医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

手外科診療ハンドブック 改訂第2版【電子版】

斎藤 英彦 (編)

西山ウエルケア施設長

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28587-7
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
478ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥12,960 (本体¥12,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-25301-2
印刷版発行年月
2014/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
616 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

手外科領域において,長い伝統を誇る新潟大学グループの実績に裏打ちされたビジュアルな実践書.前身『手の外科診療ハンドブック』を刷新するとともに,橈骨遠位端骨折や腫瘍性疾患,外傷後遺症・麻痺手の機能再建といった患者のQOLに直結するリハビリテーション関連項目を新設・拡充した.豊富な機能解剖シェーマや症例写真が収載された,診療現場で頼りになる一冊.

目次

【主要目次】
総論
I 手外科診察のポイント
 A 手の表面解剖
 B 手の運動・肢位
 C 機能解剖と破格
 D 症候別の診断の進め方
II 検査(診断)の要点
 A 画像診断
 B 関節鏡
 C 電気生理学的検査
 D 感覚検査
 E 筋力評価
III 治療の一般原則
 A 治療適応決定上考慮すべき事項
 B 手術時期
 C 術前準備
 D 手術室と装備
 E 麻酔法
 F 抗菌薬の術前投与
 G 手術台,椅子,無影燈の位置取り
 H 術野の消毒(スクラビング)と滅菌シーツのかけ方(ドレーピング)
 I 駆血および空気止血帯
 J 拡大鏡(ルーペ)の着用
 K 手術器具,手術機器
 L 手術操作上のポイント
 M 基本的手術手技
 N 縫合材料,治療材料
 O 包帯法,術後固定法
 P 外固定法
 Q 術後管理
 R 術後のハンドセラピー
 S 副子(スプリント),装具
各論
I 外傷
 A 開放性損傷
 B 閉鎖性損傷(救急処置を要するもの)
 C 熱傷,凍傷
 D 指尖損傷
 E 深部組織損傷の治療(開放性・閉鎖性損傷)
 F 手外科領域のマイクロサージャリー
 G 外傷後遺症
II 炎 症
 A 化膿性炎症
 B 特殊な感染症
 C リウマチ性炎症
 D 機械的炎症
 E 結晶沈着性および蓄積性炎症
III 指の弾発,ロッキング
 A 強剛母指
 B ばね指
 C 他の原因による弾発現象
 D 手関節のクリック弾発-dynamic instability
 E 母指のロッキング
 F 示指~小指のロッキング
IV Dupuytren拘縮
V 変形性関節症
 A Heberden結節(DIP関節および母指IP関節の変形性関節症)
 B Bouchard結節(PIP関節の変形性関節症)
 C 母指CM関節症
 D 変形性手関節症
 E 遠位橈尺関節症
 F 変形性肘関節症
VI 絞扼性神経障害
 A 病態生理
 B 診断法
 C 補助診断表
 D 正中神経
 E 尺骨神経
 F 橈骨神経
 G 絞扼性神経障害と鑑別すべき疾患
 H double crush syndrome
VII 麻痺手の機能再建
 A 末梢神経麻痺の運動機能再建
 B 四肢麻痺手
 C 痙性麻痺手
VIII 疼痛
 A 複合性局所疼痛症候群,反射性交感神経性ジストロフィー,カウザルギー
IX 循環(血行)障害
 A Raynaud現象,Raynaud病,Raynaud症候群
 B 閉塞性血栓性血管炎,Buerger病
 C 閉塞性動脈硬化症,末梢動脈障害
 D 反復性鈍的外傷による血行障害
 E 胸郭出口症候群
 F 振動障害(手腕振動障害)
X 無腐性壊死,骨端症
 A Kienbock病
 B Preiser病
 C 他の手根骨無腐性壊死
 D Dieterich病
 E Thiemann病
XI 先天異常
 A 成因
 B 分類
 C 先天異常の治療原則
 D 治療
XII 手・前腕部の腫瘍および腫瘍類似病変
 A 診断総論
 B 手外科医にとって重要な疾患
 C 骨・軟部腫瘍や皮膚悪性腫瘍を専門とする医師の協力が必要な疾患
 D マイクロサージャリー手技を用いた患肢温存手術と機能再建術
XIII 精神的な問題を含む手の障害,詐病の診断
 A 書痙,局所性ジストニア
 B 虚偽性障害
 C 身体表現性障害
 D 転換性障害(ヒステリー),うつ病
 E 詐病
索引