医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

INTENSIVIST Vol.15 No.4 2023【電子版】

2023年4号

特集:ICUで遭遇する免疫異常

出版社
MEDSi
電子版ISBN
978-4-8157-2058-2
電子版発売日
2023/11/27
ページ数
249ページ
 判型
A4変型
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,060 (本体¥4,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8157-2054-4
印刷版発行年月
2023/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
76 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集:ICUで遭遇する免疫異常

目次

1.はじめに:免疫異常を理解し,今後の実臨床へつなげる
 牧野 淳 東京都立墨東病院 集中治療科

Part 1:総論 集中治療医が知っておきたい臨床免疫学

2.正常な免疫機能:自然免疫,獲得免疫の基本的な役割と機能
 小野 聡 新久喜総合病院 消化器センター/東京医科大学八王子医療センター 特定集中治療部

3.異常な免疫応答:SIRS,CARS,MASについて
 矢野 裕之・金城 光代 沖縄県立中部病院 リウマチ・膠原病科

4.persistent inflammation, immunosuppression, and catabolism syndromeの免疫学:PIICSの特徴と免疫療法,そして栄養療法について
 井上 茂亮 和歌山県立医科大学医学部 救急・集中治療医学講座

5.後天性免疫不全の分類と評価 ①集中治療医の視点:いつ疑い,どのように評価するか
 大野 博司 洛和会音羽病院 ICU/CCU

6.後天性免疫不全の分類と評価  ②感染症医の視点:薬物を知り,その特有の感染症リスクを考えよ
 本田 仁 藤田医科大学 微生物学講座・感染症科

Part 2:ICUで遭遇する免疫異常の代表的疾患

7.敗血症の免疫学:免疫麻痺の理解と免疫療法,今後の課題
 渡邉 栄三 愛知医科大学医学部 救急集中治療医学講座

【コラム】〔Pros/Cons〕敗血症に対するサイトカイン除去療法は有効か?:Pro:有効である
 服部 憲幸 千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学

【コラム】〔Pros/Cons〕敗血症に対するサイトカイン除去療法は有効か?:Con:有効ではない
 岩崎 夢大 東北大学大学院医学系研究科 麻酔科学・周術期医学分野

8.COVID-19の免疫学:SARS-CoV-2と免疫に関して現時点でわかっていること
 古谷 賢人 静岡県立総合病院 臨床検査科/感染対策部感染対策室
 伊東 直哉 愛知県がんセンター 感染症内科部/感染対策部感染対策室

9.ARDSの免疫学:免疫学的な病態生理から考える今後の薬物治療
 片岡 惇 練馬光が丘病院 総合救急診療科 集中治療部門

【コラム】大動脈解離でみられるARDSの病態生理:低酸素血症でARDSと診断できるのか?
 八重樫 悠 東京ベイ・浦安市川医療センター 救急集中治療科
 則末 泰博 東京ベイ・浦安市川医療センター 救急集中治療科/呼吸器内科

10.外傷後の免疫学:SIRSとCARS,そしてPIICS
 大須賀 章倫 JCHO中京病院 救急科

11.HIV感染症でみられるIRIS:想定しておけば慌てずにすむ
 塚田 訓久 国立病院機構東埼玉病院 臨床研究部

12.免疫再構築症候群(IRIS)の免疫学:non-HIV患者でみられるIRIS:その多様な病態の臨床的特徴
 牧野 淳 

13.自己免疫疾患の免疫学:重症膠原病のマネジメントに必要な臨床免疫学
 鈴木 翔太郎 聖マリアンナ医科大学 リウマチ・膠原病・アレルギー内科
 萩野 昇 帝京大学ちば総合医療センター 第三内科学講座(リウマチ)

Part 3:免疫不全・過剰に対する治療戦略

14.免疫異常に対する治療戦略:免疫抑制治療の有害事象と使用時の注意点
 杉森 祐介 東京都立墨東病院 リウマチ膠原病科

【コラム】GBSに対するIVIg vs. 血漿浄化療法:GBSの機序とそれに対するIVIgや血漿浄化療法が有効である理由
 吉野 俊平 飯塚病院 集中治療科

15.免疫関連有害事象(irAE):新種のオンコロジック・エマージェンシーに,ICUで適切かつ果敢に立ち向かうために
 峯村 信嘉 三井記念病院 総合内科

16.免疫不全に対する予防的抗微生物薬:各疾患における投与の位置づけとその実践
 田中 健之 長崎大学病院 感染制御教育センター
 泉川 公一 長崎大学病院 感染制御教育センター/長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床感染症学分野

連載
■え?知らないの?電気メスの使い方
〈シリーズ構成:上岡 晃一 東京医科大学病院 臨床工学部〉
 佐々木 慎理 川崎医科大学附属病院 MEセンター/川崎医療福祉大学医療技術学部 臨床工学科

■最新エビデンスを読む
第9回:ESICM ARDSガイドライン
 小中 理大・片岡 惇 練馬光が丘病院 総合救急診療科 集中治療部門

■集中治療に関する最新厳選20論文
 田邊 翔太 松江赤十字病院 救急部
 吉田 英樹 聖マリアンナ医科大学 救急医学