医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

整形・災害外科 Vol.65 No.13【電子版】

2022年12月号

寛骨臼骨切り術の合併症低減と早期回復を目指して

出版社
金原出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/12/20
ページ数
150ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,860 (本体¥2,600+税10%)

特記事項
写真・イラストの画質は,Web表示用に最適化されています。
印刷版ISSN
0387-4095
印刷版発行年月
2021/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
114 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

寛骨臼骨切り術の合併症低減と早期回復を目指して
寛骨臼形成不全を有する変形性股関節症に対する寛骨臼骨切り術は,日本で開発・発展してきた。その正確な手技と適切な回転・移動による症状の軽減,長期にわたる股関節機能の維持は容易ではなく,様々なピットフォールに注意が必要である。本特集では,寛骨臼骨切り術の歴史・治療の考え方の変遷,手術のコツや合併症の低減・術後の早期回復に関する対策に関してエキスパートが解説。より正確で安全な手術を行うためのヒントが満載。

目次

Periacetabular osteotomyの歴史と変遷 原 俊彦
寛骨臼移動術における早期回復と合併症予防 本村 悟朗
東大式RAOの変遷と早期回復,合併症予防 田中 健之
大転子切離寛骨臼回転骨切り術後の早期回復と合併症予防 天神 彩乃
寛骨臼回転骨切り術後の早期回復と合併症への対処 庄司 剛士
偏心性寛骨臼回転骨切り術の手術手技とpitfall 坪井 真幸
Curved periacetabular osteotomy後の早期回復と合併症低減の工夫 木下 浩一
Spherical periacetabular osteotomyにおける早期筋力回復と合併症低減の試み 兼氏 歩
コンピュータ支援技術の応用による寛骨臼回転骨切り術の低侵襲化 池 裕之
■論究
尺骨非定型骨折の経験と文献的考察 白山 輝樹
■臨床
高位脛骨骨切り術と脛骨顆外反骨切り術の臨床成績比較 樋口 隆志
手指基節骨骨折に対するKirschner鋼線刺入位置が術後可動域制限に及ぼす影響 岩田 英敏
■経験
Cam type FAIに対するperipheral compartment first techniqueを用いた股関節鏡視下手術の経験 田中 秀達
変形性膝関節症に対するジクロフェナク結合ヒアルロン酸ナトリウム関節内注射に局所麻酔薬を混合した場合の効果 戸 田佳孝

新しい医療技術
経仙骨的脊柱管形成術 富田 卓
Personal View
「教える」ということ 播广谷 勝三
整形外科手術 名人のknowーhow
「髄膜腫の診断と手術手技」 名越 慈人
スポーツ医学 つれづれ草(36)
「ととのほりたるは,あしき」 武藤 芳照
机上の想いのままに(55)
「言葉は生き物である」 西野 仁樹