医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

Modern Physician Vol.37 No.3【電子版】

2017年3月号

【今月のアプローチ】自己免疫性肝炎 up to date

出版社
新興医学出版社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2017/12/29
ページ数
92ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,916 (本体¥2,700+税8%)

印刷版ISSN
0913-7963
印刷版発行年月
2017/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
30 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

【今月のアプローチ】自己免疫性肝炎 up to date
中高年の女性に好発する自己免疫性肝炎は近年、その発症の増加に伴い注目を集めています。簡便な診断マーカーがない中、治療の遅れは急性肝不全や肝硬変に進行し、早期の診断や治療が求められています。自己免疫性肝炎とはなにか? 診断、病因、疫学、病態をはじめ、オーバーラップ症候群や他の肝疾患との合併や治療、予後、肝移植に関してまでを最新の知識をもとにわかりやすく解説します。

目次

【今月のアプローチ】
■巻頭言(橋本 悦子)
■自己免疫性肝炎とは
1.自己免疫性肝炎の疾患概念(銭谷 幹男)
2.自己免疫性肝炎の発症機序(阪森 亮太郎他)
3.自己免疫性肝炎と自己抗体(山際 訓他)
4.自己免疫性肝炎の疫学(阿部 雅則)
■自己免疫性肝炎の診断と治療
1.自己免疫性肝炎の診断(大平 弘正)
2.指定難病と自己免疫性肝炎(吉澤 要)
3.自己免疫性肝炎の病理学的特徴(原田 憲一他)
4.急性発症の自己免疫性肝炎(根本 朋幸他)
5.小児の自己免疫性肝炎(藤澤 知雄)
6.自己免疫性肝炎と原発性胆汁性胆管炎(田中 篤)
7.自己免疫性肝炎と原発性硬化性胆管炎(乾 あやの他)
8.自己免疫性肝炎とNAFLD/NASH(谷合麻紀子他)
9.自己免疫性肝炎の治療(鈴木 義之)
10.自己免疫性肝炎の予後(奥本 和夫他)
11.自己免疫性肝炎と原発性肝癌(清家 正隆)
12.自己免疫性肝炎と肝移植(山敷 宣代)

■私の処方■
不眠症を伴う片頭痛の治療(橋本洋一郎)
認知症患者の徘徊(中村 純)
高齢の心房細動患者に対する抗凝固薬の投与(宮村 昌利他)
シュウ酸カルシウム結石の再発予防(山口 聡)
■診療の秘訣■
診察室でできる運動指導(坂根 直樹)
骨盤臓器脱の診断の仕方(古山 将康)
新たな合剤である,組織選択的エストロゲン複合薬(TSEC)の効用(太田 博明)
■認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと■
第3回「MCI」を考えた時に来院した人と家族に伝えたいこと(大石 智)
■投稿論文■
MCI評価システムCognitive Assessment Tablet(CAT)による認知機能領域別評価(重松 一生他)
■診療のエッセンス■(朔 啓二郎他)

○投稿規定
○アンケート
○次号予告