医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

循環器ジャーナル Vol.69 No.4【電子版】

2021年10月発行

プレシジョン・メディシン時代における腫瘍循環器学の重要性

出版社
医学書院
電子版ISSN
2432-3292
電子版発売日
2021/10/04
ページ数
160ページ
 判型
A4変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,400 (本体¥4,000+税10%)

印刷版ISSN
2432-3284
印刷版発行年月
2021/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
48 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

プレシジョン・メディシン時代における腫瘍循環器学の重要性 2017年1号から 『呼吸と循環』 誌を全面的にリニューアルし、循環器領域に特化した季刊誌として刊行。循環器専門医、および専門医を目指す循環器科医・研修医を対象に、臨床の現場で必要とされている情報を的確に提供する。特集では、循環器領域の重要なテーマを最新の知見に基づいてプラクティカルに解説。 (ISSN 2432-3284)

目次

■序章
新しい学際領域としての腫瘍循環器学――循環器医の立場から
小室一成

新しい学際領域としての腫瘍循環器学――がん治療医の立場から
石岡千加史

■Ⅰ章 腫瘍循環器学とは
疫学研究からみた腫瘍循環器学の必要性
大倉裕二

がん治療成績の向上と腫瘍循環器学の重要性
勝俣範之

小児およびAYA世代におけるがん診療連携と腫瘍循環器学への期待
岩間 優・清水千佳子

国内外における腫瘍循環器学の現状と今後の展望
南 学

■Ⅱ章 がん医療の進歩と腫瘍循環器学
アントラサイクリン系の薬物療法とがん治療関連心機能障害(CTRCD)
赤澤 宏

がん放射線療法に関連した心血管合併症(RACD)
志賀太郎

分子標的薬とがん治療関連心血管疾患(CTRCD)
坂東泰子

がん免疫療法による心血管系の免疫関連有害事象(irAE)
向井幹夫・塩山 渉

腫瘍循環器領域の診療ガイドライン――国内外の現状および今後の展望
郡司匡弘・矢野真吾

■Ⅲ章 プレシジョン・メディシン時代における
循環器系の予防・診断・治療技術

腫瘍循環器領域における画像診断技術の研究開発と臨床評価
根岸朋子・根岸一明

腫瘍循環器領域におけるバイオマーカーの現状
中川 仁・斎藤能彦

腫瘍循環器領域における不整脈
庄司正昭

血栓止血研究のアップデート――腫瘍循環器領域における血栓塞栓症とその予防・診断・治療
保田知生

腫瘍循環器領域における治療介入とその評価――ランダム化比較対照試験からリアル・ワールド・エビデンスまで
田村祐大・田村雄一

■Ⅳ章 腫瘍循環器学 トピックス
ヒトiPS細胞技術を応用した抗がん剤の心毒性評価と個別化医療への展望
佐塚文乃・諫田泰成

クローン性造血(CHIP)と腫瘍循環器学
福本義弘

腫瘍循環器リハビリテーション(CORE)
古川 裕

●臨床研究の進め方:ピットフォールに落ちないための工夫
研究計画書(プロトコル)・症例報告書・説明文書と同意書の3点セット:ここが次のステップだ!④
植田育子 企画:植田育子