医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

INTESTINE Vol.18 No.2【電子版】

2014年 3・4月号

特集 炎症性腸疾患の画像診断modality

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-250X
電子版発売日
2017/08/07
ページ数
99ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,808 (本体¥2,600+税8%)

印刷版ISSN
1883-2342
印刷版発行年月
2014/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

特集 炎症性腸疾患の画像診断modality
これまでIBDは、単に症状がなければ治療は十分であるとされてきたが、画像診断の進歩により、無症状であることと疾患を完全にコントロールできていることとは、決して同義ではないことが明確になりつつある。そこで、生物学的製剤など新しい治療薬が普及した中でのIBDの画像診断を俯瞰した。

目次

特集● 炎症性腸疾患の画像診断modality
105 序説 渡辺 守
Ⅰ.大腸内視鏡
107(1)総 論 河内 修司他
113(2)NBI 渡辺 憲治他
119(3)拡大内視鏡 堀木 紀行他
127(4)超拡大内視鏡 小林 拓他
133(5)IBD関連癌 小形 典之他
Ⅱ.小腸内視鏡
139(1)バルーン内視鏡 長沼 誠他
145(2)カプセル内視鏡 吉村 透他
151 Ⅲ.体外式超音波検査(エコー)─ 炎症性腸疾患診療における体外式腹部超音波検査の有用性 谷口 勝城他
159 Ⅳ.MRI ─ 腸管評価の新たな低侵襲モダリティーはIBD診療を変えるか 藤井 俊光
167 Ⅴ.CT─ IBDにおけるCT enterographyとCT colonography 竹内 健他
175 Ⅵ.小腸二重造影,大腸注腸造影 松嶋 祐他
183 Ⅶ.病理標本の取り扱い 田中 正則
TOPICS ●
─文献紹介〈腫瘍関連*〉
191 Blue LASER Imaging の大腸上皮性腫瘍診断における有用性
〔Review from ─ J Gastroenterol 2014;49:73-80〕吉田 直久他
194 大腸pSM癌の切除後の長期予後多施設共同検討
〔Review from ─ Gastroenterology 2013;144:551-559〕池松 弘朗他