医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

INTESTINE Vol.22 No.4【電子版】

2018年7・8月号

炎症性腸疾患の粘膜治癒を考える

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-250X
電子版発売日
2018/07/23
ページ数
88ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,078 (本体¥2,850+税8%)

印刷版ISSN
1883-2342
印刷版発行年月
2018/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

炎症性腸疾患の粘膜治癒を考える 炎症性腸疾患においては、TNF-α阻害薬治療の登場により、これまでの治療目標であった「短期間の臨床症状の改善」は過去のものとなり、「粘膜治癒」、即ち内視鏡などでの寛解が、慢性疾患の経過を変えられるという考え方が出て、治療は劇的に変わった。

目次

序 説 緒方 晴彦
Ⅰ.総 論─炎症性腸疾患における粘膜治癒の定義と臨床的意義 梁井 俊一他
Ⅱ.各 論
 (1)潰瘍性大腸炎の画像診断modality
  a.通常内視鏡/吉田 篤史
  b.色素拡大内視鏡・NBI/渡辺 憲治他
  c.LCI/BLI/内山 和彦他
  d.超拡大内視鏡/小形 典之他
  e.カプセル内視鏡/細江 直樹他
 (2)クローン病の画像診断modality
  a.バリウムX 線造影/江﨑 幹宏
  b.通常内視鏡/髙田 康道他
  c.カプセル内視鏡/長坂 光夫他
  d.MR enterography,CT enterography/竹内  健
Ⅲ.組織学的粘膜治癒の診断基準を考える/太田 敦子他