医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

Gノート Vol.6 No.4【電子版】

2019年6月号

【特集】在宅医療、できることをできるだけ

出版社
羊土社
電子版ISBN
978-4-7581-2338-9
電子版発売日
2019/06/07
ページ数
160ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,750 (本体¥2,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7581-2338-9
印刷版発行年月
2019/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
72 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

【特集】在宅医療、できることをできるだけ 在宅導入ってどうする?在宅患者の急変時は?看取りの作法は?死因に老衰って書く?自分の休みを取りたい…在宅医療で患者と家族のニーズに応え,“できることをできるだけ”続けていくための基礎知識やコツを紹介!

目次

<特集>在宅医療、できることをできるだけ 何をどのようにすればいい? 「続ける」ためのヒント
編集/坂戸慶一郎(青森民医連救急総合診療センター/健生黒石診療所 所長),松村真司(松村医院)

特集にあたって
「できることをできるだけ」
在宅導入期を乗り切ろう! 初回訪問前後の準備と対応
発熱時・急変時の対応とその予防 “三方よし”のマネジメント
在宅で診る認知症ケアの要点
在宅で診るエンド・オブ・ライフ
在宅看取りの作法 死亡確認はどうする? 老衰と書いていい?
在宅で行う家族ケア 介護者であり,家族であり
施設訪問診療を上手に行うTips
すべては円滑なコミュニケーションから 訪問看護師より
医師よ,自分自身も癒せ 出張や休みの時の対応法
コラム1:在宅の強い味方1 在宅で使うポータブルエコー
コラム2:在宅の強い味方2 在宅での持続皮下注射のはじめ方
コラム3:在宅医療と倫理 独善と密室化を避けるために
犬は吠えるがキャラバンは進む あとがきに代えて

<連載>
赤ふん坊やの「拝啓 首長さんに会ってきました☆」 地域志向アプローチのヒントを探すぶらり旅
第8回 沖縄県 読谷村  石嶺傳實 村長

どうなる日本!? こうなる医療!!
AI,ICTとこれからの医療現場1 概説:AIの医療への導入

聞きたい! 知りたい! 薬の使い分け
第30回 喘息治療薬の使い分け 吸入薬を上手く使いこなして喘息をコントロールする

誌上EBM 抄読会 診療に活かせる論文の読み方が身につきます!
第29回 ICU患者はPPIを使用するべきか?

家庭医療×診断推論で挑む! プライマリ・ケアで出会う困難事例 by千葉大総診カンファレンス
第3回 「この機会に全部調べてください」

なるほど! 使える! 在宅医療のお役立ちワザ
第26回 多職種連携で乗り切る,独居高齢者の服薬支援

思い出のポートフォリオを紹介します
第30回 プロフェッショナリズム 在宅医療を支える医師として眼前の事象と不確実性に精一杯向き合う