医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

手術 Vol.76 No.10【電子版】

2022年9月号

癌外科医必読 腹膜播種の治療戦略と手術

出版社
金原出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/09/20
ページ数
128ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,970 (本体¥2,700+税10%)

特記事項
写真・イラストの画質は,Web表示用に最適化されています。
印刷版ISSN
0037-4423
印刷版発行年月
2022/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
208 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

癌外科医必読 腹膜播種の治療戦略と手術
手術がうまくなりたい消化器・一般外科医のための専門誌。マニアックなほど深堀りした特集内容やビジュアルでわかりやすい手術手技の解説を特長とする。本号の特集テーマは“腹膜播種”。日本腹膜播種研究会の『腹膜播種診療ガイドライン2021年版』の執筆メンバーを中心とする腹膜播種診療のプロフェッショナルが,がん種・病態ごとの治療戦略などをわかりやすく解説。他に類を見ない癌外科医必読の特集となっている。

目次

Ⅰ.総論
1)腹膜播種診療ガイドライン作成の背景と目的 北山 丈二
2)腹膜播種に対するがん薬物療法(全身薬物療法) 児玉 紘幸
3)腹膜播種に対する完全減量切除+腹腔内温熱化学療法(CRS+HIPEC) 矢野 秀朗
Ⅱ.各論
1)胃癌腹膜播種の治療戦略と手術の位置付け 藤原 義之
2)膵癌腹膜播種の治療戦略と手術 山本 智久
3)大腸癌腹膜播種の治療戦略と手術 森川 充洋
4)腹膜偽粘液腫の治療戦略と手術 合田 良政
5)卵巣癌腹膜播種の治療戦略と手術 藤原 恵一
6)腸閉塞を伴う腹膜播種症例に対する緩和手術 幕内 梨恵
7)大量腹水を伴う腹膜播種症例に対する改良型腹水濾過濃縮再静注法(KM-CART) 松﨑 圭祐
8)腹膜切除後再発症例に対するRe-do手術 鍛 利幸

■手術手技
腹壁瘢痕ヘルニアに対するeTEPを用いた修復法 今村 清隆
再発性腹壁瘢痕ヘルニアに対するIPOMプラスの有用性─6-pack method 肥田 侯矢
腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術(TAPP法)における内側臍襞パッチ法の手術手技─腹膜縫合困難症例に対するトラブルシューティング 中瀬 有遠

■手術症例報告
特発性食道破裂に対し,細径内視鏡併用の腹腔鏡手術で治癒できた1例 米光 健
横径15cmを超える腹壁瘢痕ヘルニアに対する腹腔鏡下IPOM法後にガーゼ圧迫固定が有用であった1例 三浦 智也