医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

眼科 Vol.64 No.11【電子版】

2022年11月号

角膜ヘルペスの最近の知見

出版社
金原出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/11/20
ページ数
104ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,080 (本体¥2,800+税10%)

特記事項
写真・イラストの画質は,Web表示用に最適化されています。
印刷版ISSN
0016-4488
印刷版発行年月
2022/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
88 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

角膜ヘルペスの最近の知見
どこから読んでもすぐ診療に役立つ、お手軽な眼科の専門誌です。本号の特集は「角膜ヘルペスの最近の知見」です。眼科医であれば避けて通れない本疾患について押さえておきたいポイントを、3点に絞って解説いただきました。また、やはり眼科医であれば診療のために知っておきたい、緑内障に関するツボ2点(配合点眼薬、近視性視神経症との鑑別)も掲載しております。その他、綜説、連載、投稿論文ともども、是非ご一読ください。

目次

序論 雑賀 司珠也
1.単純ヘルペス角膜炎:オーバービュー 井上 智之
2.涙液中の単純ヘルペスウイルス 江口 洋
3.難治性・重症角膜ヘルペスと最近の知見 佐々木 香る

■綜説
緑内障配合点眼薬の種類 金森 章泰
緑内障性視神経症と近視性視神経症─類似点と相違点 竹本 大輔
網膜剥離に対する硝子体手術後の黄斑上膜形成~J-RD Registry研究~ 石川 桂二郎

■機器・薬剤紹介
59.生物学的製剤によるぶどう膜炎の治療─先発品とバイオシミラー 田中 理恵

■黄斑下出血のマネージメント
2.抗VEGF薬 井上 麻衣子

■原著論文
正常眼圧緑内障において線維柱帯切除術が散瞳後の眼圧に与える影響 上田 晃史

■症例報告
18年間の長期にわたり観察したWagner症候群の1例 高橋 亜以里
多発性骨髄腫の片眼にみられたparaproteinemic maculopathy 岡部 夏樹

■私の経験
遮光眼鏡で自覚症状が緩和したvisual snow syndromeの1例 吉田 太理