医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

INTESTINE Vol.23 No.5【電子版】

FIT 陰性癌の特徴

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-250X
電子版発売日
2019/10/14
ページ数
86ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,520 (本体¥3,200+税10%)

特記事項
価格訂正
印刷版ISSN
1883-2342
印刷版発行年月
2019/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

FIT 陰性癌の特徴
 わが国で開発された免疫便潜血検査(FIT)は感度・特異度とも優れており,対策型検診の一環として現在に至るまで広くに普及している.
 一方,すでに大腸癌が存在しているにもかかわらず陥凹型早期癌のようにFIT で検出できない癌,すなわち偽陰性癌の存在も懸念されている.つまり,がん検診としてのFIT がスクリーニング感度として必ずしも良好ではなく,また癌(とくに早期癌)の見逃しが避けられないことは,日常的に大腸内視鏡検査を行っている先生方には自明の理であろう.

目次

序説  工藤 進英
 Ⅰ.FIT 開発の歴史と現状  (1)免疫便潜血検査(FIT)の開発から有効性評価まで,そして現状と問題点/斎藤  博
  (2)FIT 判定のとらえ方と取り扱い/松田 一夫
 Ⅱ.FITを用いた大腸がん検診の有効性と注意点/関口 正宇 他
 Ⅲ.FIT陰性者に対する内視鏡検診の必要性/小林  望 他
 Ⅳ.FIT陽性癌,FIT 陰性癌の特徴/若村 邦彦 他
 Ⅴ.FIT陽性癌 vs. FIT陰性癌
  (1)一般検診の立場から/満崎 克彦 他
  (2)大腸がん検診study の立場から/堀田 欣一 他
  (3)内視鏡の立場から/松田 尚久 他
 Ⅵ.FIT陰性癌の症例
  (1)当院で経験したFIT陰性大腸癌の3 例/松下 弘雄 他
  (2)FIT陰性であったpT1b癌/草場 喜雄 他
 〔話題提供〕FITvs.便中DNA 検査/永坂 岳司
 〔コラム〕大腸内視鏡検査による大腸がん検診の有効性評価-AKITA POP-COLON TRIAL/児玉 健太
      FITを陰性になるまで繰り返してよいのか?/若村 邦彦