医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

Modern Physician Vol.37 No.11【電子版】

2017年11月号

【今月のアプローチ】家族性高コレステロール血症(FH)up to date

出版社
新興医学出版社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2017/12/29
ページ数
112ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,240 (本体¥3,000+税8%)

印刷版ISSN
0913-7963
印刷版発行年月
2017/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

【今月のアプローチ】家族性高コレステロール血症(FH)up to date
 日常診療でよく遭遇する家族性高コレステロール血症(FH)は、早く正確に診断することにより、若年死を防ぐことが可能な疾患です。近年のPCSK9の発見やPCSK9阻害薬の開発等によって、FHの診断や治療法は今、目覚ましく変化する潮流の中にあります。FHの診断や治療法についての最新情報をタイムリーに解説する待望の特集です。

目次

【今月のアプローチ】
■巻頭言(山岸 正和)
■家族性高コレステロール血症とはどんな病気?
1.今,なぜFHが注目を浴びるのか? なぜ見過ごされてきたのか?(川尻 剛照)
2.FHホモ接合体 出会うことのない稀少疾患か? あのとき出会った あの症例か?(小倉 正恒他)
3.FHヘテロ接合体 実は出会っているもっとも頻度の高い遺伝性疾患(荒井 秀典)
4.FHの遺伝学 ここまでわかった,まだわからない点(多田 隼人)
■FH診断のポイント
1.問診と家族歴聴取のポイントはこれだ!(松村 正巳)
2.身体所見の取り方のポイントはこれだ!(野原 淳)
3.人間ドック・健診でFHを見つけるポイント・テクニック(石渡 一樹)
4.FHの冠動脈硬化の特徴(大村 寛敏)
5.FHの大血管疾患・弁膜症(小吉 里枝他)
■FH治療の実際
1.FHヘテロ接合体の薬物治療 通常治療でここまでできる(篠原 正和他)
2.PCSK9阻害薬が適応となる患者像は? その効果は?(渡邉 真規)
3.LDLアフェレシス PCSK9阻害薬登場後,LDLアフェレシスが必要な 患者像は?(小倉 正恒)
4.MTP阻害薬,アポBアンチセンスのメカニズムと効果(小松 知広他)
5.FHの特殊治療 生体肝移植(石垣 泰他)
6.重症FHに対する根治的治療法の開発―同種脂肪組織由来多系統前駆細胞移植 療法について(小関 正博他)
7.FHの非薬物療法 忘れてはいけない食事・運動療法・禁煙指導(木庭 新治)
8.女性FH治療の注意点(石橋 俊)
9.小児FHの診断と治療(土橋 一重)
■総括
FHの人類史的考察(横山 信治)

■私の処方■
神経性やせ症の再栄養時のリフィーディング症候群予防(戸田 建太他)
脳損傷後の易怒性に対する薬物療法(渡邉 修)
がん性疼痛コントロール(新田 美穂他)
原発性胆汁性胆管炎の皮膚掻痒感(阿部 雅則)
■診療の秘訣■
自然治癒力を高める生活指導を(犬飼 賢也)
セルフケア能力に応じた糖尿病の段階的治療戦略(小川 隆一)
気道出血(血痰・喀血)の初期診療(高橋 典明)
肝細胞癌の治療後(水口 徹)
■診療のエッセンス■(三浦伸一郎)
■脳出血と高次脳機能障害
第8回 第Ⅱ部 各論4.皮質下出血と高次脳機能障害Ⅰ 頭頂葉症候群-1(田川 皓一)
■認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと■
第11回 若年で発症したアルツハイマー型認知症のある人に伝えたいこと(大石 智)

○投稿規定
○インフォメーション
○アンケート
○次号予告