわかるレジメンのスケジュール」も掲載。

臨床画像 Vol.36 No.1

2020年1月号

【特集】MRIで読み解く心臓と脈管:流れと機能

出版社:メジカルビュー社

印刷版発行年月:2019/12

【特集】MRIで読み解く心臓と脈管:流れと機能

イラストレイテッド泌尿器科手術<第2集>

図脳で学ぶ手術の秘訣

加藤 晴朗 (著)

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2011/04

著者のオリジナルイラストにより泌尿器科手術の全貌を、さらに見やすく、あらゆる症例にきめ細かく対応できるテクニックと考え方を提示。前書に引き続き、より幅広くかつディープな術式を目前に展開してみせる。「図脳」のコンセプトに根ざした、誰にでもわかりやすく記憶に残る手術イメージを提起。

飯塚イズムで学ぶ

流れがわかる!呼吸器診療の歩きかた

飯塚病院呼吸器内科 (編)

出版社:南山堂

印刷版発行年月:2019/05

本書では,呼吸器診療で押さえておくべき「流れ」が症候や疾患ごとにわかりやすいフローチャート形式で示されているため,呼吸器診療の「流れ」を理解することができる.さらに,飯塚病院呼吸器内科スタッフによって執筆された本書には,「飯塚イズム」のエッセンスが凝縮されている.本書を使いこなして,呼吸器診療を歩きこなそう!

上腕骨外側上顆炎診療ガイドライン2019 改訂第2版

日本整形外科学会 / 日本肘関節学会 (監)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2019/09

上腕骨外側上顆炎(いわゆるテニス肘)に関し、最近のエビデンスを踏まえ新しいガイドライン作成指針に基づいて内容を刷新。痛み・保存療法では治療に難渋する病態も含め、肘関節周囲の痛み・障害を対象として新しい知識を提供した。日常の臨床現場における標準的治療の指針となる一冊。

神経内科ゴールデンハンドブック 改訂第2版増補

鈴木則宏 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2018/05

日常診療において知っておくべき情報を簡潔かつ具体的にまとめたポケット判マニュアル、ゴールデンハンドブックシリーズの神経内科版。臨床現場に即した「Emergency」、「外来パート」、「入院パート」の場面別構成。2014年の第2版刊行以降の新薬・ガイドラインの情報を加えた増補版。研修医はもちろん、神経内科医、一般内科医も白衣のポケットに入れておきたい一冊。

レジデントのための血液教室

ベストティーチャーに教わる全6章

宮川 義隆 (著)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2019/08

慶應義塾大学と埼玉医科大学で「ベストティーチャー賞」を受賞!わかりやすい講義で定評のある著者が、血液内科のエッセンスをお教えします。

「本書はいわゆる教科書ではありません。医学部の講義やゼミでお話ししている私の成功体験や失敗談を、そのまま文字にしたものです。血液専門医がいなくても、レジデントが自分の力で診断と初期対応ができるように、臨床に即した実用的な本を目指しました」(まえがきより)

臨牀消化器内科 Vol.34 No.9

2019年8月号

大腸ポリープ取り扱いのUp to Date

出版社:日本メディカルセンター

印刷版発行年月:2019/07

大腸ポリープ取り扱いのUp to Date
 大腸ポリープの診断,治療はこの20 年足らずで目覚ましい発展をみせている.ポリープの切除方法については施行医や医療機関による違いも多いと思われる.重要なのは安全かつ確実に病変を切除することであり,それぞれの切除方法の特徴,すなわちメリット,デメリットをきちんと把握したうえで適切に選択することである.そして何より,治療前の正確な内視鏡診断が基本となることはいうまでもない.

頭頸部の臨床画像診断学 改訂第3版

尾尻 博也 (著)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2016/04

「頭頸部の画像診断と臨床の統合を図る」をコンセプトとした定本が、頁数・画像数30%増でより一層充実!!頭頸部の代表的病態について、臨床解剖から治療選択の判断、手術術式に至るまで、膨大な画像情報をもとに詳説。今改訂では画像を大幅に増補し、各章で「治療後画像評価」の項目を追加・充実させ、より実践的な実用書をめざした。また、「頸部食道」の章と「画像診断レポート」の付録を新設。画像診断医のみならず臨床医にとっても必携の一冊。

Point-of-Care超音波研究会認定

領域横断チョイあてエコー活用術

谷口 信行(監修) 山田 博胤(編著) JPOCUSインストラクター (著)

出版社:メディカ出版

印刷版発行年月:2019/08

【セミナーを聴講しているように学習できる】
POCUS研究会の人気企画、ハンズオンライブセミナーが音声付き
ノーカットでまるごと見られる(収録本数10本、収録時間約100分)!  誌面にはセミナーのスライドと解説をそのまま収載した。
セミナー会場にいるような臨場感あふれる講義で全身のPOC超音波検査の知識とテクニックが身につく!

Heart View Vol.23 No.11

2019年11月号

【特集】高血圧治療ガイドライン(JSH)2019 改訂でどう変わったか

出版社:メジカルビュー社

印刷版発行年月:2019/10

【特集】高血圧治療ガイドライン(JSH)2019 改訂でどう変わったか

他科医から訊かれるこの皮膚病はなに?

宮地 良樹 (編集)

出版社:メディカルレビュー社

印刷版発行年月:2018/06

皮膚を診るすべての臨床医に捧げる1冊。これを読めば皮膚病診療の質に大きな差が出る!
本書では、皮膚科診療に携わるすべての臨床医の先生方が日常的に遭遇する皮膚疾患を、「一発診断できる皮膚腫瘍」「どうも典型例ではないみたい」「知っておくと鼻高々」の3つのジャンルに分類して、ビジュアルな写真を中心に簡潔かつ実践的なフォトクリニックを目指しました。
非専門医の先生方には、「よく見るけどこれはなんという皮膚病なの?どこに目をつければいいの?」「いつも診ている典型例となんか違って紛らわしいけど別の皮膚病なの?」とよく訊かれますが、そんな質問に専門医の立場から「とっておきの」写真を提示してお答えいただきました。専門医の先生方にとってもその質問にこたえられるようになることでより明快な知識の整理につながると思います。また、「知っておくと鼻高々~知っていそうで知らない皮膚病」では専門医でもすぐに病名が出てこないようなディープな、しかし、患者さんからも「これなんという皮膚病ですか?」としばしば訊かれる皮膚病を厳選して解説いただきました。患者さんが密かに悩んでいるけれども誰も教えてくれなかった皮膚病を即座に説明できることで、皮膚科専門医としての評価が高まること請け合いです。
(宮地良樹「序文」より抜粋)

救急レジデントマニュアル 第6版

堀 進悟 (監)

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2018/05

救急・ERの現場で求められる実践的な情報をコンパクトな判型に詰め込んだ定番のマニュアル。(1)症状から鑑別診断と治療を時間軸に沿って記載、(2)診断・治療の優先順位を提示、(3)頻度と緊急性を考慮した項目立て、(4)教科書的な記述は思い切って省略し救急診療のポイントに絞った内容で、救急室で「まず何をすべきか」「その後に何をすべきか」がわかる! 初期研修医・救急に携わる若手医師、必携のマニュアル、待望の第6版。
*「レジデントマニュアル」は株式会社医学書院の登録商標です。

Gノート増刊 Vol.5 No.6

【特集】終末期を考える 今、わかっていること&医師ができること

出版社:羊土社

印刷版発行年月:2018/09

【特集】終末期を考える 今、わかっていること&医師ができること がん・非がんに関わらず,終末期に携わるすべての医療者必読!ACPの進め方,意思決定支援,多職種連携,医療者のケアなど,実践的な知識やエビデンス,参考になる事例が満載!これからの多死社会を診る医師に必須の知識とスキルが身につく!

研修医のための輸液・水電解質・酸塩基平衡

藤田 芳郎 志水 英明 富野 竜人 野村 篤史 (編集)

出版社:中外医学社

印刷版発行年月:2015/08

臨床に応用するための水電解質・酸塩基平衡の基本を,日々の臨床経験を踏まえて,本格的にわかりやすく解説する.研修医,救急医はもちろん,すべての医療者必読の1冊!

小児の薬の選び方・使い方 第4版

小児科専門医の手の内を公開!

横田 俊平 (編)

出版社:南山堂

印刷版発行年月:2018/04

小児の日常診療で頻繁に遭遇する23症状・48疾患について,薬を選び使うまでのステップを経験豊かな小児科専門医がその手の内を公開.いつ何をどう使えばよいか使うべきでないか,わかりやすく解説.改訂4版は,薬用量の表にジェネリックを盛り込むなど役立つ情報の充実度が大幅アップ,ビジュアルも進化.小児を診るすべての医師,薬剤師必携.

皮膚疾患最新の治療2019-2020

古川 福実 (編)

出版社:南江堂

印刷版発行年月:2019/01

2年毎の改訂で、皮膚疾患の基本的治療方針、処方の実際から生活指導までを具体的に記し、最新の知見、治療にかかわるトピックスをわかりやすく紹介・解説した。巻末には薬剤・治療手技一覧を収載。巻頭トピックスは「尋常性ざ瘡治療ガイドライン2017」など、注目度の高い「診療ガイドライン」計7項目をフルカラーで取り上げ検証した。

アレルギー性気管支肺真菌症の診療の手引き

日本アレルギー学会 (監)

出版社:医学書院

印刷版発行年月:2019/06

アレルギー性気管支肺真菌症(ABPM)の新しい診断基準と最新の知見をまとめた診療の手引き。研究班の全国調査を経て得られたABPMのデータをもとに、日本の実情に合った形で作成し、ABPMの診療に役立つ内容となっている。

こどもの外科救急

鉄原 健一 (編著)

出版社:日本医事新報社

印刷版発行年月:2019/12

小児のケガ、ヤケド、薬物中毒、異物誤飲…自信を持って診られますか?
こどもを診る機会のあるすべての医療従事者に役立つこと間違いなし!
こどもの外因系診療の要点とピットフォールをわかりやすく解説。保護者への説明の仕方もわかります。
専門外でもできること、専門家へのコンサルトのタイミングを明示しました。
小児救急の最前線で奮闘中のアツイ執筆陣がコツを伝授!

前のページ 7 8 9 次のページ