医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

眼科 Vol.64 No.8【電子版】

2022年8月号

眼内レンズ度数計算アップデート

出版社
金原出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/08/20
ページ数
104ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,080 (本体¥2,800+税10%)

特記事項
写真・イラストの画質は,Web表示用に最適化されています。
印刷版ISSN
0016-4488
印刷版発行年月
2022/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
94 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

眼内レンズ度数計算アップデート
トピックス、診療のコツ、症例報告、どこから読んでもすぐ診療に役立つ、気軽な眼科の専門誌です。本号の特集は「眼内レンズ度数計算アップデート」と題し、患者満足度の高い白内障手術のために必須の知識である眼内レンズ度数決定法の最新情報を、4項目に分けて解説いただきました。また、綜説は日常臨床に役立つ「緑内障点眼薬の現状と今後の展望」「黄斑上膜の手術適応」の2本です。連載・投稿論文共々、是非ご一読ください。

目次

序論 根岸 一乃
1.眼内レンズ度数計算式の種類と術後屈折誤差の要因 須藤 史子
2.長・短眼軸長眼への対応 神谷 和孝
3.屈折矯正手術後眼への対応 玉置 明野
4.屈折誤差への対応(術中計測・ピギーバック法) 荒井 宏幸

■綜説
緑内障点眼薬の現状と今後の展望 本庄 恵
黄斑上膜の手術適応 若林 美宏

■ウェットラボでのトレーニングに役立つ豚眼の解剖の基礎知識
12.硝子体出血モデル 住岡 孝吉

■症例報告
急性帯状潜在性網膜外層症(AZOOR)に黄斑浮腫を合併した1例 山川 美聡
スーチャートラベクロトミー眼内法術後に膨隆虹彩(iris bombé)が生じた1例 関谷 友宏
COVID-19ワクチン接種後に硝子体出血を再発した網膜細動脈瘤の2例 板東 将史
下方視野障害を初発症状とした前部虚血性視神経症を伴ったVogt-小柳-原田病の1例 野口 久美子