医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

保健師ジャーナル Vol.73 No.4【電子版】

2017年4月号

特集 母子の包括的支援 子育て世代包括支援センターの全国展開を前に

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1413
電子版発売日
2017/08/21
ページ数
96ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,512 (本体¥1,400+税8%)

印刷版ISSN
1348-8333
印刷版発行年月
2017/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
30 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 母子の包括的支援 子育て世代包括支援センターの全国展開を前に 昨年改正された児童福祉法および母子保健法が本年4月から完全施行される。改正法では,妊娠期から子育て期までの切れ目ない支援を行う子育て世代包括支援センターの法定化や,児童虐待防止に向けた市町村および児童相談所の体制強化などが打ち出された。これらの意味やねらいとともに,保健師による母子保健活動への影響や,保健師に求められる役割の広がりと深まりについて考える。

目次

昨年改正された児童福祉法および母子保健法が本年4月から完全施行される。改正法では,妊娠期から子育て期までの切れ目ない支援を行う子育て世代包括支援センターの法定化や,児童虐待防止に向けた市町村および児童相談所の体制強化などが打ち出された。これらの意味やねらいとともに,保健師による母子保健活動への影響や,保健師に求められる役割の広がりと深まりについて考える。

■児童虐待予防を踏まえた母子保健活動に必要な視点とは
法改正を受けて,変わらないものと変わるもの
鈴宮 寛子
■子育て世代包括支援センターの整備に向けた情報提供
保健師の役割の核となる「連携強化」とは
勝又 明子
■児童福祉と母子保健をつなぐ市町村保健師に期待する役割
山田 不二子
■早期からハイリスク妊婦に保健師が関わる仕組みを実現
高槻市の取り組み
高柳 香里
■文京区版ネウボラ事業における包括的母子支援
文京区の取り組み
木内 恵美
■市町の母子保健体制充実に向けたきめ細かな支援
兵庫県の取り組み
松下 清美



■PHOTO
作って,食べて,「脱!メタボ」
 相模原市の「脱!メタボランチ体験クッキング教室」の取り組み

■Pick Up
料理の試作や試食を通じた体験型保健指導プログラムの取り組み
 相模原市における「脱!メタボランチ体験クッキング教室」
黒嶋 梨奈
■TOPICS
第20回日本健康福祉政策学会学術大会が開かれました
山口 忍/西本 美和



●事例を通して学ぶ 悩める妊婦の相談対応・1
経験から学ぶ「温かな母子相談対応」とは?
田尻 由貴子/橋本 栄里子
●ナカイタ発 保健師へのつぶやき・46
人は人が育てる 素敵な後輩の成長
中板 育美
●統括保健師の日々・15
多治見市の場合(3) 統括保健師の明確な位置づけに向けて
高木 裕美
●健康インセンティブ制度見聞録・4
福岡県北九州市 社会福祉協議会のネットワークを利用
西内 義雄
●現場の疑問に答える 地域づくり型保健活動Q&A・16
「健康な暮らし」「健やかな日々」とはどういうことですか?
岩永 俊博
●ニュースウォーク・227
介護福祉士に“異変”が起きた
白井 正夫
●研究室からのメッセージ・146
日本赤十字九州国際看護大学看護学部看護学科
 ヘルスプロモーション・在宅看護領域