医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

産婦人科の実際 Vol.70 No.7【電子版】

2021年7月号

ポストコロナ時代の産婦人科医療

出版社
金原出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/07/20
ページ数
124ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,080 (本体¥2,800+税10%)

特記事項
写真・イラストの画質は,Web表示用に最適化されています。
印刷版ISSN
0558-4728
印刷版発行年月
2021/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
76 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

ポストコロナ時代の産婦人科医療
周産期、婦人科腫瘍、生殖・内分泌、女性ヘルスケアの4つの柱を中心に、臨床医に必要な知識や技術をわかりやすく丁寧に解説します。毎号充実した内容を提供し、産婦人科医の「あれ知りたい!」「これ知りたい!」「いま知りたい!」にお応えします。明日からの診療に即役立つプラクティカルな知識が満載です!

目次

1.感染症対策 落合 大吾
2.ロボット手術 安藤 正明
3.遠隔地の医療 馬詰 武
4.Precision medicine(プレシジョン・メディシン) 尾松 公平
5.がんの診断と治療 山ノ井 康二
6.新型コロナウイルス感染症に関する産科的課題―コロナが突き付けたもの,withポストコロナと周産期医療― 石渡 勇
7.生殖医療 田中 温
8.遺伝医療 平沢 晃
9.学会開催と学会の役割―第73回日本産科婦人科学会学術講演会を主催して― 榎本 隆之
10.専門医研修とリクルート 野上 侑哉
11.行政の対応と取り組み 小林 秀幸
12.医師の働き方の変化 木戸 道子
■原著
早期子宮頸癌に対する低侵襲広汎性子宮全摘術―日本は日本のデータを― 松尾 高司
■診療
妊娠18週でSHiPを発症したが,妊娠を継続しえた1例 福岡 美桜
■臨床経験
TLHにおける5 mmトロッカーを用いたセプラフィルム®貼付の経験―セプララップ®を用いた骨盤腹膜縫合部への貼付― 井上 翔太
■症例
再発時にペムブロリズマブが著効した子宮体部脱分化癌の1例 山本 香澄
妊娠中に発症した一過性大腿骨頭萎縮の1例 廣瀬 雅紀
■海外文献から
東京女子医科大学
・レボノルゲストレル子宮内装置に関しての第Ⅱ相試験について:複雑型異型子宮内膜増殖症と初期子宮体癌に対する外科的治療以外の取り組み
・子宮頸管長が26~29 mmの低リスクの女性における子宮頸管長スクリーニングのフォローアップの有用性