医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

胃炎の京都分類【電子版】

春間 賢 (監修)

川崎医科大学消化器内科 教授

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISBN
978-4-88875-901-4
電子版発売日
2016/11/01
ページ数
128ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,968 (本体¥4,600+税8%)

印刷版ISBN
978-4-88875-271-8
印刷版発行年月
2014/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
1378 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

up-dated Sydney systemを基本として,より客観的に,より正確に,さらに組織所見を考慮し,日本の標準的な内視鏡診断学でピロリ感染胃炎を診断する所見を明確化すること,さらに,胃癌のリスクとなる胃炎をスコア化することを目的として企画.

目次

第1章 胃炎分類の歴史
  胃炎分類の歴史
  京都分類の目的
第2章 胃炎の内視鏡所見
 1.総 論
  H.pylori未感染胃粘膜(H.pylori-uninfectedgastricmucosa)=正常胃
  H.pylori現感染胃粘膜(H.pylori-infectedgastricmucosa)=慢性活動性胃炎
  H.pylori既感染胃粘膜(H.pylori-pastinfectedgastricmucosa)(除菌後あるいは高度萎縮による菌の自然消失)=慢性非活動性胃炎
  薬剤による胃粘膜の変化
 2.各 論  萎 縮
  腸上皮化生
  びまん性発赤
  点状発赤
  粘膜腫脹
  皺襞腫大,蛇行
  鳥 肌
  腺窩上皮過形成性ポリープ
  黄色腫
  陥凹型びらん
  RAC
  胃底腺ポリープ
  稜線状発赤
  隆起型びらん
  ヘマチン
  体部びらん
  斑状発赤
  地図状発赤
  多発性白色扁平隆起
  敷石状粘膜
第3章 胃癌リスクを考慮した内視鏡所見スコア
 1.解 説
  胃癌と背景胃炎の関係
  胃癌リスクに関連する内視鏡所見
  胃癌リスクの内視鏡所見スコア
 2.症 例
第4章 胃炎内視鏡所見の記載方法
 1.解説ならびに症例
  記載方法の基本
  症例に基づく胃炎内視鏡所見の記載例
 2.内視鏡的背景胃粘膜チェックシート
  ─胃がん検診,胃健診での活用も期待して
 3.病理診断と一致する慢性胃炎の内視鏡診断と分類
  慢性胃炎診断のポリシー
  慢性胃炎の有無と活動性の診断
  萎縮の診断
  病理診断との整合性