医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

形成外科 Vol.65 No.8【電子版】

2022年8月号

顔面骨骨折の診断と治療

出版社
克誠堂出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/09/19
ページ数
130ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,630 (本体¥3,300+税10%)

印刷版ISSN
0021-5228
印刷版発行年月
2022/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
184 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

顔面骨骨折の診断と治療 近年の交通事故の減少,シートベルトの普及などにより,発生数の減少が見られるが,顔面骨骨折は形成外科医にとって日常的な疾患であり,基本分野として身につけるべき診療分野である。本特集ではツールの進歩によって診断学・治療学も変化していることを踏まえ,近年の顔面骨骨折の標準的な診断と治療を,形成外科レジデント向けに企画した。

目次

第65巻第8号(2022年8月)
●随想
 EmpathyとSympathy (今井啓道) 891
●特集 顔面骨骨折の診断と治療
 企画にあたって (細川 亙) 893
 前頭骨骨折 (福場美千子ほか) 895
 鼻篩骨骨折 (山下昌信) 905
 眼窩骨骨折 (樫山和也ほか) 915
 頬骨骨折 (中井國博) 924
 上顎骨骨折 (髙木誠司ほか) 936
 下顎骨骨折 (花井 潮ほか) 943
 ミニレクチャー(1)顔面骨骨折―特に上下顎骨折時の損傷歯の取り扱い― (松岡裕大ほか) 954
 ミニレクチャー(2)顎間固定法についての基本的な考え方 (細川 亙) 960
●コラム:編集委員長コラム[第36回] (細川 亙) 964
●連載:形成外科NEXT―次世代の本音―
 成長なき予定調和を飛び越えろ!!―勇気をもって進む 自分らしい道― (山口憲昭) 966
●連載:教室だより北~南
 No.92 (聖隷浜松病院 形成外科 雑賀厚臣) 968
●連載:短編小説で綴る論文探訪 たんろんたん
 分類の目的と意義:下顎と上顎の欠損分類 (寺尾保信,去川俊二) 972
●経験
 褥瘡における皮弁縫合創でのincisional negative pressure wound therapyの有用性 (森川周至ほか) 974
●症例
 外傷によって生じた全耳介とその周囲皮膚の広範囲欠損に対して再建を行った1例 (須貝明日香ほか) 982
 漏斗胸と鳩胸の合併例に対しRavitch変法を行った1例 (佐藤真央ほか) 989
◆外国文献抄訳 PRS Vol.148 No.6 (冨田興一) 998
書評『超絶! むくみ診療』 1005
投稿規定 1006