医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

Modern Physician Vol.37 No.4【電子版】

2017年4月号

【今月のアプローチ】地域・在宅ケアに役立つせん妄の必須知識と対策

出版社
新興医学出版社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2017/12/29
ページ数
98ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,750 (本体¥2,500+税10%)

印刷版ISSN
0913-7963
印刷版発行年月
2017/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
24 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

【今月のアプローチ】地域・在宅ケアに役立つせん妄の必須知識と対策
せん妄リスクの高い患者が今後、地域・在宅ケアの現場で増加することが予想される。患者のQOL低下や、医療介護コストの増加を防ぐため、かかりつけ医がせん妄の正しい知識やマネジメントのスキルを身につける必要がある。本特集は、せん妄の診断・治療・予防といった基礎に加え、せん妄を合併しやすく、地域・在宅ケアで遭遇する可能性の高い8つの疾患について、各分野のエキスパートが実践的対処法を紹介した。

目次

【今月のアプローチ】
■巻頭言(和田 健)
■せん妄のなぜ? ―診断・治療から予防まで―
1.なぜせん妄は起きるのか?(山田 了士)
2.なぜせん妄は特定の患者で起こりやすいのか(武田 朱公他)
3.なぜせん妄は認知症と間違われやすいのか―せん妄の評価と鑑別診断―(小田原俊成)
4.なぜせん妄は防ぐことがむずかしいのか(明智 龍男)
5.なぜせん妄には看護ケアが重要なのか(山内 典子)
6.なぜせん妄は薬剤によっても引き起こされるのか(村川 公央他)
7.なぜせん妄は見逃されやすいのか(松島 英介他)
■せん妄をどうする? ―各病態に伴うせん妄の実践的対応―
1.認知症(石原 武士他)
2.脳血管障害に伴うせん妄の実践的対応(大串 祐馬他)
3.パーキンソン病(柏原 健一)
4.慢性心不全(村岡 寛之他)
5.COPDに伴うせん妄の実践的対応(坂口 惠美他)
6.腎不全・血液透析患者(堀川 直史)
7.がん患者におけるせん妄をどうする? ~終末期がんを中心に~(倉田 明子他)
8.アルコール離脱によるせん妄(中村 満)

■私の処方■
バンコマイシン(VCM)とペニシリンG(PCG)の投与方法(上田 剛士)
ギラン・バレー症候群と副腎皮質ステロイド薬(古賀 道明)
コルヒチン for FMF(國松 淳和)
■診療の秘訣■
女性下部尿路症状(高橋 悟)
上咽頭炎に対する塩化亜鉛塗布(Bスポット療法)(駒澤 大吾)
検尿検査(一居 充)
不眠患者への睡眠指導のポイント(宮崎総一郎)
■脳出血と高次脳機能障害■新連載
第1回 第Ⅰ部 総論 1.脳出血とは(田川 皓一)
■認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと■
第4回 画像検査を期待して来院した人に伝えたいこと(大石 智)
■診療のエッセンス■(朔 啓二郎他)

○投稿規定
○アンケート
○次号予告