医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

手術 Vol.76 No.8【電子版】

2022年7月増大号

肝臓外科におけるスタンダード肝切除

出版社
金原出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/07/20
ページ数
244ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,950 (本体¥4,500+税10%)

特記事項
写真・イラストの画質は,Web表示用に最適化されています。
印刷版ISSN
0037-4423
印刷版発行年月
2022/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
408 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

肝臓外科におけるスタンダード肝切除
習熟した手術チームが行う綿密な切除プランに基く肝切除は,肝臓外科の標準手術としてすでに確立されているが,どのような肝切除が“スタンダード”とされるかは,時代によって変化し得る。腹腔鏡下肝切除が広く普及し,保険診療によるロボット支援下肝切除が行われるようになった現在,日常診療で施行する機会の多い術式を中心に,肝臓外科医として身に着けておくべき“肝切除のスタンダードとは何か”を改めて問う特集とした。

目次

Ⅰ.総論
1)肝切除の歴史と将来展望 國土 典宏
2)肝切除症例に対する適切な肝予備能評価 小山 幸法
3)肝切除症例に対する適切な周術期管理 土師 誠二
4)肝切除における術前シミュレーション 宮田 明典

Ⅱ.各論
1)肝部分切除 大場 範行
2)腹腔鏡下肝部分切除─低侵襲性と根治性の両立を目指して 山口 竜三
3)肝外側区域切除 雨宮 秀武
4)腹腔鏡下肝外側区域切除 池上 徹
5)肝亜区域切除─領域の同定と系統的切除 松村 優
6)腹腔鏡下肝S8亜区域切除 門田 一晃
7)肝後区域切除 折茂 達也
8)腹腔鏡下肝後区域切除─Caudate lobe-first approach 大目 祐介
9)右肝切除 吉岡 龍二
10)腹腔鏡下右肝切除 新川 寛二
11)左肝切除 宮城 重人
12)腹腔鏡下左肝切除 工藤 雅史
13)再肝切除における手技と注意点 原田 昇
14)腹腔鏡下再肝切除 中平 伸
15)肝尾状葉切除 阪本 良弘
16)腹腔鏡下肝尾状葉(部分)切除 阿部 雄太
17)ロボット支援下肝切除の現状と展望─これからのスタンダードとなり得るか? 加藤 悠太郎

■手術手技
非乳頭部十二指腸腫瘍に対するD-LECSの腹腔鏡手術手技とアプローチ法の使い分け 林 洋光
正中弓状靱帯圧迫症候群(MALS)症例に対する膵頭部腫瘍切除時の当科における血管吻合ストラテジー 與那嶺 直人
食道癌手術における頸部食道胃管吻合の縫合不全回避のための工夫 角谷 慎一
舌骨下筋群・頸神経ワナを温存した食道癌頸部郭清術 河野 文彰
ロボット特有の手技を発揮するためのtwo hands dissectionによる左反回神経周囲郭清 大内田 研宙
巨大食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡下噴門形成術─安全かつ確実性を目的とした定型化 坪井 一人

■手術症例報告
食道入口部病変に対して喉頭回転法により喉頭温存食道再建術を施行し得た2例 佐治 雅史
透視下大腸内視鏡検査の施行で腹腔鏡下人工肛門造設術が奏功した慢性特発性大腸偽性腸閉塞症の1症例 三原 俊彦
脾sclerosing angiomatoid nodular transformationに対して腹腔鏡下脾臓摘出術を施行した1例 斉藤 美瑛