医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床泌尿器科 Vol.72 No.1【電子版】

2018年1月号

特集 腎癌に対する薬物療法 最新エビデンスを実臨床に活かす

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1332
電子版発売日
2018/01/22
ページ数
96ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,024 (本体¥2,800+税8%)

印刷版ISSN
0385-2393
印刷版発行年月
2017/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 腎癌に対する薬物療法 最新エビデンスを実臨床に活かす -

目次

企画にあたって
三宅 秀明
本邦における腎癌薬物療法の動向
 -診療ガイドラインの改定作業からみえてくる重要ポイント
杉山 貴之・三宅 秀明
腎癌に対する一次薬物療法-各薬剤の効果を最大化するための工夫
近藤 恒徳
腎癌に対する二次薬物療法-各薬剤の特徴とその選択指針
高橋 正幸・金山 博臣
サイトカイン療法の温故知新
阿部 英行・釜井 隆男
免疫チェックポイント阻害薬-その利点と欠点を解き明かす
杉本 昌顕・江藤 正俊
進行腎癌に対する術前後の補助薬物療法の意義
本郷 文弥・平岡 健児・浮村 理
非淡明細胞癌に対する薬物療法-ベストプラクティスは何か
加藤 智幸
腎癌薬物療法におけるバイオマーカー開発の進歩
水野 隆一・浅沼 宏・大家 基嗣
腎細胞癌の分子標的薬に対する耐性獲得
 -メカニズムの解明と克服に向けた取り組み
原田 健一・三宅 秀明・藤澤 正人
腎癌薬物療法の展望-現在進行中のRCTから予見される将来像
野澤 昌弘・植村 天受



●綜説
無症候性細菌尿への対応-尿路における抗菌薬適正使用を目指して
高橋 聡
●原著
精索静脈瘤に対する高位結紮術の治療成績
鈴木 尚徳・和食 正久・竹田 裕・他
●交見室
TURBTは視野方向30度スコープで行おう
 (硬性鏡使用時は視野方向・視野角を意識しよう)
三木 誠