医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

病院 Vol.83 No.2【電子版】

2024年 02月号

特集 在宅医療を巡る病院の経営戦略

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1383
電子版発売日
2024/02/05
ページ数
88ページ
 判型
A4変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,300 (本体¥3,000+税10%)

印刷版ISSN
0385-2377
印刷版発行年月
2024/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

特集 在宅医療を巡る病院の経営戦略 「よい病院はどうあるべきかを研究する」をコンセプトに掲げ、病院運営の指針を提供する。特集では、病院を取り巻く制度改正や社会情勢の読み解き方、変革に対応するための組織づくりなど、病院の今後の姿について考える視点と先駆的な事例を紹介する。 (ISSN 0385-2377)

月刊、年12冊

目次

特集 在宅医療を巡る病院の経営戦略



 高齢者の増加と生産年齢人口の急減が進む中で,地域包括ケアシステムの深化や医療ニーズの高い要介護高齢者が在宅で生活できる提供体制の整備が求められている.これまで在宅医療は主に診療所を中心として体制を構築する形で進んできたが,近年は大規模な在宅専門のクリニックも増加している.また,コロナ禍では,特に都市部の在宅医療体制の不足が露呈し,株式会社が関与する新たな在宅救急診療が脚光を浴びるなどさまざまな動きが出ている.今後の在宅医療体制の整備において,かかりつけ医機能を担う病院がより積極的に役割を果たしていくことが必要ではないかとの声も強い.病院が在宅医療を手がける場合,地域開業医とのすみわけをどうするのか,病院が地域の在宅医療にどのように関わっていくべきか考えてみたい.

[企画・太田 圭洋]


扉/本特集の論旨が分かるPoint一覧

第8次医療計画における在宅医療の体制整備について
谷口 倫子

現在の在宅医療体制の課題と教育
大杉 泰弘

都市部の病院における在宅医療
亀井 克典

地方の急性期病院とかかりつけ医機能,在宅医療
横倉 義典

地域包括ケア病棟を在宅医療に活用する──在宅専門診療所と地域包括ケア病棟の2施設を運営してきた立場から
水野 慎大

在宅診療を行う診療所からみた病院の在宅医療への貢献と役割分担
権頭 聖

■Interview
超高齢社会の在宅医療──変わりゆく中小病院の役割
鈴木 邦彦(医療法人博仁会志村大宮病院理事長・院長)/聞き手:太田 圭洋(社会医療法人名古屋記念財団理事長)

■研究
医療分野でのクラウドファンディングの活用状況──事例集積による有用性評価
五十嵐 中・市川 衛・金久保 智也

●アーキテクチャー×マネジメント[109]
国立循環器病研究センター
河合 慎介

●医療機関で起きる法的トラブルへの対処法[34]
医療費債権回収(3)──患者が破産したときの対応
進藤 諭

●ケースレポート 地域医療構想と病院[57]
人口過疎地域における病院医療の課題──釧路医療圏の訪問調査から
松田 晋哉

●臨床医が病院長になった日[2]
医療・介護分野の戦国時代
今井 裕一