医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

INTENSIVIST Vol.14 No.4 2022【電子版】

2022年4号

特集:多職種連携

出版社
MEDSi
電子版ISBN
978-4-8157-2036-0
電子版発売日
2022/11/21
ページ数
241ページ
 判型
A4変型
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,060 (本体¥4,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8157-2032-2
印刷版発行年月
2022/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
70 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集:多職種連携

目次

座談会:医師・看護師・薬剤師・理学療法士で語るICU多職種連携:成功のカギは教育の継続と“尊重”する風土作り
則末 泰博 東京ベイ・浦安市川医療センター 救急集中治療科 呼吸器内科
瀬尾 龍太郎 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター
濱本 実也 公立陶生病院 集中治療室 集中ケア認定看護師
前田 幹広 聖マリアンナ医科大学病院 薬剤部
髙田 順子 東京ベイ・浦安市川医療センター リハビリテーション室
牧野 淳(司会) 東京都立墨東病院 集中治療科

総論:医療における多職種連携
1.なぜ医療において多職種連携が注目されるようになったのか?:医療の質と安全性の向上,医療者の負担軽減を目指して
 牧野 淳
多職種連携を構成する要素
2.interprofessional education(IPE):IPE継続のための問題点とその克服
 三反田 拓志 東京ベイ・浦安市川医療センター 救急集中治療科(集中治療部門)
3.collaborative practice(CP):円滑なCPの構築とその実現のために医療者が果たすべき役割
 金井 克樹 島根県立中央病院 救命救急科
 石田 亮介 島根県立中央病院 集中治療科
4.health and education systems:概要を理解し,患者アウトカムの改善につなげる
 天野 茂太・西川 貴史・伊藤 次郎 神戸市立医療センター中央市民病院 麻酔科
 瀬尾 龍太郎
5.多職種連携におけるタスク・シフト/シェア:患者により安全な医療を提供するために
 杉山 拓也 千葉県救急医療センター 麻酔科
 武居 哲洋 横浜市立みなと赤十字病院 救命救急センター

各論:ICUにおける多職種連携
6.ICU多職種連携による恩恵:患者転帰の改善にとどまらない多岐にわたる効果
 飯塚 祐基・岡田 和也 東京都立墨東病院 集中治療科
ICUにおける各職種の役割:実際の現場から
7.医師の役割Pros & Cons:Pro:術後管理は集中治療医に任せるべき
 田中 宗伸・片岡 惇 練馬光が丘病院 総合救急診療科 集中治療部門
8.医師の役割Pros & Cons:Con:術後管理は主治医が行うべき
 神尾 直 湘南鎌倉総合病院 集中治療部
9.看護師の役割:ケア調整により最適な多職種チームケアを実現する
 瀧口 千枝 東邦大学 健康科学部 トランスレーショナル看護領域
 松井 憲子 東北大学病院 高度救命救急センター 急性・重症患者看護専門看護師
10.診療看護師の役割:医学的トレーニングを受け,看護実践を行う
 永谷 創石 練馬光が丘病院 総合救急診療科 集中治療部門 診療看護師
11.薬剤師の役割:薬剤の知識をもとに,患者に焦点を当てた意思決定を共同で行う
 鈴木 俊一郎 東京ベイ・浦安市川医療センター 薬剤室
12.理学療法士の役割:多職種でのリハビリテーションで患者の安全を確保する
 久保 貴嗣 JCHO中京病院 リハビリテーションセンター
 野中 利通 JCHO中京病院 心臓血管外科
 真弓 俊彦 JCHO中京病院 ICU診療部
【コラム】Cookies with Barbara
 Daniel Garros Department of Pediatrics, Faculty of Medicine and Dentistry, University of Alberta, and Pediatric Intensive Care Unit, Stollery Children’s Hospital
 日本語訳:川口 敦 聖マリアンナ医科大学 小児科/CHU Sainte Justine研究所
13.管理栄養士の役割:適切な栄養状態の評価と栄養療法の選択肢を提示する
 宮城 朋果 横須賀市立うわまち病院 栄養科
14.臨床工学技士の役割:工学と医学をつなぎ,ICUでのスムーズな多職種連携を支える
 古川 豊 千葉大学医学部附属病院 臨床工学センター
15.ソーシャルワーカーの役割:シームレスな支援のために医療機関と地域をつなぐ
 加藤 雅江 杏林大学 保健学部 健康福祉学科
16.緩和ケア医の役割:ICUの患者・家族・医療者を支援する
 石上 雄一郎 飯塚病院 連携医療・緩和ケア科
17.宗教家の役割:チャプレンとスピリチュアルケア
 上田 憲明 聖路加国際大学 キリスト教センター チャプレン
18.病院管理者の役割:多職種連携を醸成するような文化を築く
 加藤 良太朗 板橋中央総合病院
19.Effective Medical Creation 五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)+想感(知恵+思いやり):患者・患者家族・デザイナーの経験を通して
 武澤 恵理子 総合デザイナー協会
【コラム】ICUにおける多職種連携に関する調査:JSEPTIC簡単アンケートから見えてきた多職種連携の現状
 加藤 建吾 東京都立墨東病院 診療看護師
 加茂 徹郎 東京都立墨東病院 集中治療科
20.ICU多職種連携の阻害因子と取り組み:教育のみならず共に過ごす場を作り,職種の垣根を超えた交流が重要
 内海 達哉 横浜市立みなと赤十字病院 麻酔科
 武居 哲洋
21.ICU多職種連携の構築:その理論と当院ICUにおける多職種連携の実際
 三島 有華・若林 健二 東京医科歯科大学病院 集中治療部
22.ICU多職種連携の評価:医療の質とCOS,その課題と難点
 吉廣 尚大 JA尾道総合病院 薬剤部
 櫻谷 正明 JA広島総合病院 救急・集中治療科
23.ICU退室後の多職種連携:ICUから一般病棟,さらに地域連携へ:患者の旅路を支援するケアシステムの実現のために必要なこと
 小坂 鎮太郎 練馬光が丘病院 総合救急診療科 総合診療部門

[招待論文]コラボレーティブ・リーダーシップは組織学習と多職種連携を橋渡しする:日本語版多職種連携評価尺度(AITCS-Ⅱ-J)等を用いた計量的研究
 松下 博宣 東京情報大学 看護学部
 石井 馨子・木田 亮平 東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 看護管理学/看護体系・機能学分野
 藤谷 克己 文京学院大学 保健医療技術学部

連載
■え?知らないの?人工呼吸器のclosed loop control Part 2
 〈シリーズ構成:森實 雅司 済生会横浜市東部病院 臨床工学部〉
 開 正宏 日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院 臨床工学科
■最新エビデンスを読む
第5回:敗血症性ショックにおける輸液制限(CLASSIC trial)
 小野山 薫・片岡 惇 練馬光が丘病院 総合救急診療科 集中治療部門
■Lefor’s Corner
第46回:Vascular Access and Hemodynamic Monitoring
Part XXVII:Pediatric Vascular Access─Difficult Venous Access in Children
 Shintaro Kazama Chiba Nishi General Hospital
 Alan Kawarai Lefor Department of Surgery, Jichi Medical University
■集中治療に関する最新厳選20論文
 田邊 翔太 松江赤十字病院 救急総合診療科
 吉田 英樹 聖マリアンナ医科大学 救急医学